新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

五輪関係のオリンピック便乗商標使用について

東京オリンピックの開催が決定し、お祝いするムードが流れています。

これに関連する商標、標章の使用態様により知的財産の侵害になる可能性があると、

そういう記事が出てきました。

 

「おめでとう東京」もアウト 五輪商戦、言葉にご注意

 

ここで、JOCが「アウト」とする具体例で、「おめでとう東京」とか、

「招致成功おめでとう」とか挙げているけど、いったい何を言ってるんでしょうね。

使えないわけないでしょうが。何の法律を根拠にして言っているのでしょうか。

 

文字列の商用利用ということですので、商標法と不正競争防止法の適用が考えられますが、

いずれにしてもIOC、JOCが保有しているマークとの関係で適用されるものです。

もちろん五輪のマークは商標権を取得しているでしょうから、

これを商標利用することはダメです。もちろんこれに類似するものも侵害行為です。

商標権を取得しなくても、周知性、著名性を有する標章は、

不正競争防止法のもと保護されます。

つまり、五輪関係の登録商標、未登録でも周知の商標と類似の範囲については

法律で守られます。が、あの例は全く類似とは言えないですね。

もちろん五輪を想起させるとは言えそうですが。

したがって何ら禁止することはできません。

著作権は無理ですね。標章として用いられる文字列は著作物として認定されません。

スポンサー集めとの関係ではったりかますことはあるでしょうが、

法的根拠のある話ではありません。

「JOCがアウトとする」というのはJOCがいやだと言ってるだけです。

法的根拠なく、なんとなくプレッシャーかけようという流れですね。

 

これってあの話と似てますね。「面白い恋人」。

面白い恋人」は当然「白い恋人」を想起させます。そりゃそうですね。パロディですから。

しかしながら「白い恋人」との間で混同を想起させるような類似関係があるかというと

ないわけで、それで訴訟を経て最終的には使えるようになりました。

「想起させる」程度じゃ権利行使はできないです。

広告を非表示にする