新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

弁理士登録申請の手引き

注意:写真のサイズは当時と変わっているという話があります。

昨年弁理士試験に合格された方も、そろそろ実務修習が峠を越え、
これが終わると弁理士登録の時期になることかと思われます。
弁理士登録に必要な書類は実務修習の修了式のときに
配布される資料に記載されています。

弁理士登録は4月になってからですが、弁理士登録申請は3月の、
修了証が渡されて数日したらすぐに受付になります。
受付開始から数日以内に申請すると、最初の執行委員会にかけられ、
一番最初の日に登録になります。

ところが、数日に間には手配が難しいこともある書面もあったりするので、
修了式の前にはこれらの書面を手配しておいた方が良いです。
基本的には次の通りです(「弁理士登録申請の手引き」より)
書類は取り寄せできるので、取り行くよりもそっちが良いと思います。

・住民票  発行から3ヶ月以内のもの1通
・身分証明書  本籍地の市区町村にて
・登記されていないことの証明書
法務局にて、証明事項は「成年被後見人被保佐人とする記録がない」
住所は、住民票の記載の通り、丁目番地部屋番号を省略しないこと
・写真  11.5cmx8cmを1通(かなり大きいので注意)
カラー白黒共に可、スナップ不可、劣化する恐れのあるインク式不可

登録料は職場が出す方が大半だと思うので、お金関係は話しておく必要も。
在籍中に業務法人化したときは、法人化前後で名目上の帰属が別。
勤務証明書と履歴書でそれぞれ間違えないこと(間違えると再提出)。
その他の書面については弁理士登録申請の手引きを参照のこと。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へよろしければワンクリックをお願いします
にほんブログ村