新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

教条型ブラック特許事務所と怠慢型ブラック特許事務所

年明け以降つまんない記事しか書いてないような気がするので
原点に立ち返った記事でも書いてみようと思います。

ブラック特許事務所はどういう風に分類されるか。
似たような記事は以前にも書いたような気がしますが、
あえて用語で分類するとはっきりするような気がします。

・教条型ブラック特許事務所
・怠慢型ブラック特許事務所

あとは単に薄給多忙型というのもあるかもしれませんが、
上2つが対照的なのでこれについて説明します。

駄目な特許事務所としてわかりやすいのは怠慢型です。
いわゆる所長があんまり事務所の売り上げに
寄与しないようなことに精を出して、
それが所員に跳ね返ってくるというケースです。
けどこういうのって案外所長自身が駄目駄目だってのを
薄々分かってたりするので、金銭面以外は所員に対して
物分かりが良いケースもあったりします。

一方でたちが悪かったりするのは教条型です。
自分のやってることを正しいと信じ込んで、
それをその通りに従わせようと言うパターンですね。
誤記を見つけた瞬間いきなり沸点に達してしまって
怒鳴り散らしたりするような所長が昔は多かったですね。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へよろしければワンクリックをお願いします
にほんブログ村

怠慢型だと「最後は所員に頼る」といういいんだか情けないんだか
一応はきちんとしたところに着地したりします。
けど教条型だと持論の正しさに固執しすぎて
ぶつかってスタッフが離散するというケースです。
所長自身も自分のそういうところに気がついたりしていて
日頃は腰が低かったりする分、問題が解決されません。

まあ自分自身もかつてはこういう教条型の事務所にいて、
嫌にやって辞めた口ですが、ネットとか調べてみると
後継者がなくてたたんでしまったみたいです。
自分の明細書に自信はあったようですが。

案外怠慢型の方が組織としては発展したりするんですよね。
マネージメントってバランスも大事だと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へよろしければワンクリックをお願いします
にほんブログ村