新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

聴覚を失った現代のベートーベン

さて例の事件で世間は持ちきりです。私も興味深く見ております。
世間は不謹慎な事件と捉えているようです。

私はというとそもそも佐村河内守という人を知らないし、
その曲も聴いたことがありません。
だからといっては何ですが、「難聴の作曲家」で売ってたのに
「作曲家ではなかった」ゴーストライターがいたというのは
まあ世間的にありがちだなと思いましたが、
しかも「難聴ですらなかった」「普通に打ち合わせしてた」
ってのはもう面白くて仕方ありません。

もうその辺のおっさんでもいいじゃんって話。
手話も分からないみたいですね。
誰か確認しなかったのでしょうか。だって18年間ですよね。
なんか偽iPS細胞のときも騒がれましたが、
ネタ投下としか受け止められません。
誰かの模倣とか偽造とかだと
弁理士的には眉をしかめる感じもありますが
そういう意味では誰かの利害を毀損した訳ではないんですね。
単に「かつがれたわ」って感じでしょうか。

音楽は音楽ですし、その価値が変わるわけではありません。
しかしAKB48の曲がAKB48でなかったらファンは買わないですよね。
「いい音楽」を判別できる人なんて世の中にはそう多くないと
思っているのですが、エピソードの方が付加価値が高い
というのも世の中には結構あったりするのでしょう。

自分的には南アフリカマンデラ式典の手話男の位置づけです。
不謹慎なほど面白いことは世の中にありません。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へよろしければワンクリックをお願いします
にほんブログ村

広告を非表示にする