新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

ワールドカップの予想と結末

ワールドカップ本戦はこれからは佳境ですが、日本代表は敗退したので
日本におけるワールドカップ熱は特段盛り上がることなくこれで終了です。
今回、本田や香川、遠藤がいまいちである、そしてこれと言って
新しい戦力が台頭していない、ということでとりあえず厳しいのではないか、
という予想が多かったようですが、その通りになりました。
もちろんメディア関係は盛り上げるために
行ける、行けると盛り上げていましたが、
利害関係者がポジショントークをするのは毎度のことですね。

ただ本戦が始まってみないとどうしても分からない部分があり、
事前予想を覆す結果が結構出ているのも事実です。
本戦用の戦術を用意してそれがはまって勝ち上がっているケースが多く、
そういうのは始まってみないと分からなかったりします。
日本はそういうものがなかったわけで、「自分たちの戦いをする」
などと申しておりましたが、自分の力を発揮するだけで
勝てるようなそんな場ではありません。

楽観的過ぎる予想もそれは予想といえるのかというのもありますが、
変にネガティブなのも予想であるとはいえません。
日本は実力不足だから3チームどこからも大敗する、
というのは予想ではなくネガってるだけです。予想とはいえない。
コートジボアール戦は1点差だし、ギリシャ戦は引き分けです。
そのレベルまで想定して初めて予想です。
ギリシャ戦敗退、コートジボアール戦2点差以上を
予想していた人は完全にはずれです。

そういうのがあるから予想をするのが難しかったのですが、
まあやっぱりグループリーグ突破は難しそうだなあ
というのは予想としてありました。実力勝負になったら分が悪い。
けど実際本戦で戦略が嵌るかどうかの方が重要だし、
そこに向けて準備はしているわけです。
その辺を考えてコートジボアール戦がどう出るかは楽しみでした。

印象としては思った以上に旧戦力のままで、戦略が感じられない、
スピードがない、やたらとパスミスする。
前半1点リードだけど盛り返せそうにないなあと思ったのが
多分大多数だったでしょう。
魔の2分みたいなこといわれていますが、あんなサッカーしてたら
逆転されるのは時間の問題です。あの勢いを続けていたら
何点入っていたか分からないところ、相手は逆転したところで
気が抜けてしまいました。要するに相手にエンジンがかかって
たった2分で逆転されたというだけのことです。

個の力と個の力でぶつかったら相当厳しいのは当然で、
どういう戦術で臨んで勝ち上がるかが大事だったところ、
結局無策で臨んでしまったということです。
策自体はあったでしょうが、使い古されてて相手に読まれていた。
ギリシャあたりが対照的で、2戦目はそう力の差を感じなかった
人が多かったのでしょうが、結局グループリーグは突破しました。
選手はたいしたことないけど監督が名将との評判で、
そういうチームはしれっと上がってきますね。
ザッケローニは所詮そのレベルではなかったということで、
言いなりの人を連れてくるだけで勝てる人を登用できない
協会の責任は一番大きいでしょうが、現場が悪いで終わりなんでしょう。

次回は戦力の大幅入れ替えになるはずです。
どういう監督によりどんな戦力になるのか。
特定の戦力に依存するほどの力の差は選手間にないはずなので、
上手に駒として使える監督の方が勝てそうですが、
あくが強ければ起用もされないだろうし、予想できません。

広告を非表示にする