新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

弁理士資格に価値はあるのかという話

弁理士資格に価値があるかないかといえばそれは当然あります。
特許技術者のまま仕事をするのと弁理士として仕事をするのは
当然違います。それは大前提としながらも、弁理士資格の価値は
どうやらずるずる下がりつつあるなあというのを感じます。

弁理士資格の価値は根源的には独立開業のためにあります。
しかしながら、もちろん他の業界に比べれば独立の成功率
大幅に高いのではありますが、開業しさえすれば一応何とかなった
一昔前と比べればそれなりに知恵を捻らないと難しいようで、
そういう意味では難しくなり、その分価値は下がったようです。

これに比例して、弁理士資格を持っていてもそのことが
特許事務所の採用に直結するかというと、昔に比べると
そのありがたみは下がってる感じがします。
そもそも求人の活気が落ちてますね…。求人の常連だった事務所が
最近は求人をやめているような気がします。
その一部に聞いてみると以前のように忙しくないといっています。
多忙の事務所に聞いても忙しさは減ったとの話です。
業界全体で見ると景気は低調気味な感じですね。

無論知的財産部、特許部においては価値は地に落ちています。
そんなのあってどうなんだ位で、会費も出してくれません。

そういう訳で、特許業界に既に入っている人、
これから入ることを決めている人は、急いで取るべきだろうと思います。
が、業界外の人が保険的にとる動きについては、それ意味あるのかねえと。
資格が保険になる時代はとっくに終わっています。

広告を非表示にする