読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

「イスラム国」の呼称について

イスラム国の称呼について、原則としてISILと呼ぶように
申し合わせたとそういう報道があります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000551-san-pol

なんか違和感あったんですよね。イスラム国って言うと
イスラム圏の国家の連合国家みたいで、イスラムの総意であるかのような
そんな印象があったので、その称呼はやめたほうが良いのではと思ってました。

「the Islamic State in Iraq and the Levant」
が正式名称みたいですが、ご丁寧に略さなくても、
イラク周辺過激派」で十分のような感じはします。
ただ無理に悪く当てるのもなんか必死な感じです。

また、Stateは国かなあというと、どっちかと言うと
州のようなイメージです。州でもないですが、
国と訳すのもちょっと好意的過ぎる気がします。

国でも州でもないとすると、何でしょう。
イスラム状態」とかなるんでしょうか。
生真面目に訳すのではなく雑な感じにした方が
逆にその集団のイメージが出るかもしれません。

日ごろテレビを見ない私としてはそんなに関心はなかったのですが、
案外世間の関心を集めているようなのでちょっと調べてみました。
正直、「あの辺は危ないよね」とか「危ないとこ行ったら
危ない目に会うこともあるよね」的な雑な感想です。
そこに自分の意思で行ってるんだよなあ、ってのが
世間の認識のような感じがします。