読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

写真と実物でだいぶ見た目が違うらしい

初対面の方と会うこと自体は、こういう状況である以上
当然のごとく頻繁に発生するのですが、会う前に写真を拝見されて、
それからお会いすることが非常に多くなっています。

先日そんな中で、「写真となんか違うね」という声が出ました。
写真取ってからそんなたってないし、別に修正してるわけでもないし、
自分としてはこれが自分の姿だと思っている訳ですよ。
まあ多分自分の認識している自分の姿と人が見る自分の姿には
ずれがあるんでしょう。しかしどんな風にずれているのか。
「どの点が違って見えます?」との問いに、答えははぐらかされました。

まあ写真で見た相手とはじめて会ったときの姿や、
会ったことはあるけど顔は忘れてて、写真でのみ確認していた後に
再び会ったときの姿は、写真と違うなと思うことは私も多々あります。

弁理士の場合、写真は一度撮ってそれきりという人も多いです。
何年その写真使ってるの?というケースは良く見かけるでしょう。
でも自分の写真は撮って半年たってないのです。

人が見る自分の姿と、自分が認識する自分の姿にずれがあることは
多分非常に多かったりするのでしょう。いい写真にしたいのは人情ですが、
実物との一致性を追求するのも非常に難しい問題があります。
普通にきちんとして写真を撮りに行っただけなのですが・・