読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

米国特許セミナーの計画

以前の記事にも書いたのですが、ブログをある程度続けたので、
次は人が集まるようなことを考えたいということで、
セミナーの企画を考えていました。
ただ、集まってくれた人に対して有益な話をきちんとまとめる、
というのはそれなりに大変だよなと言うことで
まずはオフ会でも開こうかと考えました。

しかしながら人も十分に集まらずと言うことで
余計に億劫な気持ちになる一方、来ると言ってくれた方も含め
改めて開催できるように企画しなきゃと思っていたところ、
急に別の動きが発生しました。

昨年10月下旬にAIPLAの会合があってそこで知り合った方から
メールがあったのですが、今度の東京マラソンに出るから、
それのあとの週くらいに会おう。セミナーをやろうかと思う。
セミナーはもちろん無料。大体そんな内容です。
確かにそういう話をあのときしてたよなとは思ったのですが、
なんだかバタバタしててすっかり忘れてました。

もともと自分でセミナーやるよりも、米国の代理人呼んで
セミナーやってもらって自分はモデレータやる、
というのが、内容を自分で作らないから詰めの作業に
苦労しなくて良いなという構想がありました。
ただ、それお願いするなら謝礼とか発生するよなという
危惧があったのと、人が集まるのかなという不安が
出てきたことで、打診するのがすごい億劫になってました。

そういう中、やるよという話が向こうから来たので、
これは企画しますと、そういう流れにならざるを得ません。
話を流したら相手とも人間関係的に疎遠になるし、
1対1でこういう話聞くのも何か微妙ですよね。

なので、2/23-27の週の夜に、米国特許セミナーの開催を企画の方向で
メールの来た米国の代理人と意見を調整しようと思っています。

セミナー+懇親会でも、懇親会出ないで帰る人の方が多いし、
ただの飲み会と比べて、開催趣旨がはっきりしている分、
人は集まりやすくなるかもしれません。
しかしターゲットを絞ってしまう分、ますまず集まらないかもしれない、
という裏腹な感じはありますが、方向性を変えて企画をしてみる
ということも大事かということで、踏み出してみるほかありません。
まとまったら、こちらのブログで改めてご連絡したいと思います。

広告を非表示にする