読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

米国特許セミナー概要

さて、先日のブログ記事にも書きましたが、
外国の代理人の方と調整が付いて、米国特許セミナーの開催をすることになりました。

開催概要
http://www.umepat.com/index.php?%E5%A4%96%E5%9B%BD%E7%89%B9%E8%A8%B1%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC

日時:2/26(木)19:15-21:00
場所:西新宿7丁目、Basepoint 3F
URL: http://b-pt.jp/
19:00からの予約なので、それ以降の入場をお願いします。

講師:Brian Epstein
Epstein Patent Portfolio Development Corp.(米国)
モデレータ:弁理士 梅澤 崇

費用:1000円+フリードリンク代500円

概要:Alice Corp. v. CLS Bank事件のその後の経過を受けて、
実際の明細書の作成およびクレームドラフティングをどのように行うか 

Alice Corp. v. CLS Bank事件を受けて、101条の要件に
どのように対応したらよいか、不明な点も多いと思います。
判例の概要については様々な場所で解説されていますが、
実際の明細書の作成及びクレームドラフティングについては
模索中の方も多いと思います。

そこで、米国の特許の代理人として実務を行っている、
Brian Epstein先生にこの点について解説をしていただきます。

講義は英語で行われますが、梅澤がその都度日本語で
その内容をお伝えいたします。