読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

セミナー告知のその後と、近況のお話

米国特許セミナーの告知をして、ブログだけでもなんなので
他にも掲載依頼をしています。掲載にタイムラグがあることを考えると、
告知は開催1ヶ月前程度にはした方が良いというのを実感しているのでが、
先方のスケジュールが固まるのがどうしても直前になりがちなので、
なかなか進めるのが難しいです。

ところでブログのタイトルが何かうるさいことになってしまいました。
ブログがある程度の認知を得ることができたことの次のステップとして、
何らかの効果測定をしたいのです。
まあ直接くるか、弁理士うめざわとか、そんなキーワードでくる
のでしょうから勘弁してください。

週末の更新なので近況的なものを今回書いてみますが、
先週末、すなわち先月末の時点では今月は暇だろうと勝手に予測して
色んな計画を考えていたところ、ふたを開けてみると先月までの
動きに対して一気に返答が帰ってきて、慌しくなってしまいました。
具体的な内容はちょっと書きにくいのですが、
動くときはいろんなことが一気に動くなあと思っています。

独立開業してみて思ったのは、ある程度軌道に乗せて生活バランスを
作れるようになれば違うのでしょうが、寝食以外の時間はほとんど
仕事のことを考える生活になるってことです。
仕事と言っても売り上げにならないような、予備的な活動の占める
割合が高いのですが、何か片付いたら、別の何かを考えて動く、
という形になります。けど疲れたら休むし、疲れが取れたら
作業に戻ります。そして、自分が自分の行動を決めているので、
やらされている仕事とは、疲労の感覚が違いますね。
結果を待つことに対してもプレッシャーを感じるようになりました。

活動の中で、在職中のまま独立に向けて活動をする人を時々見かけます。
自分もそういう時期があったので、準備期間としてそういう時期は
必要ではあると思います。けど、そういう活動の中で潜在顧客を
見つけようとしても、それは無理なんじゃないかなあと思っています。
自分の看板を掲げて動いて、初めてレスポンスがくる
と言うのを実感しています。まだ数ヶ月ですが、日を追うごとに
出てくる動きは、やめる前の予想とは大きく違うなと思っています。

まとまりないですが、最近はそんな感じです。