読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

お問い合わせが増えてきて、そして大事なことは

何か仕事の問い合わせが増えてきました。
ありがたい反面、面談のときに始めて話を聞く訳だから、
考えもしない話として来ることがほとんどです。
そういう話に対して、その場で判断して、的確な回答をする、
というのは正直緊張するのです。

回答そのものが的確かどうかと言うのもあるのですが、
相談者の方の話と言うのは、起こっている大きな状況の中の
どうしてもその一部であり、でもわざわざ面識のない弁理士
問い合わせてくるわけだから、それなりに切実だったりします。
それをいかに正確に理解するか。ただ話を聞いています、
というのでは当然ダメで、その裏側の状況まで想像をめぐらせる、
そして、説明にあたっても、冗長にならず、先方が欲しがっている
現実的な状況判断を的確に提供しなければならないと言う面があります。

取引関係が固まってくればそれなりにあうんの呼吸で
進める面もありますが、やはりなにぶんにも初対面ですし、
業種についてもそのとき初めて知ることになります。
予測が難しい状況下で、瞬時に判断を下す必要があります。
そういう訳で、終わるとあー疲れたと言う感じになります。

営業活動については色々ノウハウはあるのですが、
基本的には目の前のお客様に真摯に誠実に対応することで、
自分なりにベストの回答を提供することが一番大事です。
そこから、そのお客様が継続して依頼いただく可能性がありますし、
紹介、評判と言う仕事ですから、面識を持った相手の方に
どう思われるかと言うことが非常に大事なんですよね。

開業してからの状況は、大局的には順調の部類に入りそうではありますが、
なんだか思ったより疲れる日々だなあと思う今日この頃です。
そんな訳で、去年よりもブログの更新が若干滞り気味です。

広告を非表示にする