読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

マスクをしている女性を見て思うこと

そういえば一昔前は街中で女性がマスクをしていることは
ほとんどなかったと思うのですが、今ではすっかり日常の
光景になりました。花粉症がすっかり広がりを見せるように
なったというのもありますが、それでも男性よりも
女性の方がマスクをしている人が多いような気もします。

ただ女性が街中に出るときに顔を隠すというのは
社会風俗的には本来あるべき姿なのかも知れません。
イスラムではブルカとかヒジャブとか着てますし、
平安時代の日本でも女性はすだれや屏風で
さえぎって姿を見せなかったと言います。
そんな奥ゆかしい時代になりつつあるような
気が一瞬だけします。まあ気のせいですね。

そんな一瞬が過ぎ去った後、あれを思い出しますね。
そういえば昔、「あたしきれい?」というのが流行りました。
たぶん今の若い人には通じないでしょう。
というかどんな話だったか自分でもなんか忘れてしまいました。
「あたしきれい」で検索するとかろうじて一位に出てきますが、
「わたしきれい」で検索すると、出てくるのは資生堂のサイトです。
本当に言葉通りの意味のようで、今は昔です。

マスクをした女性がそのような言葉を発して、
マスクを外したらそのような姿だった、というとこまでは
それなりにリアリティありますが、その後の展開が
あまりにもそんな訳ないだろという内容ですが、
当時は結構メジャーなホラー話でした。
最近はそういう怪談系ってメジャーなのあるんですかね。
インターネットの普及で嘘くさいのが一瞬でばれやすくなった
という側面があるような気がしなくもないです。

まあマスクをしている女性を見て脳裏をよぎるのは
大体こんな感じのしょうもない妄想です。
雨雨雨でなんかこういうどうでもよいことばかり考えます。
梅雨かよ、って天気に突っ込んでやりたいですね。