新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

朝食をとるべきか否かというのは不毛な議論

なんか朝食をとるべきか否かという議論が
盛り上がるところでは盛り上がっているようです。
昔は朝ちゃんと食べていかないと力が出ない
と言って必ず食べていかされた気がしますが、
最近は朝は腸を休ませる時間とか何とかで
朝食は食べないほうが良い派も勢力を持っています。
健康論争は常にやむことはない中、
さてどちらが良いのでしょうか。

どっちも一理あるのはあるのですが、
朝食べないで平気な人ってのは大体夜がっつり
食べてますよね、ということでほとんどすべての
結論が出る気がします。

朝起きたら繊維質を含む果物だけを朝食として採る、
というのが体に良いという理論があって、
それは確かに説得力があった気がします。
その一方で、夜食事をすると太るよ理論があり、
夕方6時ごろ夕食を軽めにとってそれ以降
食事をしない場合、果たしてそれで朝持つのか、
というのは非常に疑問です。

夜食事を最小限にすると、朝おなかがすいて、
かつ体力も低下してちょっと厳しい感じです。
昔ダイエット中にそんな生活をしたこともありますが、
だんだん体がきつくなってきますね。
夜食べなければ朝食べないわけにはいきません。
朝食派ってのはなんとなく昔の食生活に近い感じで、
夜は早めにさっと食べるから朝食がっつりなんだと思います。

ただ現代ビジネスマンとして、夕食よりも朝食に比重を置く
というのはそれなりに難しくなっている気がします。
飲み会もありますし、会食なんかもあったりします。
美味しいものを食べる機会というのは夜に偏りますね。
時間に追われず食事ができるのも夜です。

そうやって夜にしっかり食べた翌朝も朝食がっつり、
というのは正直あまり体のキレを悪くする気がします。
昔は親に朝食はしっかりと言われて夜食べて朝食べて
としていた気がするのですが、夜たくさん食べたら
朝は少なめにした方が体調としては良い気がします。
朝食は食べない派というのはそういう食生活のように思います。

そんな訳でできるだけ夜は抑える代わりに朝食べるようにして、
夜にしっかり食べるときは朝は食べないという臨機応変型
なのですが、それはそれで食生活の変動が大きく、
あまり健康的でない感じです。健康生活は難しいですね。

さてそんな中、また記事を追加してみました。
まあ色々試行錯誤の日々です。

商標登録出願の14%は拒絶査定になる

商標登録の費用中約4-5万円は特許庁が持ってく

広告を非表示にする