読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

インドの代理人からの訪問を受けました

どこの特許事務所でも、結構外国の代理人の方から会いませんか、
ってメールが来たりしますよね。取引があるところだと、
わざわざ日本まで来るんだしと調整して会うようにしますが、
それ以外の場合だと結構ケースバイケースの対応をすることが多いと思います。

国別にみると、アメリカヨーロッパは、一度どこかで会ったことがあって
もう一度会いませんかというケースがほとんどです。
欧米以外でも面識ないのに会いに来るケースはそんなに多くはありません。
けど、インドからの訪問の方って熱心にメールを送ってくることが
多いような気がします。

インドに出す案件も多くはないし、その割にはコンタクト多いし、
ということで放置することも多いのですが、
いざ問い合わせが来てしまうと、どうしようということもあったりします。
そのとき、どこに発注しようかなと案外決め手になるとこがありません。
商標のインド出願が意外とあったりしますよね。

そういうこともあった良いタイミングでメールが入ってきたので、
じゃあ会いましょうということで先週会うことにしてみました。

まあ熱心にメールを送るのはインド本社の方で、実際に来られた方は
当り前ですが普通・・ということで、まあ多分とにかくどこにでも
会いに行けとはっぱ掛けられて出てきてるんでしょう。
日ごろちょっと疑問に思っていたインドの法制度について
少し質問をしてみました。疑問点が解消して有意義な時間となりました。
まあ出不精にならず人と会う機会は作ったほうが良いかな
という今日この頃です。