読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

香港商標が登録査定されました

独立すると、ある程度商標の受任も出てきますし、登録査定となって、
商標の登録案件も徐々に増えていきます。外国はと言うと、
少しずつご依頼を受けたりはしますが、日本より審査期間が
長い国もあったりする中で、結果は待っている状況でした。
そんな中で香港商標の登録査定の通知が来ました。
まあ日本のような登録査定の処分というのとは
ちょっと違うのかもしれませんが、とりあえず審査段階では
拒絶理由を発見しない、という判断が下されたとの
連絡が入ってきました。

日本の場合、登録査定となったら料金を納付すれば登録になります。
その後、異議申し立て期間に入りますね。付与後の異議というやつです。
香港では、異議申し立て期間を経てから設定登録がされるんだそうです。
まだ登録番号は発行されていません。

新しい結果が出てくると、ちょっとうれしい気持ちになります。