読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ


written by 梅澤国際特許事務所の弁理士うめざわ お問い合わせはこちら 

  国内業務    意匠登録出願  新宿で商標登録出願 

  外国特許関連  PCT出願の流れと費用  外国特許出願の費用削減  外国出願助成金

セミナーのリハ

明日金曜はセミナーなのですが、委員会で事前にリハはやるように、
との通達があり、火曜午前中に担当講師全員で集まって
弁理士会館内でリハーサルを行いました。

自分の担当時間は30分です。大体時間いっぱいまで詰め込むと
タイムオーバーするというのが常なので、ある程度
量は抑えてから解説をしながら時間を引き延ばしていく、
という構成にしました。事例をもう1つ探してくるのが
面倒だったから、という本音もありますが。

3つの事例解説で、うち1つ目を長めに、という設定にしていたところ、
淡々としていたら8分くらいで終わりそうになりました。
ある程度説明を足しながら13分くらいで1つ目を終わり。
2つ目も、予定時間を早く終わりそうだったので
ある程度説明を足しました。3つ目も同様。
多分スピード上げてやったら15分くらいで終わるかな
という分量だったようですが、そういうアロケーション
考えながら時間ぴったりで終わりました。

しかし25分しゃべりっぱなしは疲れます。
去年もセミナーを司会役で開催しましたが、
通訳の位置づけなので、やっぱりしゃべりっぱなしになり、
終った時はやっぱり疲れてました。
セミナー講師の方ってあんまり疲れてなさそうなのは
なんでなんでしょうね。自分はそういうの向いてないのかもしれません。

内容的には大体いい感じでやれそうな感触を得たので、
あとは当日きちんとやるのみです。

広告を非表示にする