新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

年末ではなく今は年度末

勤めていた時は、ある程度の規模がある特許事務所だと
顧客は大手企業なので、予算消化の関係の案件があって、
それで年度末に向けた特許出願というものが結構あって、
それで年度末は忙しく、年度末というものを感じさせます。

その他にも弁理士試験の願書の提出ももう1週間程度で
受付ですし、合格後も実務修習が終わってこれから登録、
弁理士会関係も委員会とかは年度の初めが基準です。

しかし今はそういう大手の案件がないので、
年度末の予算消化、というニュアンスはないのですね。
お客様の業務の進行上この時期になるってのは
タイミング的には当然あり得るのでしょうけど、
商品なりビジネス展開上の期限であって、
予算の期限的なものは意識する機会はめっきり減りました。

あとまあ独立してみて、弁理士会とか会派的なものは
あまり自分の商売と関係なさそうだな…というのがあり、
自分の仕事で必要なことは無尽蔵に出てくるわけですので、
そっちにかかりきりになると、弁理士の集まりに対する
関心はだんだん薄れてきています。研修も一時期に比べて
参加機会が減りました。

個人事業主の決算期末は年末ですし、確定申告が終わると
ホッとはしますけど、年度末的なバタバタ感はないのですね。
年末は忙しさというものを実感していましたけれども。

そうなってくると、年度末であることをあまり認識することなく、
単なる月末なのか、という感じになってきます。
どちらかというと、2016年ももう3か月たつのかという感じですね。
そっちの方が大きいかも。
仕事の量も特段増えすぎることも減りすぎることもなく、
特別な時期ってことを感じさせる要因がありません。

そういう感じなので、桜が咲き始めるのを見ると、
もうそんな時期なのだなと思ったりします。まだ肌寒いですが。

広告を非表示にする