読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

ブログで宣伝的な記事を書いても意味はないのだけれど

例えばありがちですが、商標は早い者勝ちですよ、的な
煽り記事をブログで書いたとしても、記事の内容をそのまま受けて、
そうですね、じゃあ何とか特許事務所に依頼を出さなきゃ、
と読み手が思う、なんてことはほとんどないと思われます。

そういう意味で、通常はブログで宣伝的なこと書いてもなあ
と思うのですが、先日の記事のようにそれでもあえて
記事を書いてみたりすることもあります。
そういうのは、それなりに意味を考えながら書くのです。

結構ブログに何を書いていいか分からないという話をされる方が
多いのですが、それなら別にブログやらないでいいんじゃ
ないかなあと思うんですよね。ネットに何か書いていればそれで十分
という時代は終わっていて、書くなら何らかの動線を考えておいて
はじめてそれが活きてくると思うんですよ。
そういうのもなく、何となく必死なブログとかありますよね。
まあ狙いを考えてウェブ上の文章を書いている人も少ないですが。

もっとも自分は自分で、最近はなんとなくな文章しか書いてません。
もうちょっと考えて記事を書くようにしたいなと思うのですが、
以前のようにネタ帳にネタを溜めておいても、後で見ると
あんまし面白くないなとなったり、自分の中の旬が過ぎて、
もうこれはいいかとなったりします。
文章を書きたいときほど忙しくなったりして。
結局何が言いたいかと言うと、言い訳みたいな感じです。