新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

いきなりステーキはいきなりまずい

「いきなりステーキ」に行ったのは
実は1年以上前のことです。確かランチ用で
300gの一番安いステーキを注文しました。

なんだかどうしてもステーキを食べたくなることってありますよね。
そしてそういう食べ物ほどたくさんの量を食べたくなります。
ステーキ+量が多い+安い(らしい)というのは、
非常に魅力的に映ります。

特におなかがすいている時はそういう単純なおいしさの
食べ物を求めがちな気がします。
その状況が私を「いきなりステーキ」に足を向かわせました。

もっと高いものを頼めば違ったのでしょうけど、
一番安く、普通に目立つところにランチメニューとして
載っていたのものを、なんとなく注文しました。
その味は、肉の塊をただエサのように食ってる
感じで、一体何なんだろうと思い、
それ以来この店には行っていません。

それを端的にいうのは非常に難しいのですが、
私の非常に乏しい美食の経験から導き出せる結論としては、
「まずい」という、その一言につきます。

まずいとは何か。固くてあまり味がしないということです。
味がしないなりに何かソースなどを凝ればよい
と思うのですが、胡椒と醤油くらいしか置いていません。
まるで肉のおいしさを堪能してください、
と言わんばかりです。思い違いも甚だしいですね。

同じステーキでも、高級なとこで
出てくるのは全然おいしさが違いますよね。
そりゃ値段も違うしってのは当然なのですが、
その違いはいったいどの辺なのだろうと。

事務所の近くにデンバープレミアムというステーキ屋
があって、しばらく放置していたのですが、
妙に最近ステーキが食べてみたくなって、
その店に行ってきました。

リブロースステーキというのを食べました。
そりゃもちろんオークラと比べると落ちますが、
自分の期待に沿ったものが出てきました。

(追記:2017年末時点ではもういきなりステーキと
 同レベルの肉を出すようになってました。。。
 この価格帯でまともなステーキは難しいのかもしれません)

新宿だとそよかぜというお店もあります。
ただちょっと事務所からだと距離があるのですね。
ここも十分美味しいのですが、そうなると
いきなりステーキっていったい何だったんだろう
という思いが出てきます。

調べてみると部位ごとに金額がだいぶ違うのですね。
自分は今までステーキは全部普通にステーキだと
思っていました。
まあサーロインとかヒレとかは分かりますが。
リブロースってのはそれなりに高い部位のようで、
肉の部位の問題だったのでしょうか。

いきなりステーキに行ったときは、ステーキへの期待が
高すぎたのかもしれない。そういう疑問も
自分に対して起こっていましたが、
やっぱり色々食べ比べると、やっぱりまずいものは
まずかったという結論にならざるを得ません。
通常のステーキは食べたらそれなりの満足感は出るはずです。

ステーキって言って、いくら安くても
あまりに期待に沿えないものを出ると
それはかなりがっかりしますおよね。
件の店は、肉の部位を同じにする限り、
あんまり他の店と値段も違わないようですし。
安いのはくず肉の部分だからか。
それなら普通に座って食べたほうがいいですよね。
何で人気なんだろうと以前から思っていたら、
だいぶ行列もなくなってきたようです。
流行りものって扱いだったのでしょう。