読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

特許事務所の事務スタッフの割合

特許事務所、事務、割合、などという検索ワードが、
検索流入ワードで入ってきているのがあって、
そういうのが知りたいのかなあと思って
こんな記事を書いてみました。

色んな職場を見ることも多くはないでしょうから、
今所属の特許事務所ではこうなんだけど、
よそは実際のところどうなんだろうという
感じなんだと思います。

まあ比率的には、技術スタッフ:事務スタッフ=2:1
というのが標準的かなあと思います。
技術スタッフも、弁理士:特許技術者=1:1
くらいとすると、弁理士=特許技術者=特許事務、
という人員比率になるかと思います。

これを基準にしてうちは多い少ないというのは
個別に事情が発生する話でして、上記の例は、
国内業務の比率が標準的な特許事務所の場合になります。

受任案件がほとんど外国案件のような特許事務所だと、
技術スタッフ:事務スタッフ=1:1よりも、
やや技術スタッフが多めくらいになるそうです。
外国案件の比率によって、事務スタッフの数が
増減するわけですね。

あと、この他に翻訳スタッフや図面担当がいたりしますし、
経理担当がいたり、大きいとこだとシステム部とか
あったりします。スタッフの業務も技術と呼ぶべきか
事務と呼ぶべきかという境界線に近い方もいるでしょう。
標準的な内訳だと上記の感じになるかと思います。