新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

依頼人が特許出願する理由が見えていない弁理士は案外多い

弁理士業界は景気が良くない。なので、特許出願件数が
増えるように、どんどん働きかけをしていかねば。
そんな動きが弁理士会周辺にあったりして、それで、
知財キャラバンとかそういう動きが色々あるようです。

ただ、無理に特許出願が増えるように働きかけるのも
ナンセンスな感じがするんですよね。
特許件数を増やすことにインセンティブが見えてくれば
依頼人サイドから自ずと依頼件数も増えてくる
と思いますし、対象とする顧客からの依頼が細っている、
とするならば、それは費用対効果が出ていない
ということなんだと思います。

件数を出そうとすれば、依頼人側からすれば、
予算は増やせないから単価は下げて、という話になります。
単価を下げるとはけしからんという話と衝突します。

特許の取得件数を10倍にしても、それによる
資産価値が10倍になるわけではないんですよね。
私の錯覚なら良いのですが、そう思っている人が
この業界に案外多いような気がします。

特許になりうるアイデアがこんなにもあるなら
もっともっと特許を取らなきゃと思うに違いない!という
誤った前提に立った議論も多く見られる気がしますが、
お客さんは特許取得にかかったコストをペイするから
特許を取得しようとするのです。
特許になるかどうかというのはその次の話なのですね。

ではインセンティブとはどういうことなのか
という話を書こうと思いましたが、
早くも長い話になってしまったので、
続きは後日といたします。

www.umepat.com