読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

商標登録出願で、お客様にお越しいただくことで分かること

弁理士、特許事務所としてのご依頼事項で、特許、意匠、商標、
というものがある中で、商標については、特に面談がなくても、
手続としては完了することが可能な場合も多く、
メールでご依頼事項をお送りいただき、
処理を完結することもあります。

実際にはお会いいただき、内容をご説明した上で
手続となることの方が多いのですが、そこでちょっと
気づいたことがあります。

料金については区分ごとになりますので
保護したい商品役務をお聞きしないと料金が決まりません。
そこで大体の概要をお伺いして、あとは
こちらで推測するということも多いです。
しかし、新しいビジネス形態が多いことから、
どこに区分するかというのは迷いが出てきます。

先日のケースの場合は、打ち合わせのときに、念のため
例の「類似商品・役務審査基準」を手に応接室にお迎えしました。
打ち合わせの際に、「これはアクセサリーでしょうか」
という話の中で、「うーん」ということでこの区分は何、
あの区分は?という話をしながら、本をぱらぱらとめくって
いくうちに、はじめの話の想定とは違った商品区分に
該当するということが分かりました。
ああ、○○と言うけど、実際はそういう用途だったんだ、と。

お任せになることも多いのですが、
直接本をお見せすると、「こんなに多岐にわたるんだ」
とお客様に驚かれるとともに、いろいろ見ていくうちに
ちょうどよい分類、商品が見つかったりするので、
打ち合わせの中で決めるのもよいなと思ったりしました。