読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

平成28年度弁理士試験論文合格者統計

平成28年度弁理士試験の論文試験合格者の統計が出ました。
http://www.jpo.go.jp/oshirase/benrishi/shiken/h28toukei/index.html
http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/pdf/h28_benrisitoukei/h28_ronbun_goukakusha.pdf

人数的には減ったままですが、多少人数の揺り戻しが来たのが
今年の特徴です。受験回数の多い人の合格数が増えてますね。
年齢的にはなぜか50代の数が増えています。
大学別だと東大、東北大の数が突出して増えて、
阪大、早稲田、慶応が減っています。
東北大の急増は何があったかってレベルです。

傾向の継続という点では、会社員の合格者がさらに増え、
特許事務所員の倍近くまでなってきました。
昔は特許事務所員のほうがはるかに多かったので、
これも時代という感じなんでしょうか。

男女比は4:1ですが、ずっと一貫してこの数字です。
こういうのってこの数字になる根拠のようなものがあるのか、
なんとなく気になるところです。

採用担当者を見ていると、弁理士の採用は難しいから
経験のある特許技術者を取りたいような意見があります。
しかしこの数字を見ていると、特許事務所の弁理士試験
受験生の数が、会社員に比べて少ないという現状があります。
特許事務所内の非弁理士は、年齢が行き過ぎていなければ
何としても勉強して資格を取ろう、という意欲を持つと
推定されることから、特許技術者自体人数的には
かなり減っているということが推定されます。
特許事務所内でも、特に弁理士を指定していないのに、
弁理士有資格者の比率が自然に増してきている、
という状況にもなってきました。

要するに、弁理士ではない実務経験の豊富な
特許技術者というのは弁理士よりも稀少になってきており、
採用は困難であると考えられます。

未経験者を育てていくか、経験者を高い待遇で採用するか、
という方向が求められてきており、採用も再び競争の
時代に戻ってきていると思われます。
その認識のある採用担当者は少ないようですが。

なんてことを、統計の数字からなんとなく思いました。