新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

転職の失敗と弁理士会の活動

弁理士会の活動について、あまり余計な仕事を押し付けられる
のは面倒だから係り合いたくない、という人が、
たぶん昔に比べて比率的には多いのだと思います。
自分はというと、一応そういう活動はするように
しているのですが、そのメリットってのはなんなのか?
ってのを少しまとめてみました。

まずこの2つの活動をそれぞれ面倒そうなもの、
といっしょくたにする傾向があると思いますが、
そしてそれはそんなに外れてはいないのですが、
多少は毛色が違うところがあります。

会派というのは派閥と言い換えてしまう人が多いのですが、
今回のような選挙活動の母体となる組織なので、
その意味では遠くはないですが、党派というのが
近いような気はします。

なので、できるだけ組織を大きくしたい、という
のが各会派の本音であるので、新参者は最初は
お客さん扱いです。そこが特徴的であるとともに、
あまり認識されていないとこだと思います。
合格祝賀会なんてのも、そのお客さんを呼ぶための
活動なのですから、入会したとたんに手足のように
使われる、という想像は多分違うと思います。
お客さん扱いというのは、いろんなイベントに
安い会費で参加できたりとかそういうことです。

ではその負担はだれが負うかというと、
会派の中で偉い人になっていくと作業負担が
増してきたり、会費負担が大きくなってきたりします。
そういうのと引き換えに会派の中で出世をして、
偉い役職になっていくという仕組みになります。
そういうのを希望しないのであれば、
会派の中ではずっとお客さんのままです。
なので、変に敬遠するのは食わず嫌いではないか
とそんな気がします。

弁理士会というのは、そういう意味では
単純に雑務を押し付けられる集まりですし、
会合も月に1回日中に集まれというのですから、
嫌だというのもそれは分からなくもないです。
参加するなら、面倒の少ない委員会を選んで、
ということになりますし、そういう活動に
理解のある職場でないといけないことになります。
自分は今は事務所を自分でやってますし、
前職も特にそれについて何か言う感じでもなかったので、
多くなり過ぎない範囲でなんとなくやっています。

まあ弁理士会の肩書を使って何かできないか、
的なことも少しは試みましたが、そういうのは
もうとにかく面倒なことにしたがる人が
うようよいるので、あまりお勧めしません。
とにかく思うのは、弁理士会として、会員の仕事を
増やすため何かできないか、などという試みは、
両陣営何か言ってますが、彼らがやる限り
どちらも無理な感じがします。

じゃあメリットは何かというと、横のつながりが
できるというのが一番大きいのかなと思います。
横のつながりって何というと、親しい人から
いろんな情報が流れてきたりということになります。
どんな情報かっていうと、自分は独立してからの
営業活動に役立つ話はないかと期待したのですが、
そういうのは全然なかったです。

個人的には、転職に役立つ情報が多いように思いました。
1つは引き抜き。雑務を共にやる仲間だから、
どんなふうに仕事をやるかの推測が働きやすいのですね。
もちろん人柄や性格面での相性なども。
そこで気脈の通じた人を引き抜いてくるとか、
逆に呼ばれていくとか、そんな話はよく見かける気がします。

引き抜きでないにしても、いろんな特許事務所に勤める
人と親しくなるから、大体の内情を聞くことができます。
自分は、もう転職することもないのに、都内のほとんどの
特許事務所についてなんとなく状況を聞いています。

そういう横のつながりを頼りに転職している人は、
そんなに大きな失敗をしている話は聞かないですし、
ある程度キャリアを積んで年齢が上がったら、
そういうものを頼りに移動するのが本来あるべき姿か、
という風に思います。

転職ってのは大きな転機だと思うのですが、
ネットで見かける耳触りのよい情報をなんとなく
鵜呑みにして、なんとなく転職失敗している人が
多いように自分は思います。
良くない特許事務所の情報ってのは、
それなりに業界内に流れますので、そういう情報を
ある程度つかんでおくってのは大事なことだと思うのですが、
みなさん、突発的に転職を思い立ち、突発的に変な転職をして、
簡単に後悔する傾向があるような気がします。
情報収集って大事だと思うのですが、どうなんでしょうね。

ま、委員会の活動をダメと言う特許事務所の時点で、
もうどんなとこか推して知るべしという気はしますが。