読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

つなぐサービスの営業電話

自分で事務所もってるといろんなとこからかかってきますよね。
中でも一番しつこいのが表題の「つなぐサービス」の営業電話です。
なんか営業代行のサービスらしいのですが、営業代行ってのは
本質的にあまり有用であるとは思えないのですね。

商品というのはつまるところ商品内容と価格です。
圧倒的に商品力があるのならば、営業はほどほどでも
客の方から集まってきます。そのほどほどってのは、
商品を理解しているところがやるべきで、代行会社が入ると
なんだかおかしなことになることが予想されます。

そして価格です。間に人が入るってのはその必然性が明確な場合
に限られるべきで、人を挟めば挟むほどコスト要因になります。
自分はと言うと、できるだけそういうファクターは落として、
可能な限り低価格で提供したほうが良いと考えます。

そうやっていくと、営業代行ってのはよほど明確に
ビジネスパートナーになりうる人材でなければ
あまり効果があるものでもないだろうと予想できます。
きちんとこちらを理解している場合にのみ存在価値がありますね。

少なくとも何回も営業電話をかけてくるようなのはお断りです。
なにやらつなぐサービスとかもう何回かけてきてるんだ
って思うのですが、こういう考えなしのサービスってのは
いつまでも続くんですねえ。