読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

TPPは発効しなくても、交渉が終結したこと自体に意味がある

TPP交渉については本当にメリットがあるのか、
一方的に何かを押し付けられるのではないか、
という疑念をはらみながらも進み続け、
ようやく締結の道筋が立ったというところで
トランプ氏が大統領になることですべてが
ご破算になりそうと、そんな報道がなされています。

日本側が固執しているということは
本当のところメリットが多いのだろうか、
と思われながらも実際は推測の域を出ません。
しかし取りまとめたこと自体に意味がある
のではないですかね、という気もします。

TPPはご破算になりそうですが、
じゃあFTAに移行しますと言っても
結局はTPPの合意内容がベースになります。
日米でGDPの90%なのですから、
元々実質的にはFTAに近い話なのです。

交渉の経緯というのは全て記録に残されていますから、
ある合意事項について不服があったとしても
それは別の合意事項との妥協の産物であるのだから、
それを混ぜ返されるだけです。理由があって
そうなっているのだから、一度通過した外交交渉を
もう一度やり直すだけに過ぎないのです。

となると一度外交交渉の現場を経験している方が
立場としては有利と思われます。
こちらとしても一度妥協したけど妥協しなければ
良かったな、ということをもう一度やり直す
ことができる訳です。
向こうはメンバーが変わるのですから、
今度はあちらがうっかりをすることもあるでしょう。

新たな主張と言っても、大体はすでにこちらから
反論もあることでしょうし、大統領が変わると
スタッフも大きく入れ替わりますから、
引き継ぎきれないことも多いでしょう。
しかし、議論のベースは同じことですから、
既に合意内容について経緯を把握している方が
交渉上は強いのではないかと思われます。

そもそも就任前から大きな口をたたく人ほど
就任してからはあまり大したことはできない
ことの方がほとんどだと思うのですね。
交渉事は互いの妥協により進んでいく面
がありますから、過激なことをいう人ほど
相手は立場を硬化させますし、話は進みませんよね。

内政面では劇場型で進めることができても、
相手があって交渉するようなことは、
暴言型の人って日本でも結局何もできてない
ということが多かったような気がします。
トランプ大統領は麻生さんを思い出させるのです。

別に大統領が変わったくらいで世の中なんて
大して変わりやしないと思います。