読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

依頼案件が突然減りだすと焦る

独立してから半年くらいは全然売り上げが上がらなくて、
もうこれどうしようという感じでしたが、
それ以降は、まあ食ってはいけるかな、
という程度には依頼をお受けすることができ、
あまり暇という状況はありませんでした。

それから独立してから2年という時期なのですが、
そうなると軌道に乗ったね、という雰囲気に
見られがちになります。確かに依頼を次から次に
受けているうちは自分でもそうなのかなと思います。

そんな中、ここにきてご依頼の業務量がなんだか
すごく少なくなってきています。
10月から依頼がぱったりなのですが、
8月頃に頂いていた案件が片付いていなかったので
その頃はちょうどよかったものの、
11月も終わろうという状況になってきて、
あれ、これ大丈夫かなとそんな気持ちに
なりつつある今日この頃です。

まあ去年も10-11月って少なかったなあなんて
気もするのですが、開業して以来、売り上げが
立ち始めて以来、暇になったことって
全然ないのですね。しばらくこんな感じだと、
正直どうなるのだろうと不安になってきます。

数字的には今年の目標は大体行ったかなと
思うのではありますが、右肩上がりのつもり
でいたら停滞しだすと、これからどうなるのかな
とそんな気持ちになります。

シーズナリティ的には年末近くになれば、
と期待はしているのですが、なおざりに
なりかけてた営業活動のテコ入れをしないといけない
なんて思っている今日この頃です。