読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

トランプ大統領というのは要するに田中真紀子

結構政治面で世の中が大きく動いているので
これからどうなるのかなんて話が出てきます。
自分はあまり心配していないのですが、
トランプ大統領になって世の中どうなるのか、
という心配が案外あるようなのですね。

ただ、政治の世界なんてのは大口叩けば叩くほど
何もできないっていうのが洋の東西を問わず
鉄則なのでして、ああいう好き放題なことを
言う人が、その発言内容について
政策として実行できるということは
あまりないと思うのですよね。

典型は田中真紀子氏で、
あれだけワーワー言ってはみたものの、
信頼を失って何ら成果を出すことなく
政治的地位を失っていきました。
トランプ大統領ってなんとなくあんな感じの
印象がするんですよね。

例外としては石原慎太郎氏がいますが、
それでも勇ましい右翼的な発言に関連して
都知事として何か政治的な実績を
積むということはなかったと思います。
彼の実績というのは彼が吠えていた
イデオロギー性とは全く無縁の内容です。

結局無茶な発言をすると無意味に敵を
増やしてしまうから、協力を得ることが
難しくなって、政治的な進展を成し遂げる
というのは逆に難しくなるのですよ。
大統領権限は大きいですが、そこにすべてが
集約されている訳でもないですからね。
自ずと手詰まりになっていきます。

世の中大きく変えるような人ってのは
何かこれといった印象もなく、これと言った
政策があるようでもなく、イデオロギー
も感じさせず、ノーマークの中で
いきなりやらかす感じですよね。

それ考えると、何か1つ2つ手の付けやすい
ことだけやって、それ以外は何も進まない、
というのが妥当な下馬評な感じはしますよね。

一方で中国韓国でいろいろあるようですが、
あれは要するに景気が悪くて
いきりたってるのです。
経済成長率で見ると悪くなさそうにも見えますが、
結局のところ雇用ですので、そこがどん底に
なると政府への支持が落ちますし、
あの国はそれが反日活動に転嫁しますよね。

仕事に関連しても、ひと頃と比べると、
中国へ進出しよう、という雰囲気はかなり
影を潜めています。当所だけの話ではなく、
やっぱり中国ビジネスへの熱気は収まって
いるのでしょうね。
日本に来る富裕層だけ見てると
景気の悪さは感じませんが。

まあ日本の景気の動向全体には
そこまで影響が出る雰囲気は今のところ
なさそうなので、日々商売に励むと、
そんな感じになるかなと思います。