読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

色彩商標の商標登録第1号はトンボの消しゴムとセブン-イレブン

色彩商標と言えば、新しいタイプの商標の保護対象として
導入されたもののうちの1つです。施行から2年たち、
もうすっかり新しいと呼べるかは分かりませんが、
ようやく登録第一号にこぎつけることとなりました。

「色彩商標」の商標登録第1号はトンボの消しゴムとセブン-イレブンです。

新商標のうち、一番件数が多かったのが色彩商標でした。
事業者からすれば、この色と言えばうちの商品、会社、
という自負はあるでしょうし、権利になったら大きいですから。
世間的な効力という意味でも色彩商標の方が
迂闊に権利になってしまうと、いろいろ問題がありそう、
という意味で商標審査も慎重になっていったのでしょう。
第一号は4月の1日に一斉にでしょうから、
ここまでほぼ2年かかりました。

うちで依頼を受けるような会社にとっては、
新商標のようなものは無縁なので、
審査基準的なものはあまり把握していないのですが、
なにをもって登録とするか、しないか、というのは
基準ができている一般の商標と比べると、
事例の蓄積がない分難しそうです。

まあ明らかなものから登録にしていく、
ということになるのでしょうか。

ツイッター見ていると、デザインに創作性があるものが

商標登録されるという誤解があるように思います。

基本は識別性と周知性で、その色の組み合わせを見たときに、

明らかに他のものと識別した状態で、特定の商品、

すなわち、トンボの消しゴムやセブンイレブンの店舗、

を認識できることが商標登録のポイントとなります。

商標に創作性は関係ないので、どんなにデザインとして優れていても、

それと商標登録の可否は何の関係もありません。

 

導入当初の頃の記事は以下の通りとなります。
あれから2年は自分にとっては結構昔のような気がします。


patintl.hatenablog.com

 

各案件の概要を列挙していきます。

f:id:patintl:20170301170013j:plain

【出願人】株式会社トンボ鉛筆
【出願番号】商願2015-29914
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】第16類  文房具類
で出願されています。

商品区分記事 16 消しゴム となっているので、ここまで減縮ですね。
審査履歴は以下の通り。

願書: 差出日(平27.4.1) 受付日(平27.4.1) 作成日(平27.4.1)

拒絶理由通知書: 起案日(平28.8.19) 発送日(平28.8.23) 拒絶理由条文コード(93 第3条各号+その他の条文(第4条1項11号を除く)) 作成日(平28.8.19)
面接記録: 処分日(平28.9.1) 作成日(平28.9.1)
手続補正書: 差出日(平28.10.28) 受付日(平28.10.28) 作成日(平28.10.28)
意見書: 差出日(平28.10.28) 受付日(平28.10.28) 作成日(平28.10.28)
手続補足書: 差出日(平28.10.28) 受付日(平28.10.28) 作成日(平28.11.16)

物件提出指示書(審査部): 起案日(平29.1.6) 発送日(平29.1.12) 作成日(平29.1.6)
面接記録: 処分日(平29.1.13) 作成日(平29.1.13) 
面接記録: 処分日(平29.1.27) 作成日(平29.1.27)
手続補正書: 差出日(平29.2.6) 受付日(平29.2.6) 作成日(平29.2.6)
意見書: 差出日(平29.2.6) 受付日(平29.2.6) 作成日(平29.2.6)

 

f:id:patintl:20170301170034j:plain

【出願番号】商願2015-30037
【出願人】株式会社セブン―イレブン・ジャパン
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第35類  の小売り等役務を出願時はすべて列挙しております。
減縮動向は分かりませんが、まあセブンですからねえ。
審査履歴は以下の通り。


願書: 差出日(平27.4.1) 受付日(平27.4.1) 作成日(平27.4.1)

拒絶理由通知書: 起案日(平28.1.22) 発送日(平28.1.25) 拒絶理由条文コード(93 第3条各号+その他の条文(第4条1項11号を除く)) 作成日(平28.1.22)
応対記録: 処分日(平28.3.1) 作成日(平28.3.1)
手続補正書: 差出日(平28.3.2) 受付日(平28.3.2) 作成日(平28.3.2)
意見書: 差出日(平28.3.2) 受付日(平28.3.2) 作成日(平28.3.2)
手続補足書: 差出日(平28.3.4) 受付日(平28.3.4) 作成日(平28.3.23)
手続補足書: 差出日(平28.3.8) 受付日(平28.3.8) 作成日(平28.3.25)

応対記録: 処分日(平28.9.14) 作成日(平28.9.14)
手続補正指示書(審査官): 起案日(平28.9.15) 発送日(平28.9.16) 作成日(平28.9.15)
物件提出指示書(審査部): 起案日(平28.9.15) 発送日(平28.9.16) 作成日(平28.9.15)
面接記録: 処分日(平28.10.25) 作成日(平28.10.25)

手続補正書: 差出日(平28.10.26) 受付日(平28.10.26) 作成日(平28.10.26)
上申書: 差出日(平28.10.26) 受付日(平28.10.26) 作成日(平28.10.26)
手続補足書: 差出日(平28.10.28) 受付日(平28.10.28) 作成日(平28.11.16)
上申書: 差出日(平28.11.1) 受付日(平28.11.1) 作成日(平28.11.1)
手続補足書: 差出日(平28.11.1) 受付日(平28.11.1) 作成日(平28.11.18)


普通はこんなやり取りしません。
やっぱり色彩商標は扱いが全く異なります。

 

なお、商標登録をご依頼される場合の費用や必要事項は

以下の通りとなっております。

www.umepat.com

www.umepat.com