読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

今週末から弁理士試験の願書受け付け

もう年度末で、それから花見の季節が来て、
それから弁理士試験の受験生は願書の受付時期ですね、
と思っていたのですが、今は3月中から受け付けるようなのです。

平成29年度弁理士試験の試験公告 | 経済産業省 特許庁

以前は4月に入ってから弁理士試験の願書受付だったのですが、
今年のを見る限り、

(2)受付期間
平成29年3月24日(金)から平成29年4月7日(金)まで(消印有効)の間。

と書かれています。いつから変わったのでしょうか。
以前は後1週間ずつ後でした。

願書提出費用も安くはないですから、提出するということは
合格の目途が立っているということを意味します。
受験生の方は現時点でどこまで勉強が進んでいるでしょうか。

自分は勉強が全然できていなかったときは、願書の提出を
あきらめました。会場だけ行っても仕方ないですからね。
あと2ヶ月で短答合格にこぎつける。と思いながら結局勉強不十分で
会場に行き、不毛な時間を過ごしたこともありました。
その時のことを思い返しても、受けに行くだけ行く、
というのは、あまり生産的な行動ではないと思います。
なので、この時期までに、勉強がある程度進んでいるかどうか、
というのは重要な区切りの時期になります。

勉強をある程度やってきたならば、あと2ヶ月でどの程度まで
勉強が進むかというのもある程度計算できるはずです。
自分が担当に受かった年は、現時点で出来は不十分な
ものの、これをこれだけやればなんとなボーダーはクリアする、
という読みを持って進めました。

弁理士試験も年々遠い過去のことになっていきますが、
受験される方には頑張れと言うほかありません。

なお去年以前はこの時期こんな感じでした。