新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

労働基準監督署は、特許事務所には入らないのか?

今は働き方改革の時代。下記リンク先のように、
監査法人には割と多く労基が入るような時代になり、
いよいよ黙認できないようになってきているようで、
現在大手の監査法人は、片っ端から取引関係を切り始めて
来ているとのうわさが入ってきています。

監査法人の最大の経営課題は労基署対応? | 出る杭はもっと出ろ!

みんなが寝静まった頃に 【労基署ショックが日本を襲う】(03) 会計士・アナリスト・研究員…エリート業界に是正勧告の嵐

最近の監査法人の動向 | ブラック監査法人からの脱出

特許事務所は大まかに分けて多忙なところと、
定時近くで帰れてしまうところに、割とはっきり分かれる
という話はしました。
多忙なところは今も夜遅くまで働かされているようです。
そんな話は以前からもあったようなのですが、
こんな時代ですので、そんなことはいつまでも許される時代では
なくなってきました。その一方で、特許事務所と言うのは
外の情報を察知して自己改革するという能力に
欠けていますので、当然のごとく何も変わっておりません。
労働基準監督署にはもう少し頑張ってほしいものです。

税務調査に入られる話はたまに聞きますよね。
まあ税務調査はそもそも頻度自体高いものですから、
ある程度の事業規模でやっていればそのうち来ます。
まあうちは零細ですので、仕事の妨げになるだけで、
何も出ません。それと比べると労基に入られた
というのはレアな感じですね。

この業界の不思議なところは、労働基準法違反は
大手ほど目立つ感じがするところですね。
零細はもちろん零細ですのでまずいところは
かなり大変なことになっていますが、
それはどんな業界でも同じというのと、
零細特許事務所はとっとと人が逃げていくので、
あまり問題にもなりにくいのです。

ただ、労基的には特許事務所はターゲットとして
ちょっと地味すぎるのですね。監査法人なんかだと
やり玉にあげるのにちょうどよいインパクトですが、
特許事務所はいかにも地味すぎます。
「ふうん」で済まされそうです。

業界内のブラック体質が一掃されるのが、
業界志望者にとって一番のアピール材料に
なると思いますが、そこはこの業界、臭いものに蓋。
そう簡単に自浄能力が働くはずもありません。
なんらかのインセンティブがなければ
開示は促されないという法の精神に則っています。
まあ噂は簡単に広がるのですが。

こういう時代なので、どんどん摘発が進んでいくのが
一番世の中にとって良いと思います。
特許事務所にもどんどん遠慮なく来てほしいものです。