新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

新宿西口ステーキハウスそよかぜ2017年10月28日で閉店

多くの特許事務所の拠点であり、数多くの弁理士が働く西新宿。
そこのあるパートナー弁理士から2週間前に連絡が入りました。
重大なニュースが入ったと。以下はその全文です(原文ママ)。

(タイトル)そよかぜステーキ
xxです。ご存知かも知れませんが10月28日で閉店だそうです。

非常に簡潔な文面は深刻な事態を浮き彫りにします。
ステーキハウスそよかぜ。
西新宿エリアで、ル・モンドとともに、
その名声を分け合う地位にあるステーキハウスです。

これを食べた後にいきなりステーキなど見てしまうと、
なんで鉄板の上にゴムのかたまりが載っているのだろう?
という疑問しか湧いてこない程の差があります。
特にランチタイムはいつも混んでいます。

と言う訳で、貴重なレストランを失うという面も
確かにあるのですが、弁理士にとっては異なる側面があります。
知っている人にはあえて説明するまでもないのですが、
若き弁理士を焚き付け、そして重要な決断を促してきた、
秘密結社の総本山でもあり続けてきた場所です。
他ならぬ自分も、ここで洗礼を受けることとなり、
新たな信仰の道を歩むこととなりました。

何言っているか分からないかもしれないですが、
分かる人には、はいはいと言う話です。

まあこの秘密結社も、他の理由で継続が危ぶまれては
来ましたが、この場所もとうとうなくなるのか、
というと、時の流れを感じます。

エリア的には新宿西口カメラ屋街とNSビルの間あたりです。
ですので西新宿と言う割には事務所からは遠いのですが、
新宿西口カメラ屋街は何かと便利なので近くまでは行きます。
が、時間帯がずれるので、なかなか行けずにいました。

ランチステーキがお得との情報がありましたが、
一度も食べることができませんでした。すぐなくなるので。
まあ普通にサービスロースを注文すればよいのだと思います。
ルモンドはもっと行列すごいので、どうしてもこちらになります。

閉店までには1度は行くことになりますが、直前になると
入るのも困難になりそうなので、早めに行こうと思います。