新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

弁理士になって権利化以外の仕事をしたいというお話

上記のお話は結構あります。弁理士になって新しいステージ
には行きたいけど、別に今までのような知的財産の権利化業務を
やっていきたいわけではない。遠い昔の職場の先輩も
そういってましたし、直近の職場の同僚、既に独立した
知人弁理士のそんなことを言っています。
企業知財部の人なんてみんなそんな感じですね。

さて、現実問題としてどうかと言うと、まあそういう人はいます。
弁理士知財の専門家として書籍をいくつか出版して
セミナーなどに呼ばれている某氏はまあある意味典型的です。
独立して弁理士業務を片手間に、株にうつつを抜かしている方、
競馬の予想ソフトを販売している方、病院の経営をされている方、
公認会計士の資格を取って公認会計士業務もされている方、
行政書士業務もやったりしている方、
知ってる限り挙げるとそんな感じですね。

完全に畑違いに行った方を除けば、権利化業務外が
採算性が高い感じはそんなにしないです。
私もいろんな事考えましたが、副業でちょっと何かやろうかな、
と言うことは今でもよく考えます。考えますけど、
本業の方が儲かるのではないかなとそんな気がします。

まあみなさんこの仕事はつまらないと言いますし、
面白いかと言うと面白いと言える面白さとは違う気がします。
淡々と仕事をして淡々と報酬を得るというそんな感じです。

企業知財の方が上流工程ですのでやりがい的にはあると言えば
ありますが、自分はこの仕事でどのような成果を出したのか、
というのが定量化しづらい面もあります。
特許事務所側は売り上げの数字になりますからね。

しかしまあみなさんそんなにやりがい必要なんですかね。
収入になって、仕事がそこまでしんどくなければ
それでいいんじゃないですかね。
大体知財業界なんて多かれ少なかれドロップアウト組でしょ。
平穏に日々終えられればそれでいいじゃないですか。

自分は淡々と仕事をして通帳の残高が増えればそれでよしです。
世の中そっちの方が大事と思います。