新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

独立開業した弁理士への仕事は増えていくのか

独立した後ってまず仕事を確保することができるのか、
という懸念が当然あります。短期的に確保できても、
継続的に確保できるのか、という懸念もまたあります。
多くなくてもいいから、ある程度の頻度で
依頼をいただけるお客様がいたらいいな、
と言うことを多くの独立事業者は考えます。

うちの事務所はと言うと、もちろん一度ご依頼をいただいた
お客様から再度仕事をいただくケースもあるのですが、
基本的にはスポットであり、継続的に仕事をいただける、
という関係性にはありません。

そんなんで仕事は増えていくのか、と言うことを聞かれるのですが、
実際のところ受任業務量は増えていくのですね。謎に。
最近は別に営業活動らしきことはしていません。
じゃあ以前はしてたかと言うと以前も特段やってないです。
なのですが、ある時期から謎にご依頼をいただけるようになりました。
そんなの継続性ないじゃないかと思われるのですが、
なんとなく仕事は入り続けていくので、なんだかそれが
当たり前のようになっていきます。

勤務弁理士・特許技術者の頃だと、同じお客様から
継続的に頂いたお仕事をこなしていくという形なのですが、
基本的に今は毎回違うお客様です。
識別番号の通知書も頻繁に届きます。

勤めていると、頻繁に頂けるお客様の数を
営業努力により増やしていく印象なのですが、
現在のところそう言う感じではないのですね。
初見のお客様から次々にご依頼をいただいている感じです。
なぜ選ばれたのかは分かりません。
お聞きすることもありますが、お客様によって理由はまちまちです。

まあ今は景気が良いのだろうなあと言う結論になったりします。
いつまでそれが続くかは分かりませんが。