新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

令和元年度弁理士試験論文式筆記試験(必須科目)問題及び論点

弁理士試験、必須科目の論文試験問題が公表になりました。
昨日は試験日だったようです。受験生の方は暑い中ご苦労様でした。

https://www.jpo.go.jp/news/benrishi/shiken-mondai/2019ronbun-hissu.html

選択科目がない方はこれで一旦試験のワンサイクルが終わり、
というのを毎年感じるのですが、一息したら口述試験になります。
それまでは夏休みと言いたいところ、まずははよ仕事しろとなりますね。

自分は必須と選択同時に受かったので、必須のあと一息、という経験は
したことがありません。むしろ選択は永久免除なので、こちらが本番、
というのは正直な時期でした。しかしながら、選択科目の方は、
会場の方にもどうにも緊張感がない感じがあり、
選択非免除にとってはどうにもやりにくい試験ですね。

そういう経緯もあり、自分としては選択組はここから頑張れ、
という気持ちになるのですが、選択がない方はとりあえずお疲れ様、
そんな時期になります。

月並みですが、受かることに意味がある試験ですので、受かるまでは
できる範囲で気を抜かず頑張ると、そういうことが大事になります。