新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

特許事務所・弁理士事務所のブラックホワイトの判断基準

特許事務所というのは、勤務先としてどうなのか、というのは
業界外の人にとって全く未知の世界であり、戦々恐々として
探っていくほかないのですが、会社の転職と同様に、
どうしても当たりはずれというのは出てきてしまいますので、
当たらないまでも外れを引きたくない、という判断が
やはり働く傾向が出てきますよね。

ただまあ聞く限りにおいては、業界全体で採用が困難に
なってきており、特にブラック特許事務所では人が採用できない中、
どんどん辞めていってしまう上、クライアントからも見放されたりして、
事務所を縮小撤収していく傾向があるようです。
つまり、求人を打っている特許事務所に、かつてほどの
極端なブラック特許事務所は少ないのではないか、と思われます。

その一方で、若い人にとっては、最近の就職状況はよりどりみどりの
ようで、わざわざ下積みが必要な特許事務所に行く必要はありません。
まあ普通は特許事務所なんて第一志望で行くようなところではありません。
高学歴自称ハイスペたちの落ち武者の里というのが本当のところでしょう。
まあ紛れ込んでみたところ、案外悪くないよね、という形で
居ついている人が結構多いのではないかなと思います。

確かにかつてほどのばらつきは少ないにしても、それでもブラック特許事務所、
ホワイト特許事務所というのは確実に存在します。
そこはどうやって見分けたらよいのだろうか、という問題があります。
転職先を選ぶ際に、みんな当たりを引きたいのではなく、
外れを引きたくないわけです。さてどうやって選べばよいのか。

そんな中、皆さん大手特許事務所を選びがちな傾向がありますよね。
大手も当たりはずれがあります。どことは言わないですが、
給料結構安いとこありますよね。そのくせ忙しい。
人は、案外給料が安いくらい、多少忙しいくらいじゃ
辞めないのです。そして大手の看板にひかれて飛んで火にいる夏の虫
のようにうじゃうじゃ人が集まります。
待遇を上げる必要はないと割り切っている大手特許事務所は多いです。

ただ最近は狭い業界、情報が出回りますので、改善を図っている
特許事務所も少なくありません。大手だからと言っても
全部同じではないのです。

次に華やかな特許事務所。綺麗なオフィス、好立地、ウェブサイトを見ると
なかなかに格好いい雰囲気のところがありますよね。
まああたりもあるんでしょうが、弊所の独自調査によると
外れが多いかなという印象です。
外れないにしても、遠目からの印象とはかなり違う話を聞きます。

個人的には内情を誰かから聞くのが一番手っ取り早いと思うのですが、
弁理士資格がないとなかなかネットワーキングも難しいですし、
せっかく弁理士なのに情報を集めたがらない人も多いです。
いざ転職を考えて初めて慌てていい加減な情報に飛びつく人、
数多く見てきました。

無難でよいなら、地味そうなところを選んでおけば、
そこまでの外れはないかなと思うのですが、
もう1つの基準として、平日日中外出可能かどうか、
というのは1つの基準である気はします。

平日日中外出可能なの?と思う方もいると思うのですが、
業務の大半は自己裁量なので、仕事に支障がなければ
定時内でも用事のために外出してよいはずなのですよ。
皆さん忘れていますが、弁理士は士業です。
独立した個人が独立して行う仕事であるはずです。

と同時に、弁理士は基本的に弁理士会の活動をすることが
想定されており、その活動は平日の日中が原則です。
つまり、弁理士なのに日中休みを取らないと外出できない、
というのはおかしいのです。

なので、平日の日中に、例えば歯医者に行きたいとかで外出できるか、
というのはブラック特許事務所かどうかの判断基準として有力です。
外出が認められない特許事務所の弁理士は、
早いとこ履歴書を書き始めましょう。大体給料も安いはずです。

もちろん転職先が日中活動可かどうか、の確認も重要です。
そんな時は、自分は委員会活動をしているのですが、
日中外出可能ですか?と聞いてみると良いと思います。
渋い顔をしたらそんな特許事務所には行ってはいけません。

まあいろんな基準があると思うのですが、
いろんな基準を調べ上げていくのも良いかなという気がします。
給料だけでもないと思うのですよね。