新宿の弁理士うめざわブログ

特許事務所の弁理士による、特許事務所業界ブログ

40代男性弁理士が9歳年下と結婚相談所でお見合い・デート

前記事の続きです。
次は6-8人目、土曜昼、日曜朝、昼、です。

6人目はお勧めされてない申し込みです。9歳年下。渋谷。
相手は京都出身、化粧品メーカーのウェブディレクターです。写真は幸薄そうだなと思いましたが、会ったら明るかったです。
嗜好は変わってましたが、自分も変わっているのでちょうどよかったです。

出だしはどうしても相手に緊張感があるので、盛り上げなくてはいけません。
ただ盛り上げるにしても勘所が人によって違うのですが、
たぶん自分はかましたボケに反応してくれる人と合うようです。
私はボケを積極的にかましたつもりはなかったのですが、
素でかましまくっていたようで、彼女は打ち解け、笑い出すようになりました。

そうなると彼女のほうもいろんなことを話しだします。
ウェブ担当2人だから自分でライティングもデザインもやるよー、とか、
今まで言った中でモロッコが一番良かった、とか、 
ピカソ的な)現代美術が好きとか、
化粧品なんてぶっちゃけ中身自体はどこも同じとか、
大体聞く側に回れたのでやりやすかったです。

ようやくかみ合うお見合いができたなあとほっとしたと共に、
これは行けるだろうという感触でした。
是非お願いしますと言ってその場で解散しました。で、合格。
6人目にして初成立は、それなりに感慨深かったですね。

で、電話して次回のアポです。
お見合いが成立すると仮交際または通常交際というのです。
仮交際は何人と付き合っても構いません。
仮交際は「お友達」です。友達100人いても良いのですね。

そんな感じで段々一次予選突破が出てくるのですが、
大変ですので、一応3人までにしておいてくださいと言われています。
1人に絞るのは勧められません。大体みんな気まぐれなので。 

デートは恵比寿でパエリア食べに行きました。
カフェ的なものも候補に出したのですが、スペイン料理になりました。
お見合いでは多少打ち解けたといっても、やっぱりこういう感じですから、
会うときは仕切り直しになります。
けど何とか持ち直して、普通に会話も盛り上がりました。
その日は小雨で、傘をさして駅まで戻りました。
駅の改札で解散して、後で連絡するね、とのこと。
初デートは食事だけであっさりです。

終わった後ですが、しばらく放置されました。
すぐ断られるでもなく、次のデートの予定をなかなか入れてもらえず、
の期間が過ぎました。で、最終的に断られて交際終了です。
最初の仮交際はこんな感じで終わりました。

7人目もお勧めされてない申し込みです。
写真は美人でしたが、実物は年を感じさせました。
会話は盛り上がらず、高飛車でした。
朝ってのが良くなかったのかなあとも思いましたが、
そもそも相性も合わなかったので次です。
一応OKしましたがお断りされました。

8人目は同日昼です。9歳年下。
彼女はずっと私に質問を続けてました。
何だろうこのかみ合わなさは。というのを感じました。お断りしました。
たまに強烈な人もいますが、まあ数討てば色んな人がいます。
今回なしだなと思いつつ、適当に会話を楽しめばよいと思います。

9人目は翌週土曜の昼です。年末の時期で、
年内最後のお見合いでした。なんかひどいスナップ写真。
写真の限りでは、これまでで一番ブサイクだったのですが、
案外掘り出し物かもしれないと思って会ってみたら、案外普通でした。
OK出してみたら交際成立になりました。

仮交際は年明けだったのですが、タイ料理食べて絵を見に行きました。
大体こんなパターンです。デート自体は、まあまあだったのですが、
年明け自分に多く動きがあったことで乗り気でなくなり、
放置していたら向こうから断られて終了になりました。

総論として、スケジューリングが土日の昼で、
当日の気合があればお見合い自体は大体成立しました。
気合がないと、伝わってしまうので、流れがちですね。
数こなしすぎるとそういうのが出てきてしまうのです。
ここまでダメだったのは、朝と平日夜のお見合いだけです。
年明けも大体そんな傾向でした。

マッチングの相手を入れるのが大変なんですよ。
何十人も入力して片っ端から断られます。
受けてくれそうかなという相手の傾向分析なんかもしましたが、
そういうのもまた負担になります。大体サーチがしんどい。
結局お勧め枠の人を優先して申し込むようにしました。

で、年が明けて10人目。日曜の昼です。8歳年下。
宮城出身の社労士ですが、彼女は終始やる気を見せませんでした。
でもこちらはコツをつかんでいます。あの手この手で
会話を何とか盛りたてました。我ながら頑張りました。

事前準備で、ああ宮城出身で、4人姉妹の真ん中なんだ、
で、社労士で、という相手のポイントに加えて、
いつも話すことにしていたのが甥っ子の話です。
甥っ子可愛いです、というのと、友だちと飲みに行くのが好きです、
西新宿なら大体店は知ってますよ、とか、
大体会話のパターンは決めていました。
それをできるだけ相手が話すのを促しながら話すのですが、
やっぱり無口なのでひたすらこちらがしゃべるのです。
そのうち向こうもしゃべるようになり、それでも何となく間が持たなく
なったところで1時間、終了です。果し合いですね。

お見合いをすると交際の成立待ちになります。
一応ルール違反ではありますが、自分は選ぶ旨、
そしてアプリがありますので、アプリ上でOKを出したところまで
お見合い終了時点で、見せてしまうまでやりました。
男なので押しの強さが大事ということですね。
今後、こういうパターンで進めるようになりました。
このあとも、こんな風に気合が入っているときはだいたい決まりました。
なんとなく入りきれないときは難しかったです。
特に、疲れたなと思ったら大体ダメでしたね。

彼女とは仮交際成立になり、会うことになりました。
交際成立はアプリまたはサイト上で翌日昼までに知らされます。
ダメな時はすぐにダメと来ますが。
成立すると、男性が女性に電話を掛ける流れになっています。
そこで次に会うアポを決める訳ですね。
その後、彼女とは毎週会うことになるのですが、
片っ端から書くのも何なのである程度まとめます。