新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

特許申請・商標登録を扱う梅澤国際特許事務所の弁理士による、特許事務所業界ブログ

実際のところ特許事務所の人はテレワーク・在宅勤務に切り替わっているのか

新型コロナウイルスの影響ですっかり世の中の状況が様変わりし、
テレワークが推奨されると共に、テレワークが比較的容易な業務である
我々の勤務環境はよそでは実際どうなってるのか気になりますよね。

最近はやりのZOOMやたくのむ等を用いていろいろ聞いてみたのですが、
基本的にどこも技術スタッフは在宅勤務推奨となっているようです。
ただそのまま在宅で仕事をしているかというと、自宅で仕事は
あまりはかどらないので出勤している、または数日に一日は
出勤している、という声を聴きます。

私自身も、スタッフが出勤しない日はパソコン持ってどこで仕事しても
よいのですが、事務所自体が自分の部屋あるいは書斎のようになっており、
自宅が仕事をしやすい環境かというとそんなこともないことから、
結局出勤して仕事をしております。
やはり職場と家は分けた方が良いというアドバイス
独立した人に多くなされることから、そこであえて仕事をする、
というのも、なかなか集中しづらい人が多いのではないでしょうか。

もっとも家が集中しやすいという人の話も聞きます。
そういう人は、もう家から出なくていいと言って仕事しているようです。
その辺はひとそれぞれですよね。在宅で仕事をする方が
今は世間的にも推奨されている訳で、そっちの方が良いです。

特許事務所によっては、原則在宅で仕事をして納品だけしてください、
という特許事務所もあるようです。勤務しないとつらい人にとっては
そういう職場は合わないでしょうね。

一方、どうしても家にいないといけない、変則的に予定が入る、
というような状況だったりすると、家で仕事する方がありがたい
こともあります。昔いた職場で、部下のチェック担当もあった方は、
午前中は家で集中して仕事して、午後は自分の仕事をしつつ、
チェックなどもやっていたり、というような分担もしている人がいました。
家半分、職場半分くらいが良いなあという人が、肌感覚的には
一番多いような気がするのですがいかがでしょうか。

結論として、今は在宅勤務を推奨されながらも結局出勤している人が、
多いのかなという感触を持っています。
皆さんの職場はどんな感じでしょうか。