弁理士うめざわブログ

特許事務所の弁理士による、特許事務所業界ブログ

こういうのがダメな結婚相談所・仲人

良い結婚相談所・仲人とは何かを考えるとき、
まず共有しなければならない前提がいくつかあります。

選ぶべき結婚相談所・仲人の大前提ですが、基本自分を良く思ってくれる、
高く評価してくれる仲人にしないといけません。
良く思ってくれるというのはちゃんと理解し、共感していることの裏返しです。
人をきちんと理解し共感すれば人は人のことを高く評価します。
そんなに人によって分かれるものかということですが、分かれます。

某〇ーネットのような入会させてしまえばこっちのものという形態のとこは
ともかくとして、IBJやコネクトシップ等連盟系の結婚相談所というのは
成婚こそが至上命題であり、成婚させないと成果になりません。

だからあんた色々選り好みしないでこの人と結婚しなさいよと
押し付けられないかというのが婚活戦士たちの一番の懸念ではないでしょうか。
実際そういう感覚の仲人さんは多いです。

婚活している人ってのは、自分が望む相手と結婚できないから
しているのであって、誰でもよいわけではないのですよね。
そういう押し付けをしてくるならほっといてほしい
と思う人は多いのではないでしょうか。

結婚相談所に対する一番の不安材料は、無理やり説得されて入会し、
それで意に沿わない相手を押し付けられることです。
意外と「自分は誰とも結婚できないかもしれない」
と思っている人は少ないです。
次が、入会させられたが最後、放置されて誰とも会えないというものです。

基本マッチングが順調で、無理やり押し付けられるとかがなければ
結婚相談所サービスそのものに不満ということは少ないと思います。

無理やり押し付けるってのはどういうことかというとその結婚相談所や
仲人さんの体質にもよりますが、基本その会員を下に見ている
ということがありますよね。というと反論する仲人さん多そうですが、
人間ですので、一目置くタイプや反感を持つタイプ、相性が合うタイプ、
苦手なタイプは当然あるでしょう。

ということで、自分に対して好感を持って接してくれる仲人さんを
選んだ方がよいということになります。これは結婚相談所巡りをすれば
なんとなく感じることで、自分も婚活しているときに温度差を感じました。
たまに電話口でもなんか偉そうな人とかいます。特に男性仲人。

仲人のやることってどうしても生活指導の先生的な部分は
出てくるのですが、人に指導注意する場面においてその人の気持ちを
分かるとか共感できる場合共感していない場合はありますよね。
ノウハウがありそれを提供できるにしても、
もうちょっと扱いってあるのではないかって思うこともあります。

あとアドバイスと言っても割と当たり前のことが多かったりしますし、
折り合う折り合わないってのも数こなしてくると
似たような場面の繰り返しになります。
ですのでノウハウがあるとかよりも話を聞ける相手であることが
重要になってきますよね。

何をもって結婚相談所仲人を選ぶかですが、基本会って話をする
ことが大前提ですが、その上でこういう話なんだってことが
伝われば幸いです。