弁理士うめざわブログ

特許事務所の弁理士による、特許事務所業界ブログ

こういうのがダメな結婚相談所・仲人

良い結婚相談所・仲人とは何かを考えるとき、
まず共有しなければならない前提がいくつかあります。

選ぶべき結婚相談所・仲人の大前提ですが、基本自分を良く思ってくれる、
高く評価してくれる仲人にしないといけません。
良く思ってくれるというのはちゃんと理解し、共感していることの裏返しです。
人をきちんと理解し共感すれば人は人のことを高く評価します。
そんなに人によって分かれるものかということですが、分かれます。

某〇ーネットのような入会させてしまえばこっちのものという形態のとこは
ともかくとして、IBJやコネクトシップ等連盟系の結婚相談所というのは
成婚こそが至上命題であり、成婚させないと成果になりません。

だからあんた色々選り好みしないでこの人と結婚しなさいよと
押し付けられないかというのが婚活戦士たちの一番の懸念ではないでしょうか。
実際そういう感覚の仲人さんは多いです。

婚活している人ってのは、自分が望む相手と結婚できないから
しているのであって、誰でもよいわけではないのですよね。
そういう押し付けをしてくるならほっといてほしい
と思う人は多いのではないでしょうか。

結婚相談所に対する一番の不安材料は、無理やり説得されて入会し、
それで意に沿わない相手を押し付けられることです。
意外と「自分は誰とも結婚できないかもしれない」
と思っている人は少ないです。
次が、入会させられたが最後、放置されて誰とも会えないというものです。

基本マッチングが順調で、無理やり押し付けられるとかがなければ
結婚相談所サービスそのものに不満ということは少ないと思います。

無理やり押し付けるってのはどういうことかというとその結婚相談所や
仲人さんの体質にもよりますが、基本その会員を下に見ている
ということがありますよね。というと反論する仲人さん多そうですが、
人間ですので、一目置くタイプや反感を持つタイプ、相性が合うタイプ、
苦手なタイプは当然あるでしょう。

ということで、自分に対して好感を持って接してくれる仲人さんを
選んだ方がよいということになります。これは結婚相談所巡りをすれば
なんとなく感じることで、自分も婚活しているときに温度差を感じました。
たまに電話口でもなんか偉そうな人とかいます。特に男性仲人。

仲人のやることってどうしても生活指導の先生的な部分は
出てくるのですが、人に指導注意する場面においてその人の気持ちを
分かるとか共感できる場合共感していない場合はありますよね。
ノウハウがありそれを提供できるにしても、
もうちょっと扱いってあるのではないかって思うこともあります。

あとアドバイスと言っても割と当たり前のことが多かったりしますし、
折り合う折り合わないってのも数こなしてくると
似たような場面の繰り返しになります。
ですのでノウハウがあるとかよりも話を聞ける相手であることが
重要になってきますよね。

何をもって結婚相談所仲人を選ぶかですが、基本会って話をする
ことが大前提ですが、その上でこういう話なんだってことが
伝われば幸いです。

婚活で多発する出だしクリボー激突リセット現象

最近はマリオみたいなアクションゲームも減ってる気がするのですが、
アクションゲームの出だしでしくじるとリセットしたくなりますよね。

どんなゲームでも同じですが、ステージが進んでいいところでやられた場合、
次の残機で続きをやろうというのが普通ですが、例えばスーパーマリオ
ちゃちゃっちゃっちゃちゃっちゃっ(ウッ)というBGMも鳴りやまない
うちに出てくるクリボーにぶつかってしまった場合どう思うかというと
その場でリセットしてやりたくなりますよねという話です。

特に男性ですが、割としょうもない理由で婚活のお見合いとか
仮交際段階で断られているケース少なくないように思うんですよね。
そして男性からするとその理由ってそんな理由でってケースが
得てして少なくない気がします。

別に序盤でクリボーに激突してもステージ3-1で無限増殖してやれば
いいとか思えますが、そんな話ではないのです。
出だしでしくじるともうおしまい0からになるわけです。

結婚相談所のマッチングサービスってのはダメでも次がおりますし、
次に会う人も大体同じくらいの水準感になります。
出だしでクリボーに激突してしまう人と折り合いをつけるかというと、
基本その場でリセットなのです。

という、まあたとえとして妥当だったかは分からんのですが、
とりあえず出だしというのはとりあえず大事で、
出だしくらいはうまくやれる人がいわゆるモテる人な訳です。
そして人の初対面というのはやることなんてほとんど同じです。
デートの場所だって会話の内容だって使いまわせばよいのですよ。

出だしである程度良しとなれば先まで進みますし、
そこで初めて総合的に見てもらえるわけなのですよね。

ということをなぜかスーパーマリオを見て思い出したので記事にしてみました。

 

婚活、出会いがないのではなく魅力がないだけ

婚活を始めて最初に気付くことは、自分は出会いがなかったのではなく、
出会いたい人に避けられていただけという事実です。
婚活を始めれば自分が出会いたい人は検索した結果の中に存在はしていますが、
その出会いたい人とマッチングすることはありません。

出会いがないという男女に微妙な異性を紹介してみるとよいです。
非常に味わい深い表情を浮かべます。
いや、その程度ならいくらでもいるし、そのクラスなら正直
結婚は別にいいかもと言わんばかりの人は世の中にごまんといます。
独身に異性を紹介するというのは非常に困難なのです。
これはどうしても職業的に仲介する仲人の出番になります。

特に婚活市場において女性がマッチングする男性の多くは、
このクラスは周りに普通にいるよね、という男性ばかりです。
自分の周りにいる異性というのは基本的に自分と釣り合った人ばかりですし、
マッチングは恐ろしいほど厳格に自分と釣り合った人としか成立しません。

自分のスペックの割に無理して高い相手とマッチングしたらどうなるか。
それは逆に相手から見たら自分は見下すレベルということです。

その場合の婚活の感想はネットにあふれています。
相手のアラや短所、突っ込みどころをドヤ顔で語る感想を見かけますよね。
スペックが高いのに余っていてしかも自分レベルと会ってくれる人と会った顛末です。

世の中結局釣り合いな訳で、釣り合うポイントを上げるためには
自分が頑張るしかありません。

そして婚活市場にいる人のほとんどは「高望み」ですので、
常識的なレベルまで要求を引き下げなければならないという
難ゲームが待っています。

婚活が非常に大勢の異性とひたすら会い続ける就活のような苦行になるのは
こういうからくりなのです。

ベースはこういう感じではありますが、皆さん基本結婚したいと思って婚活市場に
いるもの事実です。数当たっていけばそのうちちょうどよい人に引き合ったりします。
自分という割れ鍋にもちゃんと綴じ蓋はあるのです。
努力は必ず報われます。多分。


また、世間で言われる「世の中の平均」というものにあまり信ぴょう性はないのですが、
だからと言って自分の周りの平均が必ずしも一般的であるわけでもありません。
自分の周りというのは自分と釣り合った人の集合であるので、
それは世の中の平均であるとは言い難いからです。

ツイッターなどのネット界には珍獣と思しき人がいますが、
その珍獣が語る世の中の傾向は基本眉唾です。
珍獣の周りに集うのは珍獣ウォッチャーだからです。
そしてそこで成立するカップルは基本割れ鍋に綴じ蓋であり、
なんだかんだでお似合いであるとしか言いようがないよねという組み合わせばかりです。

それはそれでよかったねという感じなのですが、珍獣の目から見える世界は、
それはそれで一般人にとっての世界とは違うかもしれません。
参考になるかもしれないし、参考にならないことも多いですので、
話半分に読んでおくとよいでしょう。

そもそも普通って何なんでしょう。人の数だけ写る世界も異なります。
ある程度自分と世界観を共有する人の意見を見るとよいかもしれません。

ブログとツイッターの両立

数年放置状態になっていたこのブログをどうしたらテコ入れできるのか。
そもそもこのブログはとにかくバズる構成にして
本体サイトのSEO効果の底上げに使おうとして、それは想像以上の成果を収めました。

文章自体は書けば書けると思っていたので、
それからメルマガ配信を始めようとしてそれぞれ書き分けていた時期もあったのですが、
どうしても文体を分けながらかける量というのは限られているらしく、メルマガはついに挫折しました。
とはいえ、いろんな媒体に興味はあり、試しているうちにツイッターにたどり着き、
これを試してみようというのと、ツイッターを介してブログ記事をさらに拡散しよう
ということでツイッターも始めました。

しかしながら上記のように媒体ごとに書き分けというのは難しく、
ツイッターの要領が掴めてツイッターにのめりこんでいくごとに
ブログ記事を書くのがしんどくなっていきます。気が付けば開店休業が年数単位になります。
ブログというのは不思議なもんで、書けば次の記事のアイデアが湧いてくるし、
書かないとだんだん書き方がわからなくなっていくんですよね。

その一方でツイッターも無駄にのめり込んでいくとあまりよいことはなく、
たまにデトックスのような感じでツイッター絶ちをしたりもしました。
ツイート量をバランスさせることが望ましいのですが、
なかなかできずに両極端になります。

ということで、基本今はツイッターは一日一ツイート、もしくはそれに準ずるくらいの量に
抑えることにして、残りはブログ記事にするとちょうど両立できるのではないか、
ということにここ数日思い至り、やってみようと思った次第です。

書きたいことはツイッターではなくブログ記事にします。
そして、以前のようなバズ狙いではなく、発信したい記事中心にしようかと。
昔に比べてバズ狙いネタ自体枯渇してますし、難しくなっていますしね。

とりあえず何事も実験です。

新人スタッフが入所して1か月

前任のスタッフが対処になって本当にどうしようかと思っていた矢先に、
現在の新スタッフが応募してきて、早く入ってきてと言って
年頭から仕事をしてもらい、これで1か月になります。

1か月経過の感想としてはこんなもんだろという感じで、
勤務時間がもっと多いといいなと思いつつ、
まあいろんな事情があるので仕方はないところ。
まあ好青年という感じで、気持ちよく仕事できています。

前任は主婦で弁理士になるつもりのない方だったので、
基本事務特化でやってもらっていたのですが、
今度のスタッフは弁理士試験を受けてゆくゆくは弁理士として
やっていく見通しなので、基本的には私がやっている仕事の
全てをやってもらう方針です。とりあえず今は事務としての採用なので、
事務の仕事を一通りできるようにしてもらっています。
まあ自分自身事務をやっていなかったので、それを振るというのが
自分の中でもしっくりきます。

事務所としては去年の売り上げは正直不振だったので今年は
増やさないとという側面はあるのですが、順番としては
新スタッフのスループットを上げるのが先です。
そこで余力が上がってきたところで、
受任量を増やしていく感じになります。

それにしてもやっぱり人が入ってくるとこちらも仕事に張りは出てきます。
1人でいると色々後回しにしながらだらだらとなりがちです。

また、作業的には自分がやった方が早いというものもあるのですが、
じゃあ自分が高いモチベーションをもってサクサクやるのか
というとそれはそれで疑問なところもあるので、
指示してやらせるのがなんだかんだで仕事としては先に進む感じがあります。

仕事のスタイルとしては人それぞれですが、自分はやっぱりスタッフが
いる方が仕事としては回る感じがあります。