新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

特許申請・商標登録を扱う梅澤国際特許事務所の弁理士による、特許事務所業界ブログ

弁理士試験に合格して人生が変わる人と変わらない人

弁理士試験に受かることでなにかいいことがあるのか?
については色んな議論があるのですが、これははっきり言って
その人の立場によります。まず最初に弁理士試験に受かっても
そんなに人生が変わらない人の例として、

1.大手企業知財部を有し、資格を重視しない会社
2.大手特許事務所でひたすら明細書を書く人
3.資格は取ったとしてもキャリア的に転職のハードルが高い人

こうした人は確かに人生変わらないかもしれないですし、
本人自身もそういうことを言っているケースは少なくありません。
ただそれでも、実際に何の影響もないかというとそんなこともなく、

1.企業の場合、それ単独で昇進の理由にならないとしても、
加点要因には間違いなくなります。その結果昇進したら
人生が変わったことになるでしょう。

2.資格を取ってもその特許事務所にいる限りにおいて、
資格手当が出るだけだとしても、この職業の性質として、
転職を考えることは十分にあります。
実務能力+資格は、実務能力単独より間違いなく価値があります。
転職を考えたくなったときに力を発揮しますし、
その分だけ人事上も多少は考慮せざるを得なくなります。

3.過去のキャリアが低い(文系未経験など)の場合でも、
採用が0ということはありません。条件の悪い就職でも、
どこかに潜り込んで成り上がりたいなら、どこか就職はできます。
0からスタートする意気込みがあるなら資格の価値はあります。

こんな風に、資格の価値が評価されない職場であっても、
ある程度評価も見込みがあるのですから、
それ以外の職場ではもちろん評価は高く、人生が変わることが
あるでしょう。

1.小さめの知財部など、弁理士資格が評価される環境
2.弁理士数が少なく、パートナー参画の可能性が高い特許事務所
3.まだ知財業務についておらず、これから転職をする人

ざっくりいって、小さい職場や、対応する知財レベルが
高くないクライアント業務に対応する場合、弁理士資格は生きてきます。
転職の場合も、経験や年齢が重視されるとはいえ、未経験者の場合、
ないよりはあった方が評価の対象になりやすいことは間違いありません。

私自身は独立している関係上弁理士資格は必須なわけですが、
顧客の知財レベルははっきり言って高くはありません。
基本的にこちらに聞かないと知財的対応については
分かりません、というお客様ばかりです。
こういう環境だと、弁理士資格は専門家としての評価になります。

まわりが実務家ばかりだと明細書の品質チェックとか、
資格以外の評価が強まりますが、世のなか知財の知識がある人
の方が少数派ですので、知財初めてですの多くの人の中では、
弁理士資格は意味を持つことが多いように思います。

そんな風に弁理士資格が生きてくるかどうかは環境次第ですので、
弁理士資格を取得した後は、どんな環境に身を臆かも重要です。
そんな気持ちで弁理士を目指していくのも良いのではないでしょうか。

根拠なき主戦論-ファーストリテイリングの場合

特許の相談を受ける場合、小さい会社からの依頼だと、
基本的には特許出願の依頼がほとんどで、、特許侵害をしていないか
確認をしたいという問い合わせがたまに、という感じです。

ある程度大きい会社から受ける場合は、時々こんな特許が
あるのはけしからんのだけどどう対応したらよいのか、
という問い合わせが入ったりします。
特許侵害に対して、自分の方の責任と考えず、相手方に転嫁するケース。
そう、今回のファーストリテイリングの場合に近いです。

私がお問い合わせを受けたのは、ある程度大きい会社だけど、
特許部はないケースです。この上に特許の部門を持つとなると、
特許出願やスタッフの人件費などのコスト要因が大きくなってきます。

知的財産ってのは基本的にコスト要因なんですね。
ただし、そのコストを支払うことによって事業を保全するというものです。
ファーストリテイリング社の場合は本当に単なるコストとしてしか
考えていなかったようですが、アスタリスク社からすれば
本来の意味での事業保全を図るための駒になったということでしょう。
パテントトロールからの特許訴訟であれば、ユニクロもあまり
叩かれなかったでしょうが、取引があって、コンペがあって、
その前に特許を押さえていた、という経緯がありますので、
風向きはユニクロ側不利になっているように見えます。

ファーストリテイリングは今までパテントトロール的な団体から
特許の争いを持ち込まれたことがないのでしょうか。という印象を受けます。
特許訴訟で過去に敗北して会社を傾けるほど多額の損失の出した特許
というのは得てしてしょぼい特許です。完全につぶしきれるのでなければ
早期和解を勝ち取るのが妥当であり、今回のように下請けが、という
対応になってしまうとマスコミ沙汰になったときに、悪者扱いになります。

ファーストリテイリング社の知財部の状況を察すると、おそらくかわいそうな
状況がありまして、経営者から「こんな特許に折れなければならんとは
けしからん、なんとかならないのか」というお達しがあったに違いありません。

権利行使を受けて、無効資料を探すのは常套手段ですが、
請求項3がつぶしきるかどうか分からない、となったときに、
訴訟に至る前に水面下で、ほとんどの知財部は決着するように思います。
特に今回は相手方が主戦論に気乗りではなかったわけなので。

企業知財というのは知財だけ整えても仕方がないのですよね。
会社全体として知財に対するコンセンサスを得る必要があります。
発明が出てきたら発掘する、今回のように大々的にアピールするシステムの
場合にはクリアランスも行う。そして、押す引くの判断にも敬意を払う。
今回は増して向こうから特許出願しています、と言っている訳ですから。

最終的には和解、ライセンス料支払いで決着するでしょうけど、
こういうのは早めに決着しないと支払額は大きく跳ね上がる訳です。
知財側のアドバイスに経営者が耳を傾けるためには、
たまにはこういう痛い経験も必要なんだと思います。
大体の大手企業は多かれ少なかれ、痛い経験をして
知財の体制を整えるに至っています。
それ考えるとファーストリテイリングは安い金額で
いい経験をしたのではないでしょうか。

ユニクロ・セルフレジ特許訴訟

上記の内容がトレンドになってきましたので、ちょっと記事を書いてみます。

訴訟の経緯はここにかいてあるようなので、抜粋してみると、

diamond.jp

ユニクロにセルフレジ、設置されていますよね。
これを一時取引関係があった株式会社アスタリスクという会社が
特許を保有していて、製品もコンペに出したところ、
他社製品を採用されてしまったという経緯があるようです。
特許出願中であることは告げていたようです。

特許は成立し、ユニクロはセルフレジを継続、
特許侵害訴訟に踏み切ると一方で、ユニクロ側は特許無効審判を提起した、
という流れです。

該当する特許はこちらです。

メンテナンス情報 (Maintenance information) | J-PlatPat/AIPN

【特許請求の範囲】
【請求項1】
物品に付されたRFタグから情報を読み取る据置式の読取装置であって、
前記RFタグと交信するための電波を放射するアンテナと、
前記アンテナを収容し、前記物品を囲み、該物品よりも広い開口が上向きに形成されたシールド部と、
を備え、
前記シールド部が上向きに開口した状態で、前記RFタグから情報を読み取ることを特徴とする読取装置。
【請求項2】
前記アンテナよりも前記開口側に配されて、前記物品が載置される載置部を備えた請求項1に記載の読取装置。
【請求項3】
前記シールド部は、
前記電波を吸収する電波吸収層と、
前記電波吸収層の外側に形成され、前記電波を反射させる電波反射層と、
を備えることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の読取装置。


請求項1と2が無効になって、請求項3が残ったようです。

特許そのものや訴訟の経緯よりも、ユニクロという会社の内情について
公開情報から調べてみます。

まずjplatpatで「ファーストリテイリング」で検索してみます。
特許・実用新案の合計で31件です。会社の規模を考えると少ないですね。
2014年から急に特許出願件数を伸ばし始めたようです。

弁理士数を調べてみたところ、弁理士は2人です。なお1人は知っています。
対応に追われて大変ですね。


話を戻しますが、ざっと見て、権利範囲が広く、
それでいてクレーム数が4(請求項4はシステムクレームなので省きました)
と少ないので、無効審判でつぶせると判断したのでしょうか。

最終的に当初より求めてきたライセンス料の支払いで妥結すると思われます。
ただ、気になるのが、


記事中、

しかし、ファストリ側には「この特許は金を払うに値しない」と一蹴されたという。

とある点です。

こういうありきたりな権利範囲の特許について、こういうことを言う事業者、
多いんですよ。

こんな当たり前の話に特許料なんか支払いたくない、こう言うんです。

そういう形で相談を受けたことは独立してからいくつかありますが、
その話をまとめて思い返すと、特許制度に対する敬意がない感じがあるのです。
こんなのあたりまえだから、何とか特許を使用しないようにできないか、
こういう話です。異議申し立てや無効審判をかけるならまだいい方で、
そんなことにお金を払いたくない、という話になることも多いです。

無効資料を探すのは良いですが、完全につぶしきれない時点で
もうちょっと対応というものがある感じがありますが、
会社の上下関係を垣間見て、そこも含めて微妙な印象があります。

クレジットカードの利用履歴情報から結婚相手候補を提示する婚活特許

なんかいいネタ特許ないかなと探していたところ、表題の特許を発見しました。
内容としては、クレジットカードの利用履歴情報をもとに、
結婚相手(婚活)の候補を提示するという生々しい特許です。

特許権者】三井住友カード株式会社
【発明の名称】マッチングシステム、マッチング方法及び結婚情報提供システム
【特許番号】特許第6242457号

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/PU/JP-6242457/6E89D93B1A6716CE03AA6A9712C40278D49F68042BB65A20116188CC0292A92F/15/ja

結婚相手を選ぶときに、金銭感覚が一致しているかというのは大事なことです。
が、具体的にそれを精査するってのは生々しい感じがしますね。
その具体的な明細書の内容を見ていくことにします。

【0021】
図3に示す例では、利用額の高い業種から順に「旅行」、「飲食」、「携帯電話料金」、「電気料金」、「映画・演劇」、「オンラインショッピング」、「ガス料金」となっている。この場合において、業種抽出部120は、結婚情報提供希望者の趣味・嗜好に関係する業種として「旅行」、「飲食」、「映画・演劇」を抽出する。


(解説)ちょっと旅行に行きすぎですが、その割にオンラインショッピングの額が
電気料金よりも少ないです。AMAZONをあまり使わないのでしょう。
とともに、特許明細書の書き手の年齢が何となく推察されますね。


【0023】
図4において、マッチング対象者として、マッチング対象者A、B、C、Dの4名が示されており、各々に関して、業種抽出部120により、
マッチング対象者Aは業種「旅行」、「家電製品」、「高速道路料金」、
マッチング対象者Bは業種「飲食」、「旅行」、「スポーツ施設」、
マッチング対象者Cは業種「高速道路料金」、「旅行」、「理容」、
マッチング対象者Dは業種「家電製品」、「ファッション(衣服)」、「映画・演劇」が、
利用額の高い業種として抽出されている。


(解説)ファッション(衣服)がDさんになって初めて登場しました。
洋服に無頓着な世界観がただよってきています。


この特許の困るのが、多分クレジットカードの利用額で一番多いのって、
ネット通販関係なのですが、明細にはAMAZONとかマツキヨとか、
会社名だけ出てきてその内訳が不明な点なのですよね。

この辺考えていくと、クレカよりもAMAZONとかの方が
嗜好情報を把握してそうなので、婚活により活用されて行きそうな匂いがしますね。
うっかりアダルトDVDを買おうものなら、性的思考まで把握され、
女優と婚活対象者の顔及び体型をマッチングさせるなどの
余計なお世話すら可能な未来が予測されます。

ちなみに最近の結婚相談所のデータベース、AIなんかも導入して、
本人の嗜好に合わせた相手を候補として提示したりするみたいです。

想像していくほどにキッツいなあという未来が想像されますが、
未来が来てしまうとそんなもんかというものかもしれません。

弁理士試験の講座もこれからはオンラインシフトが進んでいくのか

新型コロナウイルスが蔓延している中、まだまだ外出ははばかられながらも
弁理士試験の日程は延期はされましたが着々と迫ってきています。
さてそんな中弁理士試験を受けるには何をしたらよいか、となると、
どこかの講座に通うのが王道であり、現在はLECが最も主流、
という傾向が見て取れます。

その一方でいろんな学習環境において、現在はオンライン講座
というものが増えてきております。非常に安い価格で講座を
受講することができ、しかも受講の時間帯もフレキシブルです。

忙しく、お金の余裕なども考えると、非常に魅力的です。
例えば英会話なんかではかなり普及してきていますし、
オンライン学習塾、オンラインビジネススクール
確認しているだけでもこの辺ですでに普及してきているように思います。

さてそんな中、弁理士試験も資格スクエアなどオンライン講座が
増えてきているように思います。

私は講座に通う中で勉強をしてきた世代なので、この辺の動きは
あまりピンとは来ないのですが、仕事の後眠い中で講義を聞くよりは、
ある程度家で疲れを取りつつ勉強するほうが効率的な気はします。
往復の移動時間もありますし、特に初学者だと本当に合格までたどり
つくのかという不安がありながらの勉強開始になりますので、
そこまでお金を使うのに躊躇がある面があります。

そういう人は以前は独学で開始したものであり、
私も独学だったのですが、新たな選択肢が出てきたようです。
独学は効率が悪いので、比較的安価に教わる環境があるなら
それは有力な選択肢かもしれない気がします。

先日受験し始めの人たちとの懇親会をZOOMでやったところ、
時間とお金がない・・・という中、非常に魅力的な選択肢として
映っていたようであり、もうそういう時代かあと思いました。

もっとも今はLECに通うのが圧倒的主流であり、まだまだ、
と思うかもしれませんが、代々木塾が分裂した当初、
代々木塾とプログレッジとどちらが生き残るのかと
言われており、LECの台頭は正直言ってまさかという状況でした。
またTACにしても弁理士試験とは関係ない時代でした。

世の中の動きというのはあるタイミングで一気に変わります。
そもそも代々木塾以前はダルニーが業界の主流であり、
世の中というのは常に変遷していくものです。

そういう時代なので、私も動画で勉強したり、
大分おろそかになったyoutube動画を撮ったり、ということも
必要かもしれないなあなんてことを思っています。

これからの動きは分かりませんが、世の中の傾向と合わせて、
こちらも見ていきたいなあと思っています。