新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

特許事務所のお局特許事務とは

お局様という言葉が使われるようになって久しいですが、
近年の雇用情勢の変化からか、徐々に減っていっているという
話も聞くことはあります。ただ完全にいないかというと
そんなこともなく、職場によっては隠然とその力を
発揮するような方を見かけることもあります。

特許事務所においてそのような方がいるとすれば、
それはおそらく特許事務であり、まあたしかにこれは
お局であるなあと見受けられている例を存じております。

お局特許事務というのは、往々にしてその特許事務所で
権限を持つ程度に能力を持っている方が
その地位に至ることが多いです。
実際のところ特許事務所の業務については
品質どうこう以上にミスをしてはならないという重要性があり、
その責任を一手に引き受けるのは弁理士ではなく
特許事務であることから、ピリピリしてくるのは
仕方ない部分があります。

多くの特許事務の方は、その気持ちを抑えながら、
その高い能力を発揮しているのですが、
たまにヒステリー全開で特許事務所を地獄に
落とす方もたまに観測されます。
しかしながら、業務の要を抑えているお局様を
怒らせてしまっては業務の滞りで済めば御の字で、
困った事態に陥ることもあります。
そのご機嫌を損ねないように業務を運ばなければ
ならない職場の方も少なくはないでしょう。

まああまり具体的な話をしすぎるのも何かと微妙ですから、
そういう人もいるねという程度の話にとどめることにします。