新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

弁理士が独立開業してかかる経費と売上の目安

自分の年収をこれくらいもらうには、
どのくらい稼ぐ必要があるか、というときに一般的に
年収の3倍とか言ったりしますよね。
勤務しているときは、その辺の数字を目安に
案件をこなしていくのですが、実際どのくらい
売上ないと生活できないのか見当もつきません。

例えば勤めていた時は売り上げは2000万円でした、
として、独立してただちにそんなに売り上げる
というのはかなり難しい気がします。

顧客をもって独立するのでなければ、
最初は0からなので、売上の目安も何も
あったものではないのですが、
どのくらい売り上げられれば生活できるのかと
そんなことは思ったりしていました。

まあ正直弁理士業務の経費の内訳というのは、
人件費と家賃の比率が非常に大きいです。
人雇わないなら家賃だけになります。
自宅開業であれば、家賃も0になりえます。

人件費と家賃を引いた他の経費はと言っても、
実際のところ微々たるもんです。
事務用品も案件処理しなければ消耗しませんし、
売り上げていないのに、支出を増やすのは
気も引けてきます。

人件費と事務所家賃を0としたら、どれくらい
売り上げが有れば最低限の生活ができるかというと、
正直300万円もあれば生活できてしまうでしょう。
これは年間の数字です。自分は都心でスタートしたので、
これよりは多くなりますけど。

年間売り上げ300万円と言う場合、多分外注が半分くらい
になるのではないかと思われます。
実際のとこ150万円がお客様からの売り上げになりますね。

さらに細分化すると、半分が特許、半分が商標その他になります。
特許の出願費用を25万円としたら、年間3件。
大体そんな感じかなあと。

あとは商標を5-6件と、イレギュラー系、権利の移転とか、
外国周り、調査、警告書、その辺の仕事が謎に入ってきたりします。
それで残り半分ですね。

立ち上げ初年度の数字はそんな感じが目安になると思います。

特許を年3件なら、いろんなやり方が出てきますけど、
1人事務所弁理士とたくさん仲良くなっておくと良いです。
仕事ください、仕事ください、と言ってれば誰かくれます。
自分も専門外の仕事は人に振ったりしています。

両手で数えられるくらいの件数なら、多分それが
手っ取り早いでしょう。その中で、そのうち外注業務の
誘いもたくさん出てきます。

商標専業の独立が苦しいのは、特許と商標を組み合わせて
売上を集めるという技が使えないことと、
開業当初の外注業務が見つかりにくい点です。

ですので、独立をすると決めたら、弁理士の集まりに片っ端から
参加するのが良いと思います。そこで事務所を開いている人に
あったら、片っ端から独立の相談をするのです。
いろんな話をしてもらえるでしょうし、
親しくなって仕事を回してもらえる人もいるかもしれません。

まあそれで良いのかと言えば微妙なので、
別の戦略も練っておいた方が良いでしょう。
独立してから新しいことって案外思いつきません。

だから、独立は準備期間が重要なのです。
やっぱり1年くらいは色んな用意をしたほうが良いと思います。
最初は仕事入ってきませんが、1人暮らしなら生活費は
案外何とかなります。結婚しているとまあそれなりに大変そうですが。
けど結婚している人の方が思い切って独立している感じはします。
まあ奥さんが勤めてたりすれば違う選択肢もありますし。

弁理士の独立は支出を抑えようとすれば、
それはそれで可能ですので、そういう数字の話を書いてみました。

新宿アイランドタワーのサイトに弊所がようやく掲載

先日の記事にも書きましたが、
当特許事務所が入居している新宿アイランドタワーには、
独立したウェブサイトがあります。
といっても44階建てのすべての事務所を
対象としたものではなく、下層階のみです。
それが新宿アイランドit'sというところです。

地下は飲食、1階は売店と喫茶店、
2階は郵便局などサービス施設です。
弊所はサービス施設と言う位置づけで入居しました。
これらの施設を案内するウェブサイトとなります。
ここにようやく掲載となりました。

http://www.shinjuku-i-land.jp/category/floorguide/2f/

画像は撮ったのをそのまま渡しましたが、
でかいまま載ってしまったので縮小して渡せばよかったです。

先日店長会と言うのがあったので行ってきたのですが、
商業施設ということで、集客に関するデータを色々
集計しています。通常見ることのない資料なので
興味深いのですが、やはりここは基本土日が少ないのですね。

売上に関するデータの他、サイトのアクセス数も集計されます。
弊所のページにどれくらいアクセスがあるのか興味深いです。

飲食店についても、チェーン店の数字が低く、
非チェーンの独自の店舗のアクセスが多いようです。
数字を見るとムフタールドパリというお店の数字が
圧倒的なのですが、見るといつも行列しています。

やっぱり場所間違えたのではというくらい
人も場所も華やかだなと思うのですが、
色々探検してみたいと思います。

任天堂法務部最強伝説は嘘

任天堂 対 コロプラ知財紛争に関連して、
任天堂法務部最強伝説、なるものが取り上げられています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00007425-bengocom-soci

まあこれに関してまず言いたいことは、
これは法務部ではないのでは、と言う話です。上記記事によると、

「まず、「任天堂法務部」は実在するのか。任天堂への取材によると、
現在法務を担当する部署は複数あり・・・」

となっています。多分法務部と言うのは、ないのでしょう。

一方で、知的財産部があることが確認されています。
https://www.nintendo.co.jp/jobs/interview/2012/hayashi.html

ここで取り上げられている紛争は全て知財紛争なので、
知的財産部が関係している仕事のはずです。
なので、最強伝説があるとすれば知財部なのでしょう。

一般の人に「法務が強い」と認識されているのは、
知的財産関連の認知度が低いのだなあということが
思い起こされます。


というのが1つ目ですが、「最強伝説」というと戦ったら
負けなしという印象があるのですが、知財紛争というのは
通常は訴訟になりません。
訴訟になったら常に勝っている、とするならば、
訴える側としては、勝てる戦のみ選ぶ、
訴えられる側としては、負けそうなものは早期和解を図る、
という戦術を取っていることが想定されます。

訴訟になっているのは、数多くある知財紛争の中の
ごく一部なので、そこでのみ全勝している、
というのが最強と言うのは疑問です。
和解段階で不利な交渉をしているものもあるでしょう。

不利を覚悟でそれでも戦う、という訴訟も世の中には
結構ありますが、任天堂はそういう訴訟は
やっていないのでしょう。

あと米国の判例でなんかあったような気がするのですが、
調べるのが面倒なので調べてません。
米国はいきなり訴訟したりするので、
中には負けている訴訟もありそうな気がします。
誰か調べてください。

ちょっと煽り気味に記事を書いてみました。

2月14日新宿アイランドタワーでLOVEチョコレート配布イベント

弊所が入っているのはよく大手事務所が入っている
事務所型のテナントではなく店舗エリアに入っています。
そのため、その一連の店舗を管理している商店街
のようなものに加入することになりました。
それが新宿アイランドit'sというところで、
独立してサイトも用意されています。
http://www.shinjuku-i-land.jp/index.php

ここで2/14はバレンタインデーなのと、
やはり新宿アイランドタワーと言えばLOVEのオブジェなので、
それをモチーフにしたキットカットチョコレートの配布
イベントをやるということで、販促品として、
アイランドitsの方から頂きました。
それが写真のものになります。

販促品なので、来て頂ければもちろん差し上げますが、
まあこういう業態なので、なんかそういうのに
馴染まないというか、そもそも2/14は相談の依頼が
特に入っておりません。お越しいただければ差し上げますが。

地下から、弊所のある2階までの店舗のどこかで
何か買えばもらえるということになっています。

あとは誰も来れないと思いますが、12時ごろに
スーパードッグ&スーパーモンキーサーカス 開催♪
というイベントもやるそうです。
地下にパティオ、中庭があるので、月に1回程度
こういう感じのイベントをやっています。
屋外なのでまだ寒いのですが。

とりあえずこういうところですという紹介になります。

f:id:patintl:20180213205123j:plain

第27回「独立系弁理士の集い」+ブログアクセス数90万pv突破

第27回「独立系弁理士の集い」が、
平成30年2月22日(木) 18:30頃~
の開催となります。

http://iwapat.sblo.jp/article/182265478.html
http://iwapat.sblo.jp/article/182369574.html

ステーキそよかぜがなくなったので、次はどこになるのか。
新宿ということは決まっているようです。

ブログでの告知は前回に続いて2度目です。
自分は毎回直前に申し込んでいたのですが、
期末時期というのもあるのか、出足が低調なようなので、
早めに申し込んでここでも告知することにしました。

弁理士の独立開業にまつわる諸々の雑談をする場です。


というのが前半のネタで、後半のネタはアクセス数です。

過去のアクセス数のときは特段取り上げていなかったのだから、
100万まで待ってから告知すれば?という気もしたのですが、
ほかのブログでそういう記事をたまたま見てしまったので、
ちょっと張り合って載せてみることにしました。

数字ははてなカウンターによるものです。
アナリティクスも入れてはいるのですが、ほぼ放置状態なのと、
入れたのがブログ設置より後で、過去のデータは逐次消えてしまう
ようなので、はてなの数字を目安にしています。
まあ他にもいろんな指標はありますが、pvが一番馴染みやすいです。

ブログ始めて4年半なので、年平均だと20万pvですか。
365日で平均をとると、550pvあたりとなるので、
まあそんなもんかと言う感じです。
最初の頃とか、中だるみの頃はアクセス数が低かったので、
長期で平均をとるとそんなもんです。
今も倦怠期に来ているので、テコ入れをしないといけません。

ブログを長く続ける場合、ある程度内容がパターン化されます。
適切なネタがないときは、定型スタイルに沿って書いていきます。
ネタがあるときはそれを書きますが、そうでないことも多いです。
書きたいこと話したいこと、というのは、
長期的にはネタ切れするのですね。
ブログを始める場合、「何を定期的に書くか」という
枠組みを作っておくと長く続くと思います。

しかしあと半年でブログも5年なので、長く続いたなと思います。
過去にもブログをやったことがあるのですが、
それを踏まえて「長く続ける」「ある程度のアクセスを集める」
ためにはどうするか、という構想を作ってから始めました。
構想・構成も結構な重要な要素かなと思います。