新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

知財のキャリアパスって本当に難しい

この年になって、弁理士の仕事をやはり選択していたとしても、
どんなキャリアパスをとるのが自分にとって一番良かったか、
と言うのは今振り返っても本当によく分かりません。
ないものねだりばかりしてしまいますが、
それが結局良かったかも、後にならないと分かりません。

最初はとっつきやすい仕事から入って、必要以上に下積み感の
強くない状態で経験を積み、ある程度勘所が
見えてきたところで、徐々に負荷を上げていくのが良いとは思っています。
ではどんなキャリアパスをとるべきだったのか。
その進路と言うのはケースバイケースですので、今考えてもよく分かりません。

明細書を書く能力と言うのもある程度のところからは本人の
基礎的な能力に左右されるので、20年書いた方が偉い、というような
ことはあまりないと思うのです。いろんな技術、いろんな経験に
触れる機会があった方が視野は広くなると思いますが、
実際のところ視野が広いのが良いかと言うのも疑問になってきました。

本当に不遇な環境にいる人にとっては、もう少し広い視野を持って、
いい環境を模索した方が良いと思いますが、この仕事って
狭く深く掘り下げる方が優秀な傾向もある気もするのですね。
自分は昔、みんなもっと広く世界を知った方が良いのに、
と思っていたのですが、いろんなことを知ったところで、
人生の選択の数は限られます。適当に貧乏くじを
引いたとしてもそこでこつこつやった方が最終的に得られるものは
多いということもあると思います。
あとまああんまりおいしい話と言うのもないですよね。
美味しい思いをしてそうな人ってなんだんかんだ力があります。
人は見てますので、うまみのある世界も結局平準化されます。

自分なんかは独立開業してもう結構年数もたちましたが、
世間の人は自分をどう思っているのだろうかと言うのがあります。
独立したときはこの道しかないと思いましたが、正直勤めの方が
良かったなと言う感想は持っています。

独立して数年してから業界の人手不足の波が来たのですよね。
あんまり暗い顔をして働いている人を見かけなくなりました。
そりが合わない職場はやめて新天地でいい顔をしているのですね。

悪戦苦闘している自分の方が暗い顔をして仕事しています。
隣の芝は青いと言いますが、5年もすると自分の足元が見えてきます。

まあお金を追うより自分が楽しいと思えるのは何か、
と言う方が大事のように思います。楽しいならどんどんやれるし、
貢献度も高くなりますから最終的には評価になりますよね。
しかし忙しすぎても楽しくなくなりますし、バランスも大事です。
経験を積むって言っても、知ってしまったら何だってことも多いです。

自分のメンタルや好奇心と相談してってことになりますね。
うまくやっている人は上手にバランスとっていてすごいなあと思います。

知財戦略と言うのは基本はいい特許を取るということ

 

知財戦略という言葉が氾濫し始めて久しいですが、その意味するところは
人によってまちまちであるように思います。
戦略と言っても、その会社がどれくらい知財について体制を整えているか、
によって、その取るべき戦略も大きく変わってきます。

ある事業について特許的な優位性にある会社だったら、どういう
事業戦略にするかと言う話になるでしょう。
自社独占の技術と言うことであれば、今後も他社の参入を
阻む方向もあるでしょうし、または後発も許容しながら
マーケットそのものを大きくする戦略もあると思います。
こういうのを例えばオープンクローズ戦略とか、
標準化戦略とか言うと思うのですが、それって知財強者と
なった会社がすることだと思います。そしてそれは知財戦略
というよりは、事業化戦略の一環としてピースの1つとして
知財を使うということなのでしょう。googleapple
知財戦略を持っていると思いますが、知財メインではないと思います。

ただまあこれも知財において優位性を持っている会社のこと
であり、また、知財が優位にあるということは事業開発が
既に先行しているということも、ある程度連動します。
知財戦略という言葉からイメージされるのは強者がさらに
強者になるような戦略を想起させます。

ただ実際は事業面も知財面も弱い会社の方が圧倒的に多数派
なのではないでしょうか。そういう会社の知財戦略、
というのは結局のところ良い特許を取っていくことになります。
いい特許を取れていない状態を、いい特許を取れた状態
にしていくことが課題となっている会社が多いのではないでしょうか。

しかし特許を取ることが課題となっているのは、得てして
開発主導でない事業であることも多いように感じます。
よくよく聞いてみると、特許ネタがないなんてことがあり、
そこでひねり出すことは、知財の体制を強化することには
なりますが、いい特許が出てくる確率は低い感じはあります。

いい特許と言うのは、商品開発ががあって、事業の構想があって、
その中で新規の着想の中から押えていきたい部分というのが
見えてきた中で、基本特許になっていくものだと思います。
事業のアイデアが良くできているときは、自然にどんな特許を
取ろうかと言う話に自然となっていくのではないでしょうか。

発明と言うのもどの段階で出していくのかと言うのも悩ましい部分があって、
特許と言うのはこういうものと言うのを分かっている人が
着想の初期段階で特許にするというのは有効だと思いますが、
そうでない人が着想すると、ただ願望だけが出てくる状態に
なってしまいますよね。それっていわゆる実施化がない状態
になりますので、発明としては完成していないのです。
特許をいくつも出しているエンジニアなら、シミュレーションでも
実施化までやってしまうのですが、そうでない多くの方は
思いついたけど実装は実装してみないと分からない、
と言う段階でアイデアを出してきたりします。
イデア出しと言うのも、そこを萎えさせてはいけないのですが、
発明はどうしても実施化が大事ですから、そこを思いもつかない
形でのアイデア出しになってしまうのってどうしても厳しいのです。

まあ知財で大事なのは特許を取ること、なのですが、特許になる段階まで
事業的開発的に着想を煮詰める、この着想構想をうまく作り出す
仕組みとかリズムのようなものが体制づくりに大事なように思います。

まあこんなこと言ってうちのお客さんはもっと小さいところばかりなのですが、
何を考えてもらったら特許ネタに導けるのかと言うのは悩ましいです。
ただ、できる人は最初からドキュメンテーションが得意なので、
イデア出しと言うよりも、ドキュメンテーションのサポート
みたいなものの方が実は有用だったりするのかなと言う気がします。
イデアパワポで具体化して説明できる段階は最低限必要なのです。
ここで効果を強調しがちなのですが、そうではなくて仕様なのですよね。
重要な発明は自然と特許を取る流れになっているような気もしますので、
特許戦略ってのは周辺特許の話なのかななんて気もします。

 

優秀な人材なら欲しいという特許事務所の求人は依然として多い

現在景気が良いのか良くないのか、については、自分の状況からは
うかがい知れないので、周りの状況から知っていくしかありませんが、
求人だけ見てると依然としてたくさんの求人があるのです。

ただし、ここの特許事務所、常時出しているよね、と言うところに
勤める友人に聞いてみると、誰でも採用する訳ではなく、
ある程度厳選して、優秀な人材なら採用したいという求人、
と申しておりました。

もちろん採用なので、誰でもよいということはないのですが、
自分が引っ掛かるかと言うことは重要です。
その水準と言うのはある意味微妙な水準になるはずです。
普通の人は大体、何かが足りないものです。

人手が足りないとき、というのは、そういう部分に目をつぶってでも、
人手不足を解消するために採用していくものですが、
そうでない強気の採用を万年掲載している特許事務所も
少なくないようです。

ただその辺も特許事務所によりますので、採用基準が厳しくないはず、
という特許事務所に着目して採用状況を見てみるのも
全体が分かるかもしれないです。
まあ上記を割り引くと、求人そのものは多いですが、
採用数は減っているような印象を私自身は持っています。

やっぱりこれから景気は悪くなっていくのかなと思うと
非常に心が重く、どう生き延びていくのか、と言うことが
この先大事になってくるように思います。

特許・知的財産・弁理士業界の景気は再び悪くなってきているという噂

特許の仕事全体としては、ずっと減少傾向にあると言われています。
それでも一時期仕事の方が多かったというのは、それ以上に業界への
人材の流入が細っていたからだという認識を持っています。
商標なんかは、逆に仕事全体としては増えていると思われますが、
こちらは競争が激しいので、価格競争はますます激化しています。

まあ全体として特許の景気は良いのかなと思っていました。
人ごとのようなのは、自分のとこは市場が特殊なので、
景気の良しあしは自分の状況に左右されるのです。
まあ自分が至らないと、景気が悪い訳です。

で、サンプル数は少ないのですが、実際どうなのと人に聞いたところ、
ずっと採用に困っていた某特許事務所では人員が十分になり、
仕事の量もあまり多くはなくなったということを言っていました。

10月以降消費税増税後は一般は景気が落ち込んだという話
を聞いていたのですが、特許業界が上記事情から、
需要はそもそも下り坂であり、それでも景気は良い、という
話だと思っていたので、この業界も厳しくなりつつあるか、
と言う風に思いました。

就職氷河期なんかもそうでしたが、景気がいいときこの業界に
人は来ないのです。景気が悪くなって、人が余るとなぜか
人が来るのです。知的財産は長期的な展望に沿って
予算を割り当てますので、比較的景気の変動は受けにくいです。
そこを当て込んで、よそに仕事がないからこの業界に入ってきます。
リーマンショック後はそんな感じでした。

そうはいっても依頼人の景気が悪ければ出願件数は減りますし、
そこで業界全体の供給能力が増えれば過当競争になります。
株価は保っているので、極端な落ち込みもないかとは思われますが、
オリンピック後、と言うことはしばしばいわれていますし、
じりじり悪くなっていくことは避けられないのかなと思います。

うちは忙しいし、人も足りないよと言う意見もあると思いますが、
それはリーマンショックの頃ですらそういう意見はありました。
まあパテントサロン見る限り、まだまだ求人は多いのかな、
とは思いますが、リーマンショック期もそれなりにあった気はします。

「いい人材なら欲しい」と言う求人は常に出ているのですよね。
なので熟練経験者、若い高スペックにとってはどこ吹く風だと思いますが、
人の話を聞く限り不安な感じは出てきます。
まあ自分がしっかりしていればどうということはないですが。

忙しいというのにはいろんな種類がある

 

忙しいというと、大変そうだとか、儲かってますねとか、
あとは忙しい自慢ですねとかいろんな声が出てくるのですが、
そもそもその忙しいというのは色んな種類があるように思います。

1つは業務がかなり入ってきてさばくのに忙しいという場合です。
大体こういう意味にとってくる人が多いのですが、
確かにこういう場合、経営は順調、勤務しているばあいだと
周りから認められて仕事が順調で、というニュアンスに取られます。

ただこういう時って忙しくて大変とは言わないと思うのですよね。
まあ本人が自慢の意味で言うことはあるでしょうが、
忙しいけど充実、という忙しいでしょうし、
やりたいことをやって一日が終わる、というのは充実であり、
少なくとも大変な状態ではないと思います。

では忙しくて大変というのはどういう状態かと言うと、
正直自分としては困ったものに取り囲まれて身動き取れない
状態の時に言うのかなと思います。
差し込み業務をやる時間は、案件によってなくはないのかな、
とも思えるのですが、目の前の重要業務を前にして
身動きが取れなかったりします。

その重要業務がやりたいことであれば充実の時間になるのですが、
要するに雑務であり、事後処理であり、尻ぬぐいであり、
その他もろもろの見るのも嫌な業務であるとともに、
一体どうしたらよいのかと途方に暮れる業務群だったりします。
-50点を-15点くらいにする仕事で、少なくとも0にはできない、
と言う性質のものだと、少なくとも最適解は選びたい、
と言うことで余計に神経を使います。
もうこれ以上は地雷を踏みたくない気持ちでいっぱいです。

そういうのがいくつもあったりするのが経営だったりしそうですが、
そうなると他のことを考えられなくなるのですよね。
自分にとって忙しいってそういう状況のように思えます。

なんか、楽しい状況じゃないので、たまにブログ書いてもこういう
愚痴っぽい状況になり、良くないなあと思います。