読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ


written by 梅澤国際特許事務所の弁理士うめざわ お問い合わせはこちら 

  国内業務    意匠登録出願  新宿で商標登録出願 

  外国特許関連  PCT出願の流れと費用  外国特許出願の費用削減  外国出願助成金

PCT出願(国際特許出願)について記事をまとめました

www.umepat.com

知財業務というのは、何かと依頼人の方に誤解されやすい
ものが多いのですが、その中でも一番はやはり
PCT出願なのではないかと思います。

弊所のサイトでは、お客様と面談をして理解の齟齬が
あった内容については極力アップデートをして、
ネット記事を見れば大体わかるようには作っています。
が、国際特許出願という考え方が、そもそものところで、
世界特許といった考え方をされている方が多いことから、
なかなかその辺の誤解を解くのに時間がかかります。

そしてまた手続きの流れも分かりにくいのです。
もちろん通常の特許出願の流れだって大体混乱されます。
審査請求制度というのがあまりしっくりくる制度ではないのです。
米国特許のように出願直ちに審査、の方が理解しやすいのです。

それでも特許制度についてはそれなりに分かりやすい
サイトも多いですので、調べる意欲があればまあ大体
理解することは難しくありません。
しかしPCT出願については、教科書的な流れをベースに解説
されているものがほとんどです。PCTルート、パリルート、
という解説はなかなか頭にすんなり入ってこないでしょう。
何がどう違うのかわからないと思います。

そういう観点から情報をつぎはぎで足していったのですが、
網羅性を高めれば高めるほど却ってわかりづらくなるのですね。
フローにするのもなじみにくい感じがします。
一体いかがしたらよいものやら。

 

追記:ブログのデザインを変えてみました。適当に設定してそのままだったのですが、ある程度cssとか覚えていった方がいいのかなあと思い、試行錯誤中です。

これからの弁理士は年収が上がっていかない

さあ、短答試験も終わっていよいよ論文試験に向かう中、
気持ちをくじくような記事がさっそく来ましたよ。
まあでも皆さん、なんとなくそんな気はしていますよね。

弁理士・特許技術者は人材が取れないとあちこちから
声がかかってきています。求人事情は応募者側すると
好ましい状況にあるといえるでしょう。
しかし応募者サイドから見るとどれも似たり寄ったりですよね。
皆さんにとって関心があるのは、入った後待遇は上がっていくの?
というその一点だと思われます。そしてその先行きは暗いです。

もちろん実力主義ですから、ものすごく実力のある人は別です。
ものすごく素晴らしい明細書を、非常に効率的に書けて、
顧客の意向を見事にくみ取るようなすばらしい弁理士
どんどん待遇が上がっていくでしょうね。
しかし、皆さんはそのような素晴らしい人材なのでしょうか?
試験に受かっただけではただの人ですよ。

まあ大方の弁理士試験合格者は平凡な方だと思います。
平凡というのは、有名大学を出て、温厚従順に与えられた職務に忠実で、
弁理士試験に受かる学力相応の技術理解力と、英語力がある、
そういう意味です。この辺はまあ当然ですよね。
文系弁理士の方であればTOEIC 800点くらいがスタートラインです。

もちろん、この水準に満たなくても就職はできます。
そもそも弁理士資格というのは、ドロップアウトのための
救済資格ですから、このままだと食えなくなる可能性が高かったところ、
弁理士資格を得て就職したおかげで、多少は食える生活はできるだろう、
という見通しはあると思います。
そういう方にとって弁理士資格はお勧めできます。

このブログで言ってきた、「この資格は一応食っていけるよ」
というのは、このレベルのことを言っています。
なんだか一部のものすごくブイブイ言わせている世界の方と
肩を並べるほどに稼げるかのような錯覚をしている方がいたりしますが、
それは何かに騙されてますよ、ということは申し上げます。

弁理士が稼げた時代、というのは、弁理士取得=独立開業、だった時代です。
そんな時代に弁理士を自分の特許事務所に引き留めるのだから、
それなりの待遇を保証しなければなりません。
大量合格時代の到来とともに、勤務弁理士が一般的になりました。
そして弁理士資格を取得しても企業を辞めない方が多数派になりました。

なのですから、弁理士資格を取得したところで、特許事務所も
特別待遇などしません。なんにも優遇していないのに、
なぜか弁理士比率が上がってきた、という特許事務所も多いでしょう。

それでも弁理士の受任案件の単価が上がっていくようなら
話は別でしょうけど、単価は下がったまま据え置きです。
それでいて案件数は増えました。品質はいろいろ要望します。
その結果、時給換算だと別に給料上がってないね、というのが近年の状況です。

要するに、今の状況は安月給でしっかり働いてくれる人いないかなあ、
とそういう求人がほとんどなのです。
もうちょっと業界全体で、安い仕事は蹴るような状況が生まれてくれれば
ある程度改善の目もあるのでしょうが、しわ寄せを末端に押し付ける
悪弊は何も変わっていないようです。それじゃあ人手も足りないでしょう。

弁理士業界の未来は明るいです。弁理士試験頑張ってください。

平成29年度弁理士短答試験のボーダーライン予想

 


まあ今更予想するまでもないのですけれど。
上記リンク先の過去データから大体予想はつきますね。

特許法でてこずったらしい?というのと、
条約がPCT規則がたくさん出たとか、
でも全般的に難しくはなかったとか、
そんな感じの予想がたくさん出てきています。

ただ極端に難易度が変動したという話でもなさそうですし、
基本的にはボーダーラインを変えるということは、
上記リンク先の通り、ここ数年ほとんどないですよね。
ですので、下馬評通り、ボーダー39点ということで
予想されるのが良いかと思います。

もう時間も無くなるので、立ち上げは早く。
ダメそうだった方も、今の時期の勉強が後々
大切になってきますので、ダメでも勉強しましょう。

 

平成29年度弁理士短答試験、問題解答の公表

 

今年の弁理士試験短答式筆記試験問題及び解答(平成29年度-2017年)が公表になりました。

そういえば今週の日曜日が弁理士短答式試験の試験日だったのですね。
ブログのアクセス数を見ると妙に伸びてて何だろうと思ったら、
問題と解答の速報を探していたようなのですね。

そんな記事を去年も書いたのですが、

平成28年度弁理士短答試験、問題解答の公表 - 新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

アクセスが集中したのは今回も一昨年の記事です。

弁理士試験の短答式試験が無事終了、そして解答速報 - 新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

これはいかんのではとも思ったのですが、
リンク先も随時更新されているので、
実はリンク先を見れば最新の解答速報にたどり着けるのです。
結果オーライですか。
確かにこんなタイトルだと混同しますね。

今年も各受験機関が解答速報を頑張って作っていたようです。
ご苦労様です。まあイベントですね。
まずは仕事を優先させて、一息ついたら論文対策です。
まあ時間はこの時期ありません。

平成29年度弁理士試験志願者統計が発表される

平成29年度弁理士試験志願者統計が特許庁より公開されました。

平成29年度弁理士試験統計 | 経済産業省 特許庁

そろそろ統計発表になるだろうと特許庁のサイトを見たら
発表がなく、求人関係の記事を見つけたので代わりに載せたら、
わずか数時間後に発表になりました。騙された気分です。

応募者数が300人ほど減ったというのが最大のニュースです。
昨年度の4679人から、4352人になりました。

今年も減るらしいよという下馬評は流れていたので、
まあ大体このくらいかという感じですね。
受験機関の方は大変です。
データの内訳に顕著な変化がみられるものはありません。
比率的なものは去年のものとほぼ同じようです。

減るべきものが減っているということで、
特に言及するような話はありません。
必要以上に弁理士を増やしたら競争が強く働いて、
魅力が下がったから応募者が減ったというだけです。
減少率も収まってきましたし、落ち着くべき数字に
そのうち落ち着くでしょう。

独占権を付与する結果して発明を促進している、
という特許法の精神を理解している方であれば、
弁理士資格の独占的効果が下がれば
勉強する意味もなくなる、というのは
当然理解するでしょう。
特許の仕事、面白いよ、などという意味不明な言及に
騙されるようでは、論文試験に受かるはずもありません。

昭和の頃の受験者数はもっと少なかったようですし、
こんなもんじゃないかと思います。

 

なお、司法試験はこういう状況のようです。減少傾向はどの試験も同じ。

法科大学院修了者らを対象とする司法試験が17日、全国7都市の9会場で始まった。受験者は5967人(速報値)。2016年は6899人が受験し、1583人が合格。3年連続で2000人を下回った。

https://mainichi.jp/articles/20170517/dde/041/040/043000c