新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

弁理士・特許技術者に向いていない人

弁理士・特許技術者といっても実際の業務範囲は多岐にわたりますので、
こちらは向いていないけどこちらは向いている、ということは当然起こります。
ただ、弁理士・特許技術者と言えば国内特許明細書を書く
仕事をする人と一般的認識されているように
思いますので、その観点から考えていきたいと思います。

1つは、知財業務全般に言えることですが、書類を前にして
一人で黙々やる仕事なので、そういうのが向いているかどうか、
と言う観点があります。開発の人が知財に来たとき、
知財ってシーンとして黙々してなんかやっているよね、
と言われるような知財部もあります。
ただそれでも企業の一部門なので特許事務所と比べるとそれなりです。
そういうのが無理な人はそもそも向いていないという感じがします。

もう1つですが、実務を身につけるまでは、怒られながら、
ダメ出しをされながら成長していくという面があります。
比較的若い人の最近の傾向のようですが、ダメ出しをされると、
もうダメだという人が昔と比べて多くなっていると聞きます。

もちろん闇雲に怒る指導者弁理士は困ったものではあるのですが、
業務覚えたての頃の原稿は、やっぱり真っ赤にペンが入れられて
帰ってきます。そういう指導の繰り返しの上で仕事が身について
来るものなので、それに耐えられない人はこの仕事は向いていません。
実際に怒られ耐性がなんだか低い人を数名確認したので、
そういう人っているんだあと言うことを思いました。

ここまではまあ前提となるのですが、実際に向いているかどうかは
書かせてみないと分からんと言うことをよく聞きます。
明細書担当者の採用担当はやったことがないのですが、
採用の人の言わせると、できる人は割とすぐにできるようになるし、
ダメな人はどんだけ言ってもダメなんだそうです。

とは言え、未経験者は採用段階で見極めないといけないので、
手を変え品を変え色んなテストをしているようなのですが。
効果を上げているかどうかは未知数のようです。
まあ入ってみないと分からないというのが実情のようです。

それでも明らかに向いていない人と言うのはいるので、そういう話をしてみました。

いわさきブログが終了

私がブログを始めた頃は、今ほどはあちこちでブログが書かれている
という状況にはありませんでしたが、それでも既にブログは普及
しており、その中でも主要なものの1つがいわさきブログでした。
リンク先は下記。

http://iwapat.sblo.jp/

弁理士試験を受けていた頃や弁理士になりたての頃は、
色んな事を知りたいのでいろいろ調べましたが、そうしているうちに
このブログを頻繁に見るようになっていました。
もしかすると私のブログもそんな風になっているのかもしれませんが。

それでオフ会をやるというので頻繁に参加し、
そこで動機づけられて独立を考えるようになって今に至っております。
そのいわさきブログをやめるとのこと。

10年やると書くこともなくなるとのこと。
私は5年やって、もうすでに書くことはほとんどなくなっていますが、
ないなりに書くということを続けながら今に至っています。
10年と言ったらどんな感じなのか想像もつきません。

ただまあ情報発信的な意図は、多分他のブロガーに比べると
自分は、正直薄いというのが本音です。
だからネタも使い回しますし、毎年恒例のネタというのも
繰り返します。そんなんでよいと思っています。
ミスチルやサザンでも同じような曲を繰り返して
久しいのですから、たかが個人のブログなんて
どうせほとんどは忘れていますし、似たようなことを
似たように繰り返しても何の問題もありません。

書きながら気が付いたのですが、ブログをはじめて5年。
独立してからもうそろそろ4年になります。
同じ時期に独立した人の中には、人を増やして拡張路線に
移った人を何人も見かけます。自分は事務スタッフ以降は
特にそういうのをやっていませんので、
拡大ペースとしてはのんびりです。

まあ人の姿を見ながらそこを追いかけるフェーズの終焉を
感じさせる状況でもあり、少し色んな事を考えました。

弁理士と士農工商

どうも弁理士ブログ向けの記事ネタが思いつかず、更新が滞っておりました。
モチベーション的に夏だなあと言う感じになってきております。
みなさんも夏休みシーズンをいかがお過ごしでしょうか。

さて、弁理士と一言で言っても、全員立場はフラットではないですよね。
弁理士会の委員会に出れば登録番号が若いと下っ端扱いされます。
まあ委員会は出なければいいだけですが、いろんな見えない上下関係
を感じることがあります。そういうのを士農工商に例えてみたところ、
案外当てはまった気がしたので、そういう記事を書いてみました。

武士の士は当然企業知財部ですね。そういう上下関係を感じるからこそ、
企業知財部に行きたいという方が後を絶ちません。まあ楽だと思われ
ている方が多いのが気になりますが、楽かどうかは職場によります。
あとまあ会社なので、案件処理できればよいというドライな関係
ではありません。とはいえ知財業界ではあるので、単純にメーカー、
というのとは異なり、やっぱりちょっとこっち側な感じがします。

農民は国内特許明細書作成の弁理士ですね。弁理士業界全般の
空気感として、特許明細書を書いてこそ偉い、という風土があります。
もともと知財出身の自分からすると、外に出てみて初めて、
そうなんだという風に感じました。
国内特許明細書担当者って農民だなあと思ったのが本記事の
動機です。ある意味他は後付けではあります。

士農に共通するのは、ある程度相対的に高い地位に当てられていますが、
全般的にそこまで稼ぎは良くありません。もちろん大名や豪農
みたいのはありますが例外です。

後は工商、アウトカーストです。一応区分しては見ましたが、
ちょっと怒られる気がしたので書くのはやめます。
この辺の町人階級の方が儲けの余地は結構多い気はします。
外国担当者等は典型的な例ですね。

特許事務所経営者は?というのはありますが、
そこは大きくなれば別ポジションになります。
士農工商の下があるように、士農工商の上もあります。
皇族とかいろいろありますね。特に実務もせずにフラフラして、
それでも金を持っている人たちは殿上人階級です。
自分もそんな風になりたいですが、今はまだ貧乏暇なしです。

階級関係はふれはじめるとよろしくない感じがありますので
この辺にしますが、単純に稼ぎの良し悪し以外での
上下関係的な空気感が、この業界にはあります。
そしてそういうのが職業選択の根拠となっているのは
確かに感じるところではあります。

ブログを匿名から実名にするときには注意が必要

そういえばもう1月くらいたちましたが、Hagexなんとかいう
ブログを運営していた人が福岡での講演のタイミングを
見計らって刺殺されるという事件が起きました。
事件についてはいろいろ調べてみて、まあこういう経緯だろう、
こういう改善点があるなあなどと色んなことを思いましたが、
そのいくつかある点のうちの1つは、匿名でやっていたブログを、
個人情報をオープンにして活動をし始めたタイミングと言う点です。

名前や写真などの個人情報を公開し、匿名からやめるタイミングって、
結構危ないのですよね。自分の場合ですと、1年たったら
実名公開にするつもりでブログは始めたのですが、
それでも匿名の頃の方が少し気が大きくなった記事が
多かったように思います。

コメント欄は今は閉鎖していますが変な書き込みが増えたのも
そのことですし、わざわざ変なメールを送ってくる人もいました。
あの記事はどうかと直接言われたのも匿名の頃に書いた記事です。
SNS等と異なり、何年も前の記事でも検索に引っかかるので、
色々勘所がつかめないまま書いた記事が微妙な感じに
なることがあります。

匿名時代は気が大きくなっているというのが1つと、
匿名の頃に思うところがあったのが、なんだあいつかと思う
ようになったというのがもう1つです。
今はもう実名顔出しにしてから長いので、ここ数年の記事
等について何かと言うことはまずないのですが、
切り替わりのタイミングと言うのは結構やっかいなのですね。

なんというか、「今がそのタイミング」という認識を持たれるのが
結構事件に関して重要なポイントなのではないかなあと思います。
人が何かを決断するのにしても、合理的な判断基準とかより
「今しかない」という追い込まれ感が行動の引き金になりますよね。

まあだから何を対策するかと言っても何もないのですけど、
匿名解除するタイミングは慎重な方がいいと思います。
まあ暴力的なことはほとんどないでしょうけど、
不愉快なこと程度はいくらでも起こるでしょうから。

会社に在籍している発明者の、会社に帰属しない特許出願について

最近、副業解禁関連の法案についての話題があります。
しかしまあ本業と同様に取り組む副業を推奨します、
という趣旨ではないような気がします。
一企業が複数の事業部を有する、というのなら
様々な効果が期待されますが、1個人で限られた
時間の間に複数の業務をこなすのは、
本業によほど余裕があるというのでなければ、
基本的には非効率です。

一方で、弊所のお客様の中には、会社に努めながら、
起業準備をされている方が結構います。
そんな中で特許出願・商標登録をしたい、という
ご依頼をお受けすることがあります。
お話をお聞きしていると、本業の存在による
制約を気にされている場合があります。
おそらく副業解禁と言うのは、こういうケースでも
安心して起業に取り組めるようにするためでは
ないのかな等と思っています。

ただまあ在籍しながら起業準備と言うのは、
特許事務所に在籍しながら独立準備、というくらいに
もちろん気まずいものであります。
公開公報に掲載される前までに起業する、
と言うのが時期的な目安になりそうです。
まあ公開公報が見つかることも珍しいですが。
あとは職務発明の規定に該当しないかとか、
帰属中特有の問題の相談をお受けすることもあります。

やっぱりスパッとやめてから取り組む、のがすっきり
するのですが、辞めた後の収入がどうしても不安です。
私も在職中にできるだけ独立準備はしました。
蓄えを減らさないためにも在職中にできることを、
と言うことは結構重要な観点です。

まあ自分がそう思っているだけで、政府の本音は
全く別のところにあるのかもしれませんが、
少なくともそういうニーズもある話ではないかなと
そんな気がしています。