新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

零細特許事務所にとって採用をどうするか

先日の記事で、未経験者が零細特許事務所に入るのは
辞めておいた方がよい的な議論を書きましたが、
じゃあ採用側はどうしたらよいのか的な議論が、
ちょうどその記事を書いた後くらいに出てきたので、
その辺についてもふれていきます。

応募者サイドからすると、最初に大手に入って、
そこから中小へと移動していくのが一番いいような気がします。
大手に居続けても大体パートナー登用もないですし、
事務所にもよりますが似たような仕事をずっとやらせる
ケースの方が多いような気がしますので、
転職によりステップアップしていくのが
この業界としては標準的なキャリアパスになります。
要するに外資系と似たような感じです。

ただし、この業界の特殊なのは弁理士同士のコミュニティが
発達していますので、そこで採用する側と転職希望者が
互いにマッチングし合うのが合理的ということです。
会派とか委員会内で一緒のところに引っ張られるケースは
案外あるように思います。
実務をそこでやっているわけではないですが、
仕事ぶりのようなものをそこで見ることになりますので、
それが採用の際の目安になるわけですね。

なお、委員会にも出れないような特許事務所に応募するのは
やめておいた方がよいです。
弁理士なら平日日中に外出したいケースは時々ありますし、
そのことを嫌がる特許事務所はブラックの見込みが高いです。

零細特許事務所にとってみると、未経験というのは非常に
リスクが大きいです。育たない場合の負担感が大きいですし、
育った後どこかに行かれるのもそのあと大変です。
ある程度経験がある人を、計算が立つような状態で
採用したいという要望が大手以上に存在します。

ですので、ある程度計算のたつ人材を採用するわけですが、
当然のことながら待遇の問題が出てきます。
ただ、人によっては目先の金額ばかりが問題でもありません。
転職の際には転職先に在籍することによって得られる
将来性というものが重要な要素です。
その辺で互いに折り合いがつけば、良い採用となります。
そこが難しいところではありますが、うまくいけば
お互いにとってベストな採用ということになるでしょう。

そういう話というのは定型的な条件設定には馴染まないので、
互いに気心が知れている、というのも重要なポイントになります。
ですから、共通にコミュニティに属していることも
重要なポイントになっていくわけです。

「いい人が取れない」という声は聞きますが、
その辺の条件決めが安易だなあと思うことが多いです。
応募者にとっては転職先に自分の将来をかけるのですから、
そこに適切な青写真をかければ応募者は多いように思います。
どんな青写真を描くか、というのはそれはそれで難しいですが。

まあ人と会うことが大事かなあと思うのですが、
自分自身、そういう時間を取る機会が減りつつあります。
何とかせねばと思っています。

弁理士業務がAIに取って代わられる系の議論

headlines.yahoo.co.jp

人工知能によってこれからの業務が取って代わられる系の
話題ってのが結構あったりしますよね。
自分としては、ふうんとしか言いようがないのですが、
弁理士会の副会長様がその議論に食いついてしまったようです。

煽りにマジレスも、それはそれでありかもしれません。
こういうネタにとりあえず食いついておけば
目立つのは目立ちますからね。

ただまあ人工知能が実用レベルで何ができるようになるか
現状まだ分からないのですから、現状はそうですね、
そうかもしれませんね、という程度で適当に流して
おけばいいのではないか、と思います。

個人的にはAIと言えばクリフトがザラキ
唱えているイメージしかありません。
後は将棋とかですけど、マシンパワーに任せて
データマッチングをしているだけなので、
一般社会に入ってくるイメージはないですね。

自分が子供の頃、人間の世界は全てロボットに
置き換えられてしまうのではないか、という
話題がありました。そういう近未来像を描く
漫画や映画なんかもありましたよね。
そういう世界は今なお実現しそうにありませんが、
「ロボット」が「コンピュータ」やら今だと「人工知能
に置き換えられて、同じ話題が今も変わらず展開しています。

技術は進歩しますが、煽りのテクニックは
今もそんなに変わっていないようです。
代り映えのない煽りが昔も今も変わらないのは、
それに乗ってしまう人が相も変わらずいるからなのでしょう。

AI万能論を唱える人の意見を全面的に採用したところで、
実用化の速度は、かつてロボットやITに
かかった時間を超えることはないのでしょう。
まだ実用例のないAIが実用ベースにのるまで
10年くらいかかりそうですし、普及までは20年ですね。
ITがそのくらいでしたし、ロボットや宇宙開発競争
なんて一体どうなってるのかというレベルです。
自分は多分若いのに任せて弁理士引退を考え始める頃です。

どっちかっていうと、AIとかよりITの脅威を
真面目に考えたほうが良いのではないかと思います。
IT技術の進歩は今なお留まっていないようですし、
これが情報集積業務である弁理士業務に及ぼす影響は
これからも大きくなっていきそうですね。
ただこれをもって「ITがこれからの弁理士業務に
脅威となっていく」なんて言っても時代遅れ感があります。

ITは「将来の漠然とした不安」を煽るものではなく、
現在の絶え間ない業務改善を促していくものです。
それは恐怖感と言うより、「うるさいなあ、分かってるよ」
という返事の方が返ってきそうな話ですね。

人工知能がもたらす衝撃とやらは、明日から本気出す人
のような雰囲気しか伝わってこないのですね。
人工知能が何かを置き換える、というのは、
現実に何かを置き換えてみてから言ってほしいです。

特許の明細書で、ソフトウェア特許とかビジネスモデル特許
とかだと、「こういうことをしてもよい」という
具体性のない雑な議論が挟まることがありがちですね。
AI万能論と言うのはきっとそういう発想なのでしょう。

実際に発明の提案の議論の中で、実施可能性要件を聞くと、
最近は「そのへんはAIで」という逃げも
聞こえるようになってきました。
データを適当に入れてそこで判断を下してもらう、
という話のようですが、そんな簡単な訳ないと思うのですが。

弁理士試験の口述試験対策の自主勉強会(H30合格会)のお知らせ


本年度の弁理士試験に口述試験で不合格だった方が集まって勉強する
自主勉強会(H30合格会)のお知らせです。費用は会議室等の実費のみです。

来年の口述試験までの予定をどうするか決まっていない方はご参加ください。

...

---------------------------------------------------------------------
H30合格会開講案内

弁理士試験の自主勉強会です。
口述試験が残念な結果になってしまった方、
論文試験の必須科目を合格したものの、選択試験が残念な結果になってしまった方、を対象に、口述試験の自主勉強会を開催いたします。
※2名以上の申し込みで開催いたします。

尚、本会の参加者の口述受験者の合格率は高く、平成27年、28年、29年の3年間は少なくとも100%です。
これは、定期的に仲間同士で口述練習をすることで、口頭試問に慣れると共に、条文の理解も深まることによるものであると考えます。

皆様の参加をお待ちしております。

【注意】申し込み受付終了時点において参加者が一人以下の場合は不開催といたします。ご了承ください。

零細特許事務所は就職先としてどうなのか問題

弁理士試験も最終合格まで終わって、転職の季節になっていきます。
今くらいから年末まで転職活動して、年明けから年度初めまでに
転職をする、というスケジューリングが多いと思います。
まあ今は在籍したまま受かって転職しないケースの方が
多いような気がしますが、表題の話題をどことは言いませんが
見かけてしまったので、これは言及せねばなるまい、
ということで解説いたします。

零細特許事務所への特許事務所はご法度なのか?
こういう質問は条件によって答えはいかようにも変わるので、
当然のことながら一般論、総論的な答えになります。
以下、他の問いについても同様ということで
自分の見解を述べていきます。

まあ零細特許事務所はやめておいたほうが良い、
一応そういう答えになります。

自身に経験があり、相手先のことが分かっており、
勤務環境や具体的条件を予想できる場合はもちろん
異なる答えになる場合はあります。
副所長・後継者として入ってほしいという場合には、
もちろんその内容によるでしょう。

ただしほとんどの転職者は比較的経験が浅い、
未経験、その他あまり条件交渉ができない場合
がほとんどでしょう。そういう場合の転職先として
は零細特許事務所はお勧めできません。

結論から言うと、最初に大手に入って、
そこで情報収集をしてから条件の良い中堅、
場合によっては零細、という流れになるのが
特許事務所の転職セオリーになるかと思います。

前にも書きましたが、大手特許事務所が待遇が良い、
などということはありません。
むしろ高い方であることは稀でしょう。
皆さん大手志向ですから、見透かされて買い叩かれる
というのが相場となっています。
それでも大手に入るべきと言うのはなぜか。

特許事務所に入ったら3年くらいはそこに勤めた方が
よいです。経験を積む面でもそうですし、
ジョブホッパーは多くの場合好まれません。
転職回数は増やすべきでありません。
一方で、多くの特許事務所では、
入ってしまってから「しまった」ということが
少なくありません。

大手特許事務所はなぜ大手なのか、と言うと、
入ってきた人が辞めていく割合が低いからです。
だから長く勤めたいなら、規模が大きいところに
入ったほうが良いのは間違いないでしょう。

零細と言うのは、特に年寄り所長の場合、多くは
何かやばい要素を備えていることを特徴とします。
独立開業が容易な時代に立ち上げてから、
安易な考えでここまで続けてきた特許事務所が
多いのです。そこに入るのがどんな感じかは
色々ではあります。得られるものも微妙です。

人が多いというのはそれに比例して
「辞めざるを得ない程の苦痛」が少ない
という推測が働きます。
人を定着させるための組織論的なノウハウが
きっとそこにはあるのだと思います。

ただし、人が会社を辞めるのは、そんな個人的不満が
原因なのであって、給料の額ではありません。
多くの人は給料を安く据え置いても辞めないのです。
給料が原因になるのは、「あいつはなんで俺より
高給なんだ。納得できない。」というケースです。
みんな仲良く薄給なら、案外みんな納得して働きます。
ということをよく知っているのも大手です。
その辺の相場観を踏まえた給与設定になっています。
野心家にとっては不満の残る環境であるようです。

待遇というのは個別要因であるので、
やっぱり説明が難しいです。零細でも外国を大量に
受けているようなとこだと羽振りが良くて待遇が良い、
と言うのは当然あります。
安易な経営を長年続けた成れの果ての特許事務所と
同列にしても、共通点は所員数だけで、
内容は天と地ほども異なります。
ただまあ、事務所の問題点と言うのも
事務所ごとにあるので、そういうとこに入って、
思わぬ問題点を目にすることもあります。

そして「利益率の高い業務を大量に受ける」
等ということは不可能な時代になってきました。
昔は外国業務がそこに入っていましたが、
そういう業務は今はどこも積極的に受けるので、
結局レッドオーシャン化です。
大手は不採算業務も並行して受けざるを得ません。
一方で、高採算業務を高い比率で受けられるような
業務形態だと利益率が高くなります。
そういうとこは利益分配も適正だったりしそうです。
規模は必然的に中規模程度になるでしょう。

まあまずは業界の中に入って内情を調べることを
優先すべきでしょう。結構情報は横から流れてきます。
個別情報がネットから流れてくる、
ということはありません。
この暴言サイトでも具体的な名前は出せないですからねえ。

特許庁の審査官以外の非常勤職員の求人

特許庁では非常勤の求人が多く出されています。
まあ企業や特許事務所で現在勤務していれば
特に関係のない話ではありますが、
業界未経験で仕事のとっかかりが欲しかったり、
日数を絞ってあくせくしない働き方をするのであれば
こういう勤務の態様も良いのではということで
紹介してみることにしました。
大きく分けて以下の3つです。項目数は20くらいあります。

臨時事務補助職員
http://www.jpo.go.jp/oshirase/saiyo/hijokin/rinjijimu.html

調査員
http://www.jpo.go.jp/oshirase/saiyo/hijokin/chousain.html

看護師と薬剤師
http://www.jpo.go.jp/oshirase/saiyo/hijokin/kousei.html


応募締切 平成29年12月4日(月曜日)(必着)(原則郵送)
任用予定期間  平成30年4月1日~平成31年3月31日

というのが基本線のようです。

得てしてこの業界の場合は入っても1年に内に辞めてしまう…
と言うケースが、減りつつありますが依然としてあるようですので、
そういうのだったら、所詮臨時職員ということで
同じ業界内で気楽に働けることでありますから、
こういう仕事についてみるのも選択肢ではないでしょうか。

秘書的業務からシステム関係、あと実務に近いところまで
色んな仕事があるようですので、興味があったら見てみてください。