新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

特許事務所・弁理士事務所のブラックホワイトの判断基準

特許事務所というのは、勤務先としてどうなのか、というのは
業界外の人にとって全く未知の世界であり、戦々恐々として
探っていくほかないのですが、会社の転職と同様に、
どうしても当たりはずれというのは出てきてしまいますので、
当たらないまでも外れを引きたくない、という判断が
やはり働く傾向が出てきますよね。

ただまあ聞く限りにおいては、業界全体で採用が困難に
なってきており、特にブラック特許事務所では人が採用できない中、
どんどん辞めていってしまう上、クライアントからも見放されたりして、
事務所を縮小撤収していく傾向があるようです。
つまり、求人を打っている特許事務所に、かつてほどの
極端なブラック特許事務所は少ないのではないか、と思われます。

その一方で、若い人にとっては、最近の就職状況はよりどりみどりの
ようで、わざわざ下積みが必要な特許事務所に行く必要はありません。
まあ普通は特許事務所なんて第一志望で行くようなところではありません。
高学歴自称ハイスペたちの落ち武者の里というのが本当のところでしょう。
まあ紛れ込んでみたところ、案外悪くないよね、という形で
居ついている人が結構多いのではないかなと思います。

確かにかつてほどのばらつきは少ないにしても、それでもブラック特許事務所、
ホワイト特許事務所というのは確実に存在します。
そこはどうやって見分けたらよいのだろうか、という問題があります。
転職先を選ぶ際に、みんな当たりを引きたいのではなく、
外れを引きたくないわけです。さてどうやって選べばよいのか。

そんな中、皆さん大手特許事務所を選びがちな傾向がありますよね。
大手も当たりはずれがあります。どことは言わないですが、
給料結構安いとこありますよね。そのくせ忙しい。
人は、案外給料が安いくらい、多少忙しいくらいじゃ
辞めないのです。そして大手の看板にひかれて飛んで火にいる夏の虫
のようにうじゃうじゃ人が集まります。
待遇を上げる必要はないと割り切っている大手特許事務所は多いです。

ただ最近は狭い業界、情報が出回りますので、改善を図っている
特許事務所も少なくありません。大手だからと言っても
全部同じではないのです。

次に華やかな特許事務所。綺麗なオフィス、好立地、ウェブサイトを見ると
なかなかに格好いい雰囲気のところがありますよね。
まああたりもあるんでしょうが、弊所の独自調査によると
外れが多いかなという印象です。
外れないにしても、遠目からの印象とはかなり違う話を聞きます。

個人的には内情を誰かから聞くのが一番手っ取り早いと思うのですが、
弁理士資格がないとなかなかネットワーキングも難しいですし、
せっかく弁理士なのに情報を集めたがらない人も多いです。
いざ転職を考えて初めて慌てていい加減な情報に飛びつく人、
数多く見てきました。

無難でよいなら、地味そうなところを選んでおけば、
そこまでの外れはないかなと思うのですが、
もう1つの基準として、平日日中外出可能かどうか、
というのは1つの基準である気はします。

平日日中外出可能なの?と思う方もいると思うのですが、
業務の大半は自己裁量なので、仕事に支障がなければ
定時内でも用事のために外出してよいはずなのですよ。
皆さん忘れていますが、弁理士は士業です。
独立した個人が独立して行う仕事であるはずです。

と同時に、弁理士は基本的に弁理士会の活動をすることが
想定されており、その活動は平日の日中が原則です。
つまり、弁理士なのに日中休みを取らないと外出できない、
というのはおかしいのです。

なので、平日の日中に、例えば歯医者に行きたいとかで外出できるか、
というのはブラック特許事務所かどうかの判断基準として有力です。
外出が認められない特許事務所の弁理士は、
早いとこ履歴書を書き始めましょう。大体給料も安いはずです。

もちろん転職先が日中活動可かどうか、の確認も重要です。
そんな時は、自分は委員会活動をしているのですが、
日中外出可能ですか?と聞いてみると良いと思います。
渋い顔をしたらそんな特許事務所には行ってはいけません。

まあいろんな基準があると思うのですが、
いろんな基準を調べ上げていくのも良いかなという気がします。
給料だけでもないと思うのですよね。

弁理士・特許事務所の検索順位とSEOについて

インターネットの情報発信をする場合、ホームページを作成するほか、
ブログやSNSなど、色んな媒体があります。
SNSは別にして、どれだけアクセス数があるか、検索順位はどの辺か、
ということがまず気になると思います。

確かに全くインデックスされていないとつらいものがあり、
実は私のブログも開設して3週間くらいはアクセス数10とか
そんな感じでした。
なので、何らかの形でインデックスされるような施策は
必要になってくると思います。

ただし、検索順位が上位になることが必要かというと、
ある意味では正しいのですが、多分理解されている意味で
正しいかというとそんなことはないと思うのですよね。

例えば、「弁理士」「特許事務所」等のワードで
検索順位の上位になることをつい目指してしまう、
と思うのですけど、そこに何の意味があるのかです。

大体検索エンジンになんのために「特許事務所」なんて
ワードを入れるのでしょうか。入力するとしたら、
特許事務所って何だろうとか、特許事務所の一覧を
見たいなあとかそんな理由だと思います。

情報発信はその情報を切実に求める人に
的確に伝わるのが一番効果的ですので、
情報を発信するときに、その情報を求める人は
どんな人なのか、ということに思いを巡らせることが大事です。

すると、その人はどんなワードで検索するかということが
自ずと決まってきますので、それを記事のタイトルにいれます。
そこから、その質問に対する答えを、もったいぶることなく
できるだけ早い段階で提示するようにします。
ユーザーの立場になればおのずからわかるはずです。
さっさと答えを教えてほしいと思いながら
調べ物をするのではないかと思います。

検索エンジンは、基本的にはそのような形で、
検索した人が求める答えを用意したサイトを上位に
載せるようにするようになっています。
そしてこれがもっとも重要なことですが、
なんのために情報発信をするのでしょうか、
ということです。情報を発信した人に対する信用力であり、
自己開示をしないなら少なくともそのサイトに対する
信頼感を認めてもらうために情報を出すのではないでしょうか。

変にSEOを意識しすぎるとか、コンバージョンを求めすぎると、
やっぱり書き手に対するそういう印象が強くなりがちだと思うのですよね。
考えは色々でてくると思いますが、その文章を読んだときに
人がどう思うか、ということを考えるのが大事かなと思います。
その上でいろんな誘導を考えるとかいろいろ出てくると思いますが、
情報そのものより行間の方が大事になることが多いと思います。

どういうことかというと、この人は問いの意味を理解して
その答えを提示してくれる人だ、という印象が大事なのですよね。
そこをないがしろにすると、目立った分悪印象になったり、
ということもあったりして、情報発信の戦略は奥深いです。

Grill Konya/グリルコンヤ/西新宿-2019.8.29閉店

f:id:patintl:20190824125119j:plain

f:id:patintl:20180521182155j:plain

弊所及び弊所の旧拠点の近くに標記のGrill Konya/グリルコンヤ
というお店がありまして、ある日ふと見たらこちらが
2019.8.29に閉店するという通知がありました。

このブログでは飲食店の閉店情報も扱っております。
西新宿の馴染みのある近辺のお店を特に取り上げております。

この辺をぶらぶらと歩いていると、さいきんところどころ
お店が閉まるとことが増えているのですよね。
この並びの和泉家というお店もそうです。
しばらく閉店が多くなかったので、時の流れを感じたりします。

Grill Konya/グリルコンヤですが、カジュアルフレンチのお店です。
フレンチというと高級店のイメージですが、比較的他の飲み屋と
同じ価格帯で出す、というのが売りのお店です。
お肉をがっつりとか、そんな感じで食べれます。
あんまり高くない割に、結構満足度の高い料理を、
昼も夜も出しているお店でした。

最近ばたばたしていて、御無沙汰しているうちに、
いつの間にかこんなことになってしまいました。
初めて見たときには人が少なめだったのが、昼だけではなく夜も
人が増えてきて、ああやっぱり良い店は人が増えていくのだなあ
ということを思っていたのですが、経営は難しいですよね。

この辺って高層ビル街周辺は割と微妙な店でも集客に苦労していない一方、
同じ西新宿でも北の方に行くといきなり客足が遠のきがちです。
立地による集客の違いを、歩いているだけでもまざまざと
見せつけられるエリアです。本の数十メートル歩くだけで、
客足が全然違うのですよ。

店主はつい最近までやる気を見せていたように感じられていたことから、
何らかの外部要因があったのかなという邪推もあるのですが、
ただまあ良い店がなくなるのがひたすら残念とそんな感じです。 

弁理士の独立5年目について雑感

弁理士の独立については、これまでも色々書いてきたのですが、
時代によってもいろいろ変わりますし、自分の経験した内容によって
言うこともその時々で変わってきますよね。
前に書いたことと同じだったり変わってきたりする面もあるのですが、
まあそもそも自分も何かいたか覚えていないというのが
本当のとこだったりするので、その辺ちょっとブラッシュアップしてみます。

独立がいいのか勤務弁理士が良いのかってのは、非常に難しいのですよね。
独立ってのはどこまでもお金の計算ですので、収益性の最適化
のようなものが好きだったり得意だったりする人にとっては、
恐らく向いていると思います。
そういうのとは別に、独立裁量で自分がやりたいようにやりたい、
自分で全てを決めたい、という人にとっても良いと思います。
時間の自由が利くのも良いというのもメリットです。

集客が、ってのはあります。ただ弁理士の集客ってのは
他の業界に比べるとそこまで苦労していない感じがするのも事実です。
後は事務回りとか経理関係とか、慣れないことをどれくらいできるか、
という不安は大きいですよね。
その辺はというと、正直何とかなってしまうのは事実です。
そして何とかならなかったら、また特許事務所に就職すればよいです。
そんな弁理士いくらでもいます。
そういう意味で弁理士の独立ってのはそこまで深刻に考える系統の
ものではなく、やりたいんならやってみれば?という性質です。

一方、世の中にはなかなかのホワイト特許事務所というものが
それなりにあります。そういうとこと比べたときに、
独立開業ってのはバラ色の未来かというと、今独立してしまってる
自分の立場から言うと、ホワイト事務所うらやましいなあ
という率直な感想はあります。
隣の芝生は青く見える面はありますが、彼らの方が
日々の生活楽しそうでは?という感想はあります。
こっちはこっちでとにかく日々、多岐にわたる雑多な物事に、
「帳尻を合わせる」というミッションが押し寄せてきて、
それはわりと自分は得意な方でもあったのですが、
日々押し寄せてくると、これはちょっとしんどい・・・という日々です。

あとまあ儲かるかというと、集客しただけでは儲かりません。
今の時代、効率化して業務をこなして初めて「儲かる」になります。
その点はITやらAIやらで日進月歩ですし、外注するとお金もかかりますし、
自分でやるのかあとなると、そういうのもまた新たに仕事、
そして勉強ということになります。
勉強しなければならないことが多岐にわたるので、職人一徹、
という感じにはならないのですよね。
専門家として何かを掘り下げたいという人にはちょっと違うかもしれません。

言えるのは、やりたいならやってみればいいし、そんなにリスクないし、
案外食える程度までは何とかなります。
ただまあ弁理士の独立ってのは、やらなきゃいけないことも多いし、
なによりもお金お金ですよ、ということは言えますし、
集客、雑務を別にしても向き不向きってのはある気がしますよね。
不向きって言っても首くくるレベルではないので、
ううん、勤めてたほうが良かったかなあとふと思ったりするレベルです。
まあどんな道を進んでも、何が良かったかなんてわからないですけどね。

弁理士ブログは3年続ければ何らかの反応が出るようになってくる

ブログというプラットフォームができてから、弁理士ブログはたくさん出てきて、
そして消えていったものが多いのですが、消えていく理由というのは、
本人のモチベーション、書きたいものがなくなる、というのと、
なかなか反応が出てこなくてやめてしまうというものが多いかもしれません。
受験生のプログなんかだと、受験勉強がマンネリ化したり、
試験に受かったりしてしまうと、もういいやってなってしまいますよね。

一方始める動機というのは、この裏返しになるのですが、
新しいものを始めるのと伴ってブログも始めようってなるので、
だからこそ飽きが来るとブログもおろそかになりがちです。
それと、やっぱり実名バレが怖いってことでブログはちょっと、
というのもあるし、そもそもこういう系統の文章は苦手、という人も多いです。

ただまあブログを長く続けていると、直近の合格者からの知名度
非常に高くなってきますし、昔からいる弁理士からもネット検索を
したきっかけで、認知されるようになってきます。
トータルで見てやっぱりプラスの方が多いのではないかなあと
自分では思っております。色んな人に親近感を持たれるのですね。

書くのも負担が、というのはあるのですが、ネタの掘り起こし方を
パターン化していくと、ある程度時間はかからなくなってきます。
書くことそのものよりもネタ出しの負担が大きいですよね。

自分は色んな意図があってこうした過激派ブログになっているのですが、
もちろんそんなことをする必要もないですし、
検索上位にあがる必要もありません。
ブログ村ツイッターを組み合わせれば、
ある程度はアクセス数が集まってきます。
始めてすぐは結果を求めたくなりますが、2年も続ける人は少ないので、
3年もやれば大体はある程度のアクセス数は集まるようになってきます。

どんなブログを書くべき?というときに、
自分みたいのはあまり参考にならないと思うのですが、
先述の岩崎先生や、赤塚先生、ドイツの長谷川先生の
ブログがお手本になると思います。
名前入力して検索してみてください。

自分のはある意味ちょっと邪道で、こういう正道を踏襲するのが
多分一番参考になるのではないかなと思います。

まあ邪道ブログの方がアクセス数は集まるのですが、
アクセス数もある程度集まってきたら、それ以上って
数字そのものの意味ってそれほどはなくなりますし、
長年続けることで、ブログのアクセス数は自然に増えていきます。
あとは多少のテクニックはあるので、それも自然に反映されて行きますし、
そのことがトラフィック上昇に貢献していきます。

記事一生懸命に書いても、意外と人は内容覚えていないですし、
記事の行間から出てくる雰囲気だけ人は見ているのですよね。
ブログもたくさん書くと、そういうものがたくさんにじみ出てきて、
そういう親近感みたいのが醸成されて行きます。
逆にブログってのはそういうのを構築していくのが良く、
その意味で、いわさきブログ、赤塚ブログ、長谷川ブログ、
というのはうまく完成されてるなあと思ったりするのですね。

負担にならなければ、自分の財産になっていくと思うので、
日々日常的な文章を書くことに負担がない方は、
やってみては良いのではないかな、と思ったりします。