新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

安月給で空気が淀んでいる特許事務所は、転職回数が多い人を嫌う

世の中一般的に、転職回数が多い人は
嫌われるのではないか、という危惧が持たれています。
実際のところ転職回数が多いのはどれほどいけないのか、
というのはあまり何とも評価しづらいところがあります。

色んな話を聞いた感じだと、転職回数が多い人でもOKの
特許事務所と、そうでない特許事務所に二分されるようです。
転職回数が多い人を嫌がる職場は確実に存在します。

転職が多くても良い、と言ってもキャリアに一貫性があるのが
大前提です。全然違う職種を、あっち行ったりこっち行ったり、
と言う人が評価されることはありません。
未経験の状態で年だけ重ねたってことですからね。
キャリアを重ねつつ転職回数が増えたというのが前提です。

問題は、転職が多い人を嫌う職場は応募に値するかどうかです。
結論から言って、多くは安月給で、
下っ端はいずらい職場がほとんどです。

とある超大手特許事務所では、転職回数は1回までが採用基準
という決まりがあるそうです。そこは給料が安いそうです。
新人は忘年会でかくし芸をしなければならないそうです。
なんだか空気が淀んだ印象があります。

転職回数が少ないことを望む、というのは大体が同時に
年齢も若いことが求められています。
自動的に給料も安いという傾向になってきます。
いいように使える若いのが欲しい。大体そんな求人です。
ヒエラルキーの最下層を求めている訳です。

それは裏を返すと実力主義でもないことを意味します。
実力主義と言うのは、優秀であれば、年齢が上の人、
在籍年数が長い人、というのを飛び越えて厚遇されていく、
ということです。
優秀であればその人の属性を問わずに登用する組織なら、
逆に採用する際に若い人にこだわる必要もないですよね。
転職回数も同様です。

純血主義と言えば聞こえがいいですが、
大体が柔軟性に欠ける組織運営になっています。
明細書の書き方なんて人それぞれですが、
所長の書き方通りでないと認めない組織運営だから、
よそのスタイルを身に着けたスタッフを受け入れなかったりします。

そして、よそと比較されるのを嫌います。
転職を繰り返してきた、というのはどこもよくない職場だった、
ということですから、うちのほうが良い職場ではないか、
と言う類推が働いてもおかしくありません。
でも実際は自分のところの待遇に自信がなかったりします。
その他大勢と同様に簡単にやめられてしまう職場
なのではないかと危惧しているのですね。
処女を過度に求める童貞のような特許事務所なのでしょう。

柔軟な働き方に自信があるような特許事務所であれば、
能力面のみを重視し、他は柔軟に対応するはずです。
言いなりになりそうなスペック面を重視する、
というのはおそらくは待遇面もそこから類推できそうです。

現在の職場で、キャリア的な進展がなくなったり
居心地が悪くなったりした場合にどうするかと考えたときに、
いたずらに転職回数を増やしたくないという判断が
働くことが多いです。
ただ、転職回数が多い人を嫌がる特許事務所は
全般的に待遇面でも居心地の面でも微妙な特許事務所が多いので、
遠慮なく転職先を求めてしまって良いと思います。

漫画村と漫画タウンから考える知的財産紛争の現在

漫画村という著作権侵害の脱法行為を行っているサイトへの
批判が日に日に集まり、ついには先日、サイトが落ちてしまいました。
悪は滅びる的な風潮が出る中で、あざ笑うように漫画タウン
というサイトが出てきたのですが、それもまた落ちてしまいました。

彼らの発信情報は世の中をおちょくるようなものなのですが、
「既にどこかのサーバにアップロードされているものへの
リンクを提供しているだけなので違法ではない」というものです。
漫画村の提供態様をあまり把握していないのでコメント
しづらいのですが、そんな理由で権利侵害していないそうです。

どの道追い込まれるのだなと言う雰囲気が出てきているのですが、
法廷闘争などではなく、世論の批判により追い込む、
というのが日本的だよなあと思いました。
知的財産の紛争件数は、世界の中でも日本が圧倒的に少ない
という数字が出ています。米国、ドイツが多く、実は中国も多いです。
裁判に引っ張り出されて訴訟になるというのは、
日本なんかよりも中国の方がはるかに多いんですよね。
法廷闘争もかなりスムーズになっているようです。

「世間の目」によりけしからんものを懲らしめるというのは、
いかにも日本的な風潮であり、そういう社会的な圧力により
悪しきものを排除する、という社会システムのおかげで、
知的財産事件そのものが非常に少なくなっています。
結果として知的財産権の取得へのモチベーションは低くなっており、
商標登録等は海外展開に合わせて慌てて取得ことが多いようです。

違法コピーそのものは音楽やゲームなどが通ってきた道ですよね。
紙媒体により提供される性質上、違法コピー問題に本腰を
入れる機会がないままここに到達してきたという感想です。
Amazonなんかでも書籍コンテンツのデジタル化を進めようと
しているようですし、早晩起こる問題でもあったのでしょう。

一方でTwitterなんかでもまともに解釈したら
それ著作権侵害だろ、というアップロードが氾濫しています。
実害はないということでスルーされている面もあり、
どの辺で線引きするかは微妙な問題があります。
JASRACみたいに徹底的にやると、立法の趣旨的にそこまで戦う
ことは本当に想定されていたのか、という問題も出てきます。
WantedlyDMCA申請問題のように、法の厳格適用をすると
やりすぎではと言う問題も一方では起こってきています。

要するに法律論だけで議論するのは限界があります。
技術や製品の進化を、おおもとの法律は想定していません。
著作権法自体つぎはぎだらけです。
好ましくないものは技術的に手当てし、技術的に手当てしやすい
ように商品の流通形態を変化させていく必要があります。
ゲームなんかは、違法コピーをどう排除するか、
という観点を非常に重視して製品が変わってきました。
FFやドラクエのような大作主義から、スマホゲームのように、
簡素でありながら版元がコントロールしやすいように
変わってきたような感じでです。
それと比べると出版社は古さを感じさせますよね。

本当は別の記事を書く予定だったのですが、
導入として雑感的なことを書いているうちに疲れてきました。
本当に書きたかったことはまた今度まとめます。

特許事務所の独立開業後4年目ってどんな感じなのか

自分が独立開業を視野に入れ始めた頃、4年目って遠い先の
話だと思っていました。まず存続し続けられるかが大事で、
ある程度の売り上げが継続して立ち続けてないと、
そんなに長い期間存続できないからです。

まあよその特許事務所との比較で4年目は、まだまだ
駆け出しなのですが、いざ自分がやるとなるとえらい
長い道のりのような感じがしてました。
最初に目標をもっと短期的に見ていたので、その先は、
こうしようというより、きっとこうなるのだろうなと言う
漠然とした憶測のようなものしか持っていませんでした。

3年もたつと継続的な取引相手も出てくるのだろうなと
思っていました。もちろん同じお客様から仕事が
入ってくることもあるのですが、それはたまたま案件が
発生したというだけで、ないときはないです。
その点で「継続的に案件を出す」というお客様はいないです。

あと前回の記事でも書きましたが、
「月に特許出願何件」という仕事の入り方もないです。
幅広く色んなことをやっています。
特許出願やっていない月もあります。

外国特許をもっと取りたかったなあと独立当初
思っていましたが、ここはどうやら競争が激化しています。
営業や広告次第ではどうかというのもありますが、
まあ積極的にはやっていません。

予想通りに進んだのが、事務所の引越と事務スタッフの採用です。
両方とも決まるときは突然だったのですが、
後で考えると独立当初に予定していた時期に、
ある程度理想的な形で決まりました。

このくらいの時期にパートナーだったり、
技術スタッフだったりがいたりするのかなと予想したり
もしていましたが、結局いないですね。
そこは自分の胆力との兼ね合いが左右してきます。

フルタイムの雇用と言うのは博打感が大きいのです。
そこで思い切ったアクションを起こせるかどうかは
その人の性格に左右されます。
事務スタッフの採用でさえ、不安が先行しました。
技術系は、ある程度都合がいい人を考慮して声を掛けましたが、
どうもうまくいきませんでした。

まあ自由にやっていければいいかなあと言うタイプの人は、
ここから手を広げない人が多い感じがします。
ある程度の我の強さや、エネルギーの強さや、
そういう感じのものがないと、この大変さに挑もうという
風にはならないかもしれません。
もう最初の独立する、というところで
エネルギー使っちゃってますから。

自分は、日々の大変な状況を大変じゃなくするのに精いっぱい、
と言うのが自分の日常と言うところです。
ここから広げる人は、そういう気持ちのところから違う感じですね。

まあ頑張るだけです。

独立開業した弁理士が受任する仕事の内容

弁理士として受任する仕事の種類としてどんなものがあるか、
というのも知ってる人にとっては今更かなと思ったのですが、
知らない人にとっては知らないし、知っててもサマリー的に
まとめておくのも一覧性が高いかなと思いました。
そういうことから案件一覧を上げていきたいと思います。

弁理士・特許事務所の業務は、大まかには特許と商標に分かれます。
まあ一般的には弁理士と言えば特許出願業務をする
ものだと考えられています。商標については、比較的簡単な
業務という認識をしている人が多いです。

特許は膨大な書類を作成しますので、手間も料金も跳ね上がります。
商標はそういう意味ではボリュームは小さいので、
価格帯的にも小さくなります。

以上は通常は国内業務を中心に考えますが、
外国で権利取得したいという依頼が入ることも多いので、
必要に応じて翻訳などを行い、外国の弁理士につなぐ
と言う業務も大きな比率を占めています。

特許の場合は米欧中以外はあまり多くないですが、
商標の場合は、アジア各国への依頼が結構入ってきます。
日本語可能な相手も多いですが、多くの場合は
英語でのやり取りになります。
やり取りが多くなると煩雑になるので、こちらで法制度などを
把握して、早めにお客様から書類や情報を集めておくのも
こちらの仕事になります。サイン書類関連が特に面倒です。

特許・商標とも、出願をすれば終わりではなく、審査官からの
通知が来た場合には適切に応答をしなければなりません。
登録査定が来たら、料金納付などの登録処理も行います。

特許・商標の他に、意匠や実用新案と言う制度もあります。
この辺も同じように対応していきます。

この他にも、権利侵害した、された、という警告書の
対応なども受けたりします。結局裁判でしか決着つかない、
という回答になることも多いです。

権利移転は、商標権については案外あります。あと住所変更など。

弊所のお客様は、知財の権利手続きになれていない方が多いので、
特に拒絶通知が来た場合などの、中間対応の意思疎通が
なかなか難しい面があります。ある程度事前説明を
しておかないと、怒り出す方もいます。

厄介そうな方は、打ち合わせの段階で察知して
おかなければなりません。といっても排除しきれませんので、
進行した段階でしまったとなることもあります。

と、ここまで珍しく一般の方向けに並べました通り、
弁理士の仕事=国内特許ではないのです。
独立したら、月4件くらいは受任しないと・・・
などと考えられる方が多いのですが、
はっきり言ってそんなに受任したら完全にパンクです。
2件でもきついのが正直なところです。

まあうちは外国周りを中心に多岐な仕事を受けておりますので、
逆に特定業務のボリュームと言うとそんなに多くはない
感じになるかもしれません。
日中英語を読み書きしている時間が案外多くて自分でも驚きます。

まあ実際のところ、国内特許業務が一番誰かに振りやすいので、
組織が大きくなるほどそういう業務の比率が多くなるのだな、
ということは実感します。
そうは言っても特許業務が実際は根幹になります。
明細書ちゃんと書けると独立してから色々有利です。

その上で、いろんな業務の経験をしておくと、独立してから
受けられる業務の幅が出てきます。
勤務時代から対応可能な業務の幅は広げておくと良いです。

小保方晴子氏のSTAP細胞特許出願は拒絶査定で特許不成立

最近すっかり別人のような風貌になったと評判の小保方女史。
あれからだいぶたちますが、今なお注目を集めているようです。
論文や博士号については色んな結論が出ました。
残るは審査の待ち期間が長い特許出願ですね。
どうやら無事に拒絶査定と言う結論に至ったようです。

世間一般は、新規性・進歩性はあるけど実施可能要件を満たさない、
STAP細胞について理解しています。
当然のことながら拒絶理由通知も、拒絶査定もこれにそった
見解が言及されています。

最初の拒絶理由通知書が出てから、反論が必要になりますが、
ここで3か月いっぱいまで延長がされています。
まあ応答の担当者も困惑ですよね。世間一般の見解が出揃ったものに
今更何を言えってんだよと思ったでしょう。
もっとも、「ぶっちゃけ無理ですよね」と言っても、
まあ仕方ないな案件、である点で楽と言えば楽です。

一方で審査官も面子にかけて拒絶に導かなければなりません。
拒絶理由は、実施可能要件が当然本線にはなりますが、それ以外にも
新規性、進歩性、サポート要件、明確性、産業上の利用可能性と、
思いつくものすべて挙げてみたようです。うっかり特許にして
しまったら何言われるかわからないですからね。

拒絶理由通知で一番注目を集めるのはここです。概要としては、

「これNature論文のと同じ内容だよね。あれは嘘だったって認めたよね。
STAP細胞は実現できないって結論出てるんだから特許にできないよ」

ということを、丁寧な文章で述べています。

・・・
<発明の詳細な説明の実施例と同内容を開示する科学技術論文>
 まず、本願の発明の詳細な説明の実施例において説明された内容は、本願出願
後に公開されたNature誌掲載の参考文献4及び5の内容と同じものと認められる
ところ(以下、参考文献4及び5をまとめて「両Nature論文」という。)、
当該両Nature論文には、本願の発明者が共著者として名を連ねている
(特に、参考文献4の共著者には本願発明者全員が含まれる)。

その後、これらの論文は共に2014年7月3日に取り下げられたところ、
その際、それぞれの著者全員による文面として「これらの複数の誤りは
本研究の信頼性を全体として損なうものであり、STAP幹細胞の現象が
真実であるか否かについて、我々は疑いなく述べることができない。
(These multiple errors impair the credibility of the study as a whole
and we are unable to say without doubt whether the STAP-SC phenomenon
is real.)」と記されているところである(参考文献6,7第112頁それぞれの最終段落)。

さらに、両Nature論文の取り下げと同日に発行されたNature誌第511号においては、
論説として「両論文の全ての共著者は、最終的に論文を支持することができない
との結論に達し、それらの取り下げを決断した。(All co-authors of
both papers have finally concluded that they cannot stand behind the papers,
and have decided to retract them.)」とも記載されている(参考文献8)。
 一方で、本願の発明の詳細な説明の実施例と同内容を開示していた両Nature論
文(参考文献4,5)の研究内容自体、すなわち、外来遺伝子の導入等なしに低
pH等のストレス曝露のみによって細胞を脱分化させ多能性細胞を生成し得るか否
かについて、参考文献9には、複数の研究グループによって、低pH曝露等による
多能性細胞生成(STAP現象)についての再現実験が行われた結果(本願発明者の
一人であるVacanti氏の研究室で行われたと認められるものも含む)、両Nature
論文に記載されるようなSTAP現象を再現することはできなかった、と結論付けら
れている(参考文献9の第E6頁左欄第1,2段落, 第E8頁左欄第2段落)。
 その上、当初本願の共同出願人であった理化学研究所における解析の結果にお
いて、両Nature論文につき、用いられた全てのSTAP細胞関連材料はES細胞に由来
するものであったことが判明し、細胞ストレスによって多能性細胞へと再プログ
ラム化するという論文の証拠には異議がある、との結論となったものと認められ
る(参考文献10の第E5頁右欄第2段落)。そして、両Nature論文の共著者の一
人(本願発明者ではない)による理化学研究所の検証実験チームの報告において
も、STAP現象の実際の科学的重要性を調査すべく両Nature論文や関連情報に示さ
れた方法に基づいて再現実験を行ったものの、両論文に記載されたようなSTAP現
象は、再現不可能(not reproducible)であると結論付けた、
とされている(参考文献11のSummary)。
・・・

まあ世間で何回も語られてきた内容です。

他にもいろんな内容を述べながら、拒絶理由通知書は
全部で10ページに上っています。これはなかなかの力作です。
請求項や引用文献の参照など、コピペ含みで長い文章になることは
それなりに多くありますが、説明中心で
これだけの文章になることはなかなかありません。

自分は駆け出し20代前半の頃に1度だけ長文はありましたが、
1回目の通知への応答で、うっすいサポートを根拠に
知ったような補正をしたところ、審査官の逆鱗に触れたようで、2回目で
膨大な数の文献を引用して、同じような長文を食らったことがあります。
まあ他に争点もないくらい内容のない明細書だったので(中途案件)、
それくらいしか対応策はなかったのですが、
隣の席の先輩に見せたら爆笑しておりました。

それくらいに通常審査と比べればかなりの力作なのですが、
もしかして、こんなことは許してはいけないとの
審査官の正義の血が騒いだのでしょうか。
まあどっちかというと、世間注目のSTAP細胞ということで
必要以上に張りきったのでしょう。

拒絶査定は、上記部分を再度引用することでの通知となっております。
本線の実施可能要件を中心に、サポート要件も加えての拒絶査定です。
うっかり的確な反論が出てきたらどうしようと思ったかもしれませんが、
そういうことも特段なく、順当な内容での拒絶査定となりました。

まあまだ審判請求期間なので、もしかしたら審判で争う可能性もあります。
と言う観点で書誌情報を見たら、筆頭出願人は理研ではないのですね。

(71)【出願人】
【氏名又は名称】ザ  ブリガム  アンド  ウィメンズ  ホスピタル  インコーポレイテッド
【氏名又は名称原語表記】The  Brigham  and  Women’s  Hospital,  Inc.
(71)【出願人】
【識別番号】503359821
【氏名又は名称】国立研究開発法人理化学研究所

となっています。

よく見たら発明者もこんなですね。
我らがオボちゃんは筆頭発明者ではありません。

(72)【発明者】
【氏名】バカンティ、チャールズ  エー.
(72)【発明者】
【氏名】バカンティ、マーチン  ピー.
(72)【発明者】
【氏名】小島  宏司
(72)【発明者】
【氏名】小保方  晴子
(72)【発明者】
【氏名】若山  照彦
(72)【発明者】
【氏名】笹井  芳樹
(72)【発明者】
【氏名】大和  雅之


拒絶査定を受け入れるのか、拒絶査定不服審判に移行するのか、
後は分割出願をして審査請求する方法があります。
分割出願といえば上田育弘さんが得意なあれですが、
こちらはお金を払わないと割とすぐ権利が死んでしまいます。

現状を受け入れられないならペンディングにするかもしれません。
その辺もやや注目点ではあります。