読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ

2016弁理士会会長選挙の票読み

弁理士会会長選挙もたけなわで、無会派の方には
電話が数多く行っている模様です。
私のところにも来たは来たのですが、
基本的には電話をかける側として認定されているようです。
相手陣営からの電話もありましたが、勧誘をしたうえで、
でもうめざわ先生はあちらですねえ。。
という語りに対して「すんません」とまあそんな感じです。

今日は土曜日の午前中なのに、そして特にイベントもないのに
異常にアクセスが伸びているので何だろうと思ったら
夜中というか明け方の4-5時にものすごい数のアクセス数がありました。
誰かがなんか唐突にこのブログを見つけて一気に読み通した
感じなのでしょうか。機会があったら声かけてもらえればと思います。

ただまあ弁理士会だろうがなかろうが、無党派の方には
選挙に対して抱く疑問というのがあるようですが、
こういう仕組みになるのは致し方ない部分もあるのですね。
選挙マニアとしてはここは解説せねばなるまいという状況です。

先の記事にも書きましたが、
http://patintl.hatenablog.com/entry/2016/08/01/155649

メディアは無党派が当落を決めるなどと、無党派の方の
自尊心をくすぐるようなコメントを載せますが、
無党派の動向が当落を決めるような選挙というのは
基本的には殆どありません。

オール与党で担いだ候補が大衆の嫌悪を引き起こすような
タイプの場合に、若手の颯爽とした候補が出馬して
打ち倒すということが一時期相次ぎましたが、
無党派対策も進んだので、そういうのも今はないですね。

小池百合子都知事は、自民党の票を切り崩して
勝ったのですよ。石原さんと同じ構図です。
増田候補は東京の議員でも、自民党の議員でもありません。
一般的な自民党員がどちらに親近感を抱くか。
足元を固めれば選挙というのは基本的に勝つのです。

この辺の状況を弁理士会会長選挙に当てはめると、
各会派の足元の票を固めることが必須であるとともに、
支持会派の全体票数が多い方が基本的に有利です。

無党派の方々が、どちらの候補も変わらない、
いまいち歯切れが悪いという意見をこぼしておられますが、
支持母体の意見を集約するのが選挙戦略上は
最も重要です。足元を固めなければ勝てないのですから。
そうすると、無党派向けの分かりやすいメッセージ
というものはどうしても影を潜めますよね。
だって無党派なんて頼りにならないですもの。

基本的には支持母体の方を向いた状態で
できれば無党派の方々も票を下さい、という流れで
選挙運動は進みます。定型の選挙運動が繰り返されるのです。
選挙は終わった後というのもありますから、
余計なしこりだって作りたくないですよね。
だからいらぬことなんて言いたくないですよ。

ということで予想ですが、支持母体の大きい方が
順当に勝つと思います。民主主義というのは政党政治であって、
通常は党派の規模が大きい方が勝ちます。そのために
党派の拡大を目指すのが日ごろの政治活動なのですね。

しかしそれでどうしてこんなガチンコの選挙になったのか、
という疑問はあるのですが、郵便物を見て、
ああこの人が肩入れした結果、こういう戦いになったのか、
ということを察しました。
まあ大体こんな揉め方しないですもんね。
誰とは言わないですが、業界全体のことを考える前に、
まず自分のところの所員の待遇を上げるとか、
そういうところから始める方が先ではないか?
という余計な感想もなくはないです。

業界全体の改善は、1つ1つの特許事務所の
職場としての環境の改善から始まると思います。
そこが行きついてから全体の話になるのではと。

2016年弁理士試験口述練習会(会派)の予定

弁理士試験の論文試験の合格発表の時期が迫ってきております。
受験生は戦々恐々としていることが予想されるとともに、
合格していたら、ただちに口述練習会の申し込みに
移行しなければなりません。

もっとも受付枠は一時期ほどの狭き門でもないのですが、
それでも最初にやることは申し込み手続ということになります。

受験機関の方については当方年々疎くなってきているので、
まあお金払えばどこか入れるんじゃないか?
と思いますが、基本的に殺到するのは土日のみです。
平日、それも昼間なんかはさすがに余裕かと思います。

会派の口述練習会ですが、開催予定のうち、
春秋、PA、南甲は比較的早めの申し込みが必要で、
弁クと同友会は比較的後まで受け付けていた記憶があります。
あと、稲門は早稲田卒業生のみですので、該当者が非常に少なく、
基本的に締切は殆どありません。

会派の口述練習会については平日夜に開催されるとともに、
原則として調整しあっているので、原則としてばらけます。
今年は10/8-10/10が3連休になるとともに、受験生にとっては
まとまった勉強をできる山場の時期になります。
一方、1会派を除いて、つまり5会派については、
口述練習会の日程はこの3連休以降となります。

10/11から10/18まで、10/14(と土日)を除いて毎日となります。
詳細は聞いてはいますが、告知前にブログ発表するのは
微妙なので、公開後となりますが、少なくとも10/14(金)
には会派の口述練習会は開催されないので、
必要であれば予定を入れてもよいかもしれません。

そして、10/21から、弁理士試験の口述試験の開始となります。
勉強が順調であれば早めの日程から参加してもよいと思いますし、
全然間に合わない場合は、ギリギリになってから2回くらい
参加すればよいかと思います。
不慣れすぎるのは不利かもしれませんが、慣れてたからと言って
受かりやすくなるというものではありません。

涼しさが出てきて、日が落ちるのが早くなってくると、
そういう季節なんだなあと今年も思います。

弁理士会会長として誰を選ぶか

前回の記事の続きになりますが、弁理士会会長の選出が
選挙となることにきまったので、誰が良いのかという
ことになるかと思います。

まあ身も蓋もないこといってしまうと誰でも
いいんじゃないか、ということになります。
それは最善の人を選べないとかの諦め的な意味ではなく、
弁理士会会長の裁量範囲なんてそんなに大きいもの
ではないので、誰がなってもそこまで本質的違いはありません。

日本弁理士会の会長は弁理士の代表なのか?
http://patintl.hatenablog.com/entry/2014/01/05/174607

ここでも書いたのですが、日本弁理士会というのは
弁理士全体を司る万能的なものでもなんでもなく、
弁理士会の活動を統括し、かつ意見を集約するという
自治団体に過ぎません。弁理士の専権性というものは
お国から授かるものであり、弁理士会としてできることは、
大半は自治活動に関することに限られます。
少なくとも多くの人が弁理士はかくあるべきと思うこと
の多くは、日本弁理士会には特に裁量権限がないのです。
もちろん弁理士の総意としての意見を集約して交渉する
ことは可能ですが、決定するのは弁理士会ではありません。

弁理士会会長は何をする人なのか、というと
その自治団体を統括する長ということになります。
したがって、弁理士会の自治活動に関与する意志のない人
にとっては、ほとんど関係ない人ということになります。

弁理士会の自治活動というのは、多くの場合委員会ということ
になります。委員会に入らなくても関与できる弁理士会の
活動はもちろんたくさんありますが、その多くの決定
及び運営は委員会を介して行われます。
その辺の最終決定を行うのが委員長だったり副会長、
そして会長ということになる訳で、誰かの独断裁量で決まる、
ということはほとんどありません。少なくとも意見を反映する
場というものは一応あることになります。
もちろん発言権の強弱というものは当然存在しますが。

まあ今回は政策的対立点が割とはっきりしてるので、
そこを基準に選ぶということもありかと思いますが、
先の過去記事でも述べておりますように、
誰かの話し合いで決まったからこの人でよろしく、
という意見に対して「了解」といって決めてしまってよい
類のものと考えています。
そもそも選挙ってもの自体そんなもんだと思っているので。

→ 選挙に行くことの意味
http://patintl.hatenablog.com/entry/2016/07/31/203004

大体日頃会務活動について何も考えていない人が
少ない情報でちょろっと今何か考えたところで
そんなに大したことを考えられるはずもありません。
それは多分政治についても同じようにいえることなのですが。

弁理士会会長になるメリットとは

さてすでに弁理士会からの連絡があった通り、
今年の弁理士会会長については選挙となりました。
他の役職については選挙とはならなかったようです。
会長以外は普通に人数調整して選挙を回避するようですが。

ここに来てブログのアクセス件数が伸びてます。
まあ口述試験が近づくにつれてアクセス数が伸びるのは、
このブログとしては恒例のことなのですが、
どうも弁理士会会長選挙についてのキーワードもまた
数多く検索されているようなのです。

これ系は書き出したら特に支障がない範囲内でも
案外色んな話があるので、話を分けて書きたいと思います。
まずは会長になるメリット関係ですね。

正直弁理士会会長になることで、何かメリットってあるの?
なんてことを会務関係を取り仕切るような人に聞いてみたりも
するのですが、一様に言うのは、利益をもたらすようなものは
特にないという答えですね。昔はある程度あった風ですが、
そんなものがハクをつけるような時代はとっくに終わっています。

一応報酬は出ますが、副会長は一年間、会長は二年間、
会務に拘束されるのに見合うものは正直ないかなと
そんな意見が多数派のようです。
大体の人は、会長とか自分はなろうと思わないなあと
そんなことを言われます。

聞く限りにおいては、副会長は会務関係を熱心にやっていれば
普通に声がかかってきます。もう昔ほどの人気ポストでも
ないのか、どんどん若い人のポストになって来ました。
年齢的には自分と同じくらいの人が普通にやってます。

一方で会長については、二年に1人というのが
条件をさらに厳しくしているのか、なかなか一本化が
大変のようです。今回はそういう訳で
選挙になりました。副会長は1年で8人ですからね。
会長となると一気に狭き門になります。

独断と偏見になりますが、弁理士会会長になられるような方は、
自分の特許事務所を持って、もう十分成熟してて、
金銭的なものはもういいやという雰囲気です。
そういう状態になると名誉が欲しくなって
会長を目指すのかという印象です。
自分なんかもそうですが、ある程度若いうちは
しっかり仕事をしてお金を稼いで、ということが
普通に大事でして、そういうのを超越できないと
弁理士会会長は目指せないようです。

利益誘導とかそういう穿った見方もあるようではありますが、
自分が聞いている範囲では利益的なものは感じません。
一方で会務の幹部職というのはやたらと拘束が多いようで、
あれは何とかならんのかなということは思います。

とりあえず今回はこんなところで。

商標登録出願で、お客様にお越しいただくことで分かること

弁理士、特許事務所としてのご依頼事項で、特許、意匠、商標、
というものがある中で、商標については、特に面談がなくても、
手続としては完了することが可能な場合も多く、
メールでご依頼事項をお送りいただき、
処理を完結することもあります。

実際にはお会いいただき、内容をご説明した上で
手続となることの方が多いのですが、そこでちょっと
気づいたことがあります。

料金については区分ごとになりますので
保護したい商品役務をお聞きしないと料金が決まりません。
そこで大体の概要をお伺いして、あとは
こちらで推測するということも多いです。
しかし、新しいビジネス形態が多いことから、
どこに区分するかというのは迷いが出てきます。

先日のケースの場合は、打ち合わせのときに、念のため
例の「類似商品・役務審査基準」を手に応接室にお迎えしました。
打ち合わせの際に、「これはアクセサリーでしょうか」
という話の中で、「うーん」ということでこの区分は何、
あの区分は?という話をしながら、本をぱらぱらとめくって
いくうちに、はじめの話の想定とは違った商品区分に
該当するということが分かりました。
ああ、○○と言うけど、実際はそういう用途だったんだ、と。

お任せになることも多いのですが、
直接本をお見せすると、「こんなに多岐にわたるんだ」
とお客様に驚かれるとともに、いろいろ見ていくうちに
ちょうどよい分類、商品が見つかったりするので、
打ち合わせの中で決めるのもよいなと思ったりしました。