新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

発展する特許事務所

前回記事の続きです。
一見発展している特許事務所に応募してみても、
実はその内情は非常に残念なこともあるよ、
という話の続きとして、ではどんな特許事務所が発展するのか、
という話題からもう1週間もたってしまいました。

端的にいうと仕事をたくさん取ってきて、
人材を採用してどんどん仕事を割り当てる体制にあれば
特許事務所は発展している状態ということになります。
少なくともイケイケ系に見える特許事務所は、
外から見えるだけでなく内情においてもそうであることは
間違いないでしょう。

しかし見た目はイケイケながら内情は火の車である
特許事務所の噂は実に多いです。金銭的に火の車なのですね。
取ってきた仕事の単価が低く、忙しいのに儲からない、
採用したスタッフの技能が低く、業務がはけていかない。
要するにこういう状態だと貧乏暇なしになります。
手あたり次第仕事は取ってきた、採用したスタッフは未経験で
しかも実力がいまいち伸びていかない。
そんな状況だと金銭的に厳しくなります。
あと、人を採用すると事務所を広くせざるを得ず、
テナント料も高いですので、そこも圧迫してきます。

本当に発展していく特許事務所はその辺をうまくさばく必要がありますが、
実際のところ特許事務所にとって有用な人材を採用するのは
難しい問題があります。能力は高くても実能力以外の部分で
事務所との波長が合わないケースもあります。
伸びしろを見たいところですが、そこは各所四苦八苦しています。
となると受任案件の単価率ですね。
中堅どころはそこをうまく選別して採算性を確保していますが、
そういう仕事は多くはないので、急成長は難しいです。

あとは、経験が低くてもできる仕事を多く抱えるというのが
大手特許事務所が抱える戦略ですね。
安くても悪かろうで良ければ未経験者で大丈夫です。
そういう阿吽の呼吸で受任される案件というのも業界では多いです。
まあうちのような規模のところにはほぼ回ってきませんが。

こうやってただ拡大するだけではなく、採算性もうまく確保するのが
発展する特許事務所なわけです。

どんな特許事務所に入るべきなのか

自分の応募する特許事務所がどんなところが良いのか、
というのは結構悩ましい問題があります。
将来性があると良いなあというのも1つだと思います。

特許事務所の将来性というのも悩ましい問題で、
10年20年の間に、屈指のホワイト特許事務所が没落したり、
有名なブラック特許事務所が内部改善に努めたり、
色々勢力図が変わったりもします。

またありがちな現象として、誰かにはブラックだけど、
他の誰かにはホワイトという現象もあります。
そんな中、この特許事務所には将来性があるなと
見極めるのが難しい点もあります。

あと表向きには発展成長しているようにイケイケに見せても、
その内情は非常に残念なことになっている特許事務所の
情報もたまに寄せられます。
外面のために所員に無理させている特許事務所もあります。
イケイケであることが働いている人にとって良いことなのか、
というのもまた難しい面があります。

じゃあ地味なとこなら良いのかというと、
単純に内部の空気感が悪い特許事務所もあります。
また平和極まりない特許事務所もありますが、
そういう空気が自分に合わないという話もあったりします。
何も考えずにノルマこなすだけなら平和な空気だけど、
出世なり待遇を求めると見えない天井があることもあります。

この記事はどんな特許事務所が発展するのか、
というタイトルで書き始めたのですが、
書いているうちにわき道にそれていって、何書いてるか
分からなくなってきたので、本記事はこういう中途半端な
内容で終わりにします。

弁理士というのは、ダメな理由を探すのが得意な人が多い

やってみればいいのに、というのを理由をつけてやらない選択を
する人は世の中多いなあということを時々思ったりします。
弁理士が大体そうかというと、そうでない人も多いし、
別に弁理士に限った話でもないのではありますが、
まあこういうブログなので、その辺若干盛ることにしました。

自分が何かをやるときというのは割と損得勘定をある程度
天秤にかけて計算するようにしてます。失敗する確率が高くても
別にそれで大して損しないものならとりあえず行動して見る派です。
「損する」の中には、気分を害するものであったり、
忙しい中予定を突っ込んでみて、時間を無駄にしたり、
ということも含みますので、やってみればよいこと
全てをやってみる訳ではないのですが、
基本暇で金がかからなければ、色んなことはやってみます。

失敗したらどうしよう、というのは失敗してみて
それでフィードバックが得られれば良い話なので、
自分の中ではそれもまた成果の1つなのですよね。
こうすればこうなる、という見通しを経験的に得られる、
というのはメリットだなあと思うのです。

特にその人の現状に納得がいく状況ではないとき、
自分はうまくいくかは知らんけどとりあえずやってみれば、
ということを人に言いますし、勧めるときは、少なくとも
マイナスになる話のことはあまりないはずなのですが、
ある種の人たちは、そういうときに全力で
うまくいかない理由や、やらない理由を探すのに
熱心になることが多かったりするのですね。

短絡的かつ即物的な結果を求める人が
世の中には驚くほど多いです。
Xという成果を得るために、Yという行動をして、
Y→X、という成果を求める人は実は世の中の大半です。

しかしXという成果を得たくても得られてない訳なので、
深淵の部分でいろんな原因を内包していたりもします。

Aという行動をすることでBという状況になり、
Cという行動をすることでDという状況になり、
BとDという状況が揃うことで初めて、
Yという行動がXという成果を出すことってのは
世の中多いように思います。

なのにこういう形でいろんな行動をしてみて
状況をとりあえず変えてみる、という提案に対して、
世の中の大半の人たちは頑なです。

まあ年取ると頑固になるのでそこは柔軟でありたいと思います。
その一方でとりあえず人騙そうという人もそれなりにいたりもするので、
自分の頑固さと、慎重であるという部分は区別できるようでもありたいです。

デンバープレミアム西新宿店が閉店

以前の事務所の近く西新宿7丁目にあったデンバープレミアム
というステーキハウスが、いつの間にかなくなっていました。

跡地には、豚大学新宿校舎というお店が入っているようです。
最初はこのお店の情報を入手して、それはどこにと思ったら、
デンバープレミアムの場所にできていました。
つまりデンバーがなくなったということになります。
この辺へ来る機会が減っているので、気が付きませんでした。

以前は価格の割にまあまあなステーキを出していたと思ったのですが、
牛肉の仕入れ価格が上昇したのか、徐々に肉が固くなっていきました。
まあそこは他の牛肉関連店も同じ話ではあります。

そして近くにペッパーランチができてしまったのですね。
もろに競合し、争った結果敗北した感じです。
ペッパーランチは立地が良いのですね。
角の出っ張った場所にあり、非常に目立つ立地です。
お隣のセブンイレブンも同じで、こちらも繁盛しています。
近隣にいくつもセブンイレブンがあるのですが、
ペッパーランチのお隣が一番繁盛しています。
となるとペッパーランチも同様に立地が良いということで、
客の取り合いに負けた感じになるのですね。

まあペッパーランチがおいしいとはこれっぽっちも
思わないのですが、デンバーも着々と品質が低下していたので、
まあどっちもどっちであとは集客力勝負ですね。
ペッパーランチは案外女性客が入っていて、
デンバーはその意味男らしい感じではありました。

まあ栄枯盛衰というやつですが、アンチいきなりステーキ勢
としては、対抗馬の脱落を寂しく思うばかりです。

平成31年度弁理士試験受験案内

さて今年2019年も弁理士試験の案内が告知されました。
年初に告知され、申し込みを受け付け、1-3次試験を経て
最終的な合格発表が11月になされます。
そういう意味で年初から年末までのサイクルが出来上がっているのですが、
それが今年も始まろうとしております。

現時点で分かっているのは以下の通りです。
http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/juken-annai.html


願書は以下のとおり交付されるようです。

1.インターネットから請求する場合

平成31月2月1日(金曜日)9時00分~平成31年3月22日(金曜日)23時59分

2.郵送で請求する場合

平成31年3月1日(金曜日)~平成31年3月22日(金曜日)(必着)

宛先

〒100-8915 東京都千代田区霞が関三丁目4番3号
 特許庁総務部秘書課弁理士室試験第一班 宛て

3.直接交付を受ける場合

平成31年3月1日(金曜日)~平成31年4月5日(金曜日)9時00分~17時00分
 (行政機関の休日に該当する日及び、各経済産業局は正午12時~午後1時を除く。)

交付場所
特許庁
 〔東京都千代田区霞が関三丁目4番3号 特許庁庁舎1階〕
日本弁理士会
 〔東京都千代田区霞が関三丁目4番2号 弁理士会館〕
 〔東京都千代田区霞が関三丁目2番6号 東京倶楽部ビル14階〕 他


平成31年度と言いつつ、5月からは年号が変わるのですよね。
スケジュールを以下抜粋しましたが、詳細は元ページをご覧ください。

 


受験願書提出(12,000円分の特許印紙及び写真を受験願書に貼付け。)
3月15日(金)~ 4月5日(金)

受験票発送  5月10日(金)<予定>

短答式筆記試験  日程:5月19日(日)
場所:東京、大阪、仙台、名古屋、福岡

合格発表(短答式)6月10日(月)<予定>

論文式筆記試験(必須科目)日程:6月30日(日) 場所:東京、大阪

論文式筆記試験(選択科目)日程:7月21日(日) 場所:東京、大阪

合格発表(論文式) 9月18日(水)<予定>

口述試験 日程:10月12日(土)~10月14日(月)のいずれかの日

最終合格発表 10月31日(木)<予定>

合格証書発送 11月5日(火)<予定>

実務修習
受講申込:11月中旬~11月下旬 <予定>
受講期間:12月~平成32年3月末 <予定>