読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

初めて外国特許出願を依頼される方の場合

うちの場合はPCT出願が出てて、国内(各国)移行のみ、
というご依頼をいただくことがあるのですが、そこで見積もり、
という話が、特に最初のご依頼であることから出てきます。

登録までの費用を知りたいと言う話にもなるのですが、
中間処理がどのくらいかかるか見当つかないんですよね。
日本を先行させて登録になってたりすることも多いので、
その場合は一発登録前提でという見積もりを出したりします。

中間処理がどれくらいあるかわからないケースだと、
個人や中小の方にはそうそう勧めにくいですね。

そして出願国、何となく欧米、って要望が入るんですが、
見積もり建てると、欧州の費用に驚かれますね。
EPC官庁の費用が高すぎるんですよ。

日米だと、小規模事業者は抑えてたりするから
後は代理人費用さえ絞れれば案外こんなもんってなりますが、
欧州はそれもないし、なんだかもろもろの費用が出ていきます。
そしてとどめは維持年金ですね。

正直中小・個人に欧州出願は勧められません。
米国アメリカ特許をいくつか出したうえでこの件は
重要だから欧州も、って流れならわかるんですが、
初の外国の場合は、色々説明して欧州は断念してもらってます。

うちだからとかこの現地代理人だからではない話で、
どうやっても高くつくのが欧州特許出願です。
アメリカだけだったら、案外安くなるのですけどね。
けど一発登録が前提です。するとPPHと絡めたり、
という戦術になってきますが、その結果やいかに。