読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

はっぴょんと言う弁理士会と何の関係もないサービスはじまる

 

弁理士業界の皆様にとっては、はっぴょんといえば
もう説明の必要もありませんね。
はっぴょんとは、日本弁理士会のイメージキャラクター、
ゆるきゃらです。ゆるきゃらグランプリにも登場し、
地味な得票数に埋没したあの人形です。

自分のブログでも過去にこの辺で説明しています。

ところでこの記事のアクセス数が急増しているのです。
なにかはっぴょんについて、注目の情報でも出たかな、
と思いながらも、弁理士会のゆるきゃらに世間が注目する
等ということがあり得るはずもありません。

と思うさなか、以下のような記事が出てきました。

Huluがhappyon.jpになる理由が悲しすぎる - 小倉さんは考えた

要するに、動画配信サービス「Hulu」が、
ドメイン名を「hulu.jp」から「happyon.jp」に変更。
ということなんだそうです。

ハッピー、オン。という称呼も生じなくもないですが、
まあはっぴょんですよね。上記の記事によると、

--------
5月17日、Huluのアドレスがhulu.jpからhappyon.jpに変わる。
ダサい。とてもダサい…。
何故わざわざダサいドメインに変わるのか?
その理由は簡単だ。日テレのHuluの商標利用権がまもなく剥がされるからである。
--------

と述べられています。はっぴょんださいですか。
あえてコメントはしません。

はっぴょんとは何か。
「はっ」とアイデアを思いついたら「ぴょん」とすぐに弁理士に相談します。
という由来か何かなのですが、それがネーミングとして
世間でどう評価されるか?の1つの見解といえなくもないですね。
いや、私がどう思うとかそんなことは何も言ってませんよ。

 

商標の権利範囲(指定役務)が非類似なら何も問題ないでしょうが、
商標登録第4586465号(日本弁理士会)と抵触する可能性がありますね。。。
標準文字にて「はっぴょん」で登録されています。

知財業界外の方向け)こちらのガイダンス1.特許庁の商標検索に沿って、

カタカナで「ハッピョン」と入力すると出てきます。

第42類の指定役務の権利範囲が問題となる可能性があります。
権利を確保した上で名称変更しようと思わなかったのでしょうか?
商標権がおおもとの問題なのに、理解に苦しみます。。。

商標権を回避した結果、日本弁理士会の商標権に抵触する、というのは笑い話です。
非類似でも、希釈化の懸念という点もありますね。


後から出てきたサービスが前からある商品のイメージを
塗り替えてしまうということは世の中でそれなりにありますね。
英会話のAEONイーオンと、スーパーのAEONイオングループ
何かが思い出されます。

インターネッツの世界では、
ツイッター他で「暇な女子大生が○○してみた」という
ブロガーさんがいて、本出したりあちこちで
注目を集めていたことがあるのですが、
今「暇な女子大生」で検索したら大変な人が出てきます。
あちこちでお下品な展開をしている人が同名で展開し、
かつそっちの方が有名になっています。
こんなん混同されたら大変なことですよね。

名称の重複にはこんな問題もついてまわってきます。
商標登録とは、こういう問題を解消するためにある、
という面があるのですね。

自分はHuluなどというものは知らなかったのですが、
一部では非常に有名らしいので、
弁理士会のはっぴょん?ぱくりかよ。だせーよな」
等といわれる日が今後来るのかもしれません。
まあしょせん他人ごとではありますが。