読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

ブログというのは正直飽きる

この弁理士ブログをはじめてどれくらいたつのか。
もう3年くらいかと思いますが、やっていると基本的に飽きますね。
不特定多数に向けた文章発信というのは自己承認欲求とか、
あとは、これを発信することによる影響とか、そういうものへの
好奇心が原動力になるのですが、だいたい2年くらいやると
一通りのことは書いてしまっています。

情報としてはもちろん出していないものもありますし、
時事的なものをタイミングよく出すことで違った趣に
なったりもするのですが、リアクションという意味では
もう大体同じようなものになってきます。

特許の明細書なんかも、そりゃ書くものは毎回違うものには
なりましょうけど、でもぶっちゃけ全部同じですよね。
同じもの書いてて飽きないかっていうと、
あんなもの書いてたら大体飽きると思います。
そういう感じの飽き加減がブログについてもあります。

だからそんな中で何年もブログを続けている人
っていうのは、発信による目的がある場合がほとんどです。
開業弁理士ならブログはブランディングツールになりますし、
本を出版されるなら告知手段になりますね。
それ以外の人は動機がないと、どんどん単なる作業に
なっていきますから、1年くらいすれば段々更新されなく
なっていく、という繰り返しになっていきます。
終ってしまった弁理士ブログは結構ありますね。

…そんなこと書いてても仕方ないじゃないかというのは
あるのですが、ちょっと間が空いてしまったので、
つなぎの内容でなんとなく書いてみました。