読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口の国際特許事務所の弁理士うめざわの特許業界事情ブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士が、特許事務所、弁理士試験について語るブログ、特許事務所で中小ベンチャー企業や個人事業者を中心に受ける弁理士が、企業や特許事務所勤務の経験に基づく、特許知的財産業界の様々な話を展開します

西新宿の「牛皿一丁」が閉店

こんな記事見てもなんやそれとしか思わない人が
大多数と思われますけど、閉店関連の情報って
結構需要あるみたいなんですよ。開店は大々的に
発表しますけど、閉まる時はひっそりとたたむから、
「あれ、あの店どうなったの」という状況が
頻繁に起こります。それで探す人がでてくるのですが、
案外どうなったのかわかりません。
そういう人に「なくなりましたよ」と伝える記事です。

この「牛皿一丁」というのは吉野家の姉妹店というより
実験的店舗で、牛丼の高級版である「牛皿」をメインにした
ちょい飲み需要を当てにした新展開の店です。
西新宿8丁目にありますが、これ以外にあるのかなと思いきや、
ネットで調べた限り、他には特に見当たりません。
そもそも牛皿一丁のサイト自体見当たらないような気がします。

そして、この西新宿8丁目の「牛皿一丁」は今年10/14
をもって閉店となり、元の吉野家に戻るそうです。

f:id:patintl:20161002204756j:plain

最初は牛すき鍋膳を前面に出してたから、
それをメインにしたちょい飲み系の店になってくのかな
と思いきや、鍋をやめてしまって牛皿一本で展開してました。
まあそれは失敗するなあと薄々思っていましたが、
畳むの早かったようです。肉の提供品質を上げることで
商品イメージを高めることができればよかったですが、
そこに乗数効果は正直ないかなあと思ってました。
鍋系はうまくやったなと思いましたが、
ちょっと高級肉を使ったくらいで牛丼がごちそうに
なるかというと、そういう付加価値はないですよね。

原価を高める場合、提供する商品のサービスの付加価値も
それに伴って上がることが前提なのですが、
そういう見通しがない場合、その部分のコストは
単なる競争力の低下につながります。

我々のサービスも、付加価値の低い部分はきっちり落として、
顧客視点でのコストパフォーマンスを上げて
いかなければなりません。というオチにすることで
この記事について、なんとか本業との関連性を持たせてみました。

広告を非表示にする