新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

ウルトラの母はなぜアイドルのような髪型なのか

だいぶ前なのですが、ファミリーマートの宣伝POPか
なんかでウルトラマンファミリーが使われてたんですね。
一昔前の人気番組の登場人物がこういう形で
思い出したように使われるケースが増えてきて
いるのですが、やはり昔ということもあって、
デザイン的な古さを感じさせるものもあります。

ウルトラマンって色々謎ですよね。
子供のころ一番疑問だったのが、
ウルトラマンが街の中の建物なんかを
踏みつぶしながら戦ってるのですが、
あれって問題ないのかなということです。
怪獣に被害を受けたというのはもちろん問題に
するとしても、ウルトラマンもさんざん暴れて
建物を壊してますよね。
まあストーリーを構築する上で、その辺いちいち
整合させてくと色々面倒というのはあります。

そしてウルトラマン兄弟です。
ウルトラセブンはなんでカラータイマーが
ないのかとか、素朴な疑問は尽きません。
そしてウルトラの父とか母とかいる点ですね。

f:id:patintl:20161129180949j:plain

そして表題の話ですが、ウルトラの母の髪型には、
子供のころから言いしれない微妙感がありました。
しかし子供ですから、与えられたものは
疑問もなく受け止めなければなりません。
しかもあの時代は「微妙」なんて表現もありません。
そうはいいつつもテレビの世界の話なので、
なんとなくそんなもんかということで
見て育ったのが子供時代です。

ウルトラマンは自然と男であろうという推定が
働くデザインとなっている一方で、
ウルトラの母はれっきとした女性である点を
ある程度強調しなければなりません。
そして70年代という時代ですから、
表現面もおのずと限られてきます。

それは確かにわかるのですが、
なんでツインテールなんですかね。
ツインテールな母親は、多分あの時代にも
いなかったと思います。ある程度自由な表現が
受け入れられるような今の時代でさえ、
ツインテールな母親は見たことがありません。

あのツインテール部分は髪型ではないとか
後付け的な言い訳的な設定はありますが、
あれ自体は表現面での差別化のために
導入したことは明白です。
まあその辺の雑さがそのまま残る辺りが
時代なんだなということは思います。

なつかしいもののリバイバルというのは
最近増えてきてはいますが、
それを今に持ってきてしまうと、
何やら、んんんっ?と思ってしまう
ようなものは結構あると思います。
そんなことをファミリーマートで思いました。

広告を非表示にする