読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ


written by 梅澤国際特許事務所の弁理士うめざわ お問い合わせはこちら 

  国内業務    意匠登録出願  新宿で商標登録出願 

  外国特許関連  PCT出願の流れと費用  外国特許出願の費用削減  外国出願助成金

特許事務の採用・求人について

このブログの上の方と、本体サイトでページを追加した
もう1つの項目が、表題の通りの採用・求人のページです。
採用は今年にするか、来年にするか、というのは
悩みどころではあるのですが、あまり先延ばしにしても、
ということで、採用を始めるべきかなと思うに至りました。

事務スタッフを採用して業務分担ができるに至って
ようやく、独立開業が一応軌道に乗ったとなるのではないか
と思っています。現状はまだ片肺飛行なんですね。
そういう意味で次に入ってもらう方はある意味
創業メンバーみたいなものです。こういうのって
応募者にとってどうなのかなっていうのはあります。

良い点は大体の要望は聞いてどんな事務所にするかに
関与することができて、業績が上がればその分は待遇に
反映させることができます。
出来上がった職場だともうルールに従いなさい、ですからね。

良くない点は、スタート時点での待遇は抑え気味になりますし、
自分で決めて自分で構築していく、という人じゃないと
多分務まらないと思います。
特許事務と言えば女性ですし、大半は受け身ですよね。
その辺がちょっと難しいかもしれません。

あと、やはり経験が浅いと難しいんじゃないかなと思います。
いきなり任せて、あと何とかして、という状況なので、
受け身でなくても、経験がないとその辺判断して
決めていくって難しいですよね。

そうなると務まる人って限られるし、かといって
それに見合った待遇を現時点で出せるかと言うと
非常に悩ましいということになるので、
求人のページを作成するときに、条件面をどのように書くか、
というのが悩みどころです。公開した状態で色々書き直したり
しながら現状に至っています。
最初は漠然とした状態で書いていたので、その内容を見て
応募いただいたりして、すれちがいになって申し訳ないな、
というのもあったりしたのですが、ようやく形が見えてきました。

どんなふうに働いてもらうかを考えつつ、
求人の出し方を考えているところです。
有料のサイトに出すのはまだ先かなあという状況です。

広告を非表示にする