新宿西口国際特許事務所の弁理士うめざわブログ

新宿西口で特許出願・商標登録を代理する弁理士による、特許事務所業界と弁理士試験のブログ

人工知能への過大評価は、たまに良いことをした不良が褒められるのに似てる

人工知能って概念は結構昔からあります。
人工知能への期待ってのは、昔から高くて、
それでいて期待外れであり続けたのですね。

だからまあ、今更人工知能が、という盛り上がりを見せて
いるようなのですが、そういうのを思い出すと、
素直にその盛り上がりに乗れない、という本音があります。

もちろん人工知能に関する技術革新がここのところ
大きく進んだというのも事実でしょうし、
技術的特異点を過ぎれば、パソコンやインターネットのように
急速に世の中を変えるということもありうるでしょう。
しかしながら、現在人工知能を取り巻く期待のうちの、
100くらいあるうちで実際に叶うのは
1くらいではないの、というのはあります。
もちろんその1つが叶うのであれば、それはきっと
イノベーション的にすごいのではあるでしょうけど、
けど実際は残りの99は実現しないのではないの、
という思いもまたあります。世の中のほとんどのものは、
人工知能に取って代わられることはないでしょう。

要するにそれなりの成果は出てくるでしょうけど、
期待しすぎだと思うのですが、どうしてこんなに
盛り上がるのでしょうか。
それは多分、かつて過大評価だった人工知能が、
それからしばらく過小評価の時期を経て、
今度は再び過大評価に戻りつつあるのではないかな、
とそんな気がするのです。

twitter.com

自分いまいち凄さを感じないのは、現在の人工知能について
そこまでの深い理解がないからなのかもしれません。
そういう冷ややかな見方だった人間が、想像していた以上の
人工知能技術の進化を目の当たりにしたとき、
必要以上に興奮している、ということなのかもしれません。
それは多分、冒頭のタイトルのように、
たまに良いことをした不良が褒められてるような状況ですね。

自分としては、実際に何か生産的なものが実現されて
はじめて人工知能はすごい、でよいような気がします。
囲碁とか将棋のAIは単に膨大なデータベースを
マシンパワーで力押ししているようなので、
いうほど人工知能で何かができる状況が
産まれてきている気はしないのですよね。

さてこれからどうなることでしょうか。